インタビュー

岸田繁(くるり)×加藤貞顕対談 音楽市場の変化をチャンスに転換

岸田繁(くるり)×加藤貞顕対談 音楽市場の変化をチャンスに転換

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

傑作アルバム『THE PIER』の余韻が未だ鮮明に漂い続けているくるりだが、彼らは今年、インディーズ時代から長年所属していた事務所を離れ、佐藤征史を代表に新事務所「NOISE McCARTNEY」を設立している。佐藤のメッセージを引用すれば「自分たちの音楽活動をよりシンプルに、ダイレクトにファンの皆様にお届けすることが目的」であり、岸田繁の言葉を借りれば「常に自分たちの作る音楽が主語にある状態にしておきたい」がための独立は、業界の激しい変化に対応するため、ある種必然の選択だったように思う。

さらに驚かされたのが、公式ファンクラブ「純情息子」の運用を、WEBサービス「note」を使って開始したことだ。noteとは、デジタルコンテンツ配信プラットフォーム「cakes」の仕掛け人である加藤貞顕が今年の4月にリリースしたソーシャルメディアプラットフォーム。メジャーでCDを発売する人気バンドが、すぐにこの新しいメディアとタッグを組んだということは、独立によってフットワークが軽くなったことの最初の成果と言えるだろう。そして、既存のシステムから離れ、クリエイターとファンとの自由度の高いコミュニケーションの場を創造して行こうとするnoteにとっても、大きな一歩となったことは間違いない。そこで、今回CINRAでは岸田と加藤による対談を企画。これからのクリエイターのあり方、メディアのあり方を指し示す、とても有意義で、濃密で、勇気の出るような対談になったと思う。

今後クリエイターは、ファンと密接なコミュニケーションの上で、ビジネスをしていくようになると思うんです。(加藤)

―加藤さんがcakesおよびnoteを始めたのはどういう経緯だったのか、改めて話していただけますか?

加藤:まず2012年にcakesというサービスを始めたんですけど、理由はすごく単純で、電車の中でみんなこうやって(スマホの画面を覗く仕草)過ごすようになってきたんですよね。特に、ここ数年でそれが顕著になって、それに伴って出版物の売れ行きが減って行き、「ここ(スマートフォンの画面の中)で売るようにしないと、未来はないな」って思ったんです。実は出版業界は、音楽業界より10年遅れてて、スマートフォンとかiPadが普及し始めたのが2010年くらいからなんですけど、最初のiPodが発表されたのが2001年なので、音楽の方が10年早くいろんな目に遭ってるんですね(笑)。で、遂に出版業界でも似たようなことが起こり始めてるんです。でも、これはある意味大きなチャンスで、みんなが同じ画面を見てるんだから、そこでコンテンツを売るビジネスを構築すれば、新しいクリエイティブの市場が生まれるわけですよね。

―そして、雑誌であるcakesに対し、noteは本であり、個人メディアであるとおっしゃってますよね。

加藤:noteはもともと出版目線で、文章、写真、イラスト、漫画などを載せたり、販売できたりするプラットフォームとして設計してたんですけど、ここに音声ファイルも載せようと。そうなると、映像もありだろうと。音楽は10年前から今の状況ですけど、もうこれからは音楽も出版も変わらなくて、今後クリエイターは、ファンと密接なコミュニケーションの上で、ビジネスをしていくようになると思うんです。それをやる場合、リアルよりもネットの方がコミュニティーを構築しやすいんですよね。フォローみたいな仕組みも、簡単にできるわけですし。

―確かに、そうですね。

加藤:なので、そういうコミュニティーの基盤をネットに作って、そこを軸にリアルでライブをやったり、CDとかグッズを売る方が、より素直なんじゃないかと思うんです。だって、みんなずっと画面を覗いてるわけだから(笑)。なので、音楽も出版も関係ない、データファイルであれば何でも載せられる形にして、4月にnoteをリリースしたんです。

もともと最初にファンクラブを作ったとき、俺一人だけ猛反対したんですよ。(岸田)

―「ファンとのコミュニティーの構築」というのが、まさに「ファンクラブ」の話ですよね。くるりがnoteを使ったファンクラブ運用を開始するに至る経緯を教えてください。

岸田:もともと10年以上前に最初にファンクラブを作ったとき、俺一人だけ猛反対したんですよ。僕の個人的な主張を言うと、いいもん作って、その人が聴いてくれていいと思ったら、誰かに広めてくれたらいいと思っていました。

左から:岸田繁(くるり)、加藤貞顕
左から:岸田繁(くるり)、加藤貞顕

加藤:まさにクリエイターの声ですね。

岸田:僕が好きなプロ野球で言うと、チケットを取れて、あとは選手の素顔が若干見られれば、いい形で自分の妄想を膨らませて、応援にも力が入ると思うんですよね。Twitterとかも、なんか素直に使うのが嫌で。でまあ、昔ファンクラブが嫌だったっていうのは、実際何をするかよくわかってなかったのもあって、結局いろんな理由でゴーになったら、ちゃんと盛り上がったし、ファンクラブがあったからこそできたこともあったんで、今となっては感謝しています。

―でも、独立のタイミングで、ファンクラブの存続については迷いもあったということですよね?

岸田:従来の形でのファンクラブのシステムは古いっていうか、結局チケットを先行で取りたい人が入ってるわけじゃないですか? 会報を出したりとかもしてるけど。だから本当は、作るならちゃんと作りたいけど、現実的な話、ファンクラブを運営するにはそれなりに人員が必要だし、コアファンを相手にする場所だから、運用するスタッフともちゃんとコミュニケーションがとれてないと、こっちの思惑とは違う伝わり方をしてしまう危険性もある。なので、「めんどくさいからやめちまえ!」って、一時期言ってたんですけど(笑)。

―(笑)。

岸田繁(くるり)

岸田:ただ、すでに入会してくれている人に突然「やめる」っていうのは、自分が会員だったら嫌やなって思って、いろいろ模索して。1回noteとは別に、「こういう風に行こう」ってなったときに、あるトラブルが起きて、ひとつ破談になった話があったんです。それがもう独立するって案内を出す時期ぐらいだったから、ワサワサなってたときに、noteのことを知ったんです。

Page 1
次へ

インフォメーション

リリース情報

くるり<br>
『THE PIER』初回限定盤(CD)
くるり
『THE PIER』初回限定盤(CD)

2014年9月17日(水)発売
価格:5,400円(税込)
VIZL-719

1. 2034
2. 日本海
3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーン<album edit>
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless
8. Remember me
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス<album edit>
13. メェメェ
14. There is(always light)
※全曲楽譜集付き7インチサイズジャケット仕様、“Liberty&Gravity”ハイレゾ音源ダウンロードコード封入

くるり<br>
<p>『THE PIER』通常盤(CD)
くるり

『THE PIER』通常盤(CD)

2014年9月17日(水)発売
価格:3,132円(税込)
VICL-64167

1. 2034
2. 日本海
  3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーン<album edit>
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless
8. Remember me
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス<album edit>
13. メェメェ
14. There is(always light)

プロフィール

くるり

1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンド。岸田繁(Vo, Gt)、佐藤征史(Ba, Vo)、ファンファン(Tp, Vo)の3名で活動中。

加藤貞顕(かとう さだあき)

株式会社ピースオブケイク 代表取締役CEO。1973年、新潟県生まれ。アスキー、ダイヤモンド社に編集者として勤務。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海)、『ゼロ』(堀江貴文)など話題作を多数手がける。2012年、コンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)をリリース。2014年、クリエイターとユーザーをつなぐウェブサービス・note(ノート)をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業