インタビュー

クワタユウキ×THE KOOKS対談 国境を越えて「中2病」で共振?

クワタユウキ×THE KOOKS対談 国境を越えて「中2病」で共振?

インタビュー・テキスト
武田砂鉄
撮影:相良博昭

音楽は「国境」を越えた後に「世代」で結びつくのだろうか。来日公演を行ったイギリスのロックバンドTHE KOOKSのルーク、ピーターとREAD ALOUDのクワタユウキはまったくの同世代。聴いてきた音楽も近しくすぐに意気投合した三人は、聴いていた音楽「以外」でも共通項を探し出す。音楽学校で結成されたTHE KOOKSが過ごしたイギリスの学生生活と、クワタが過ごした日本の学生生活、教室の隅っこでくすぶっていた日々が生み出した共通項とは?

クワタとTHE KOOKSは、同じ作品からバンド名のインスピレーションを受けていた

この日の収録前、クワタはスタッフから出来立てほやほやの3rdミニアルバム『アカンサス』を感慨深げに受け取っていた。そこへ、示し合わせたかのようにやって来たTHE KOOKSの二人。会うなりCDを手にとり、「アルバムから1曲かけてくれよ」とクワタに要求。“月と太陽”を聴きながらノリノリでInterFMに貼ってあったREAD ALOUDのポスターを写メしまくり、「このポスターくれよ! いいだろ!」とはしゃぐ二人を静めるスタッフ。THE KOOKSのマネージャーがあきれ顔でスタジオに押し込み、ラジオ番組の収録が始まった。

クワタ:僕とTHE KOOKSのメンバーは年が近いはず。二人は今、いくつですか?

ルーク・プリチャード(Vo,Gt):えっと……確か29歳くらい、かな? いいや、確かに29歳だ。

クワタ:くらい、って(笑)。僕も29歳なので、今まで聴いてきた音楽の変遷も似通っているかもしれないですね。

ルーク:おお、ユウキと同じ年なのか。BLUR、SUPERGRASS、THE STROKES、この辺はやっぱり俺たちの世代は必ず通るアーティストだよね。でも俺なんかはそれらのバンドよりも、両親が聴いていた1950年代、1960年代の音楽を聴く機会が多かったんだ。エディ・コクラン、THE EVERLY BROTHERS、ボブ・ディラン……。


クワタ:僕も家族からの影響が大きくて、同時代的な音楽よりも真っ先にTHE BEATLESやFLEETWOOD MACなどを聴いてきたんです。


ルーク:ピーターはQUEENだろ?

ピーター・デントン(Ba):それだけじゃないよ。母親がDIRE STRAITSやモータウンの作品を聴いていたし、父親はPINK FLOYDを聴いていたから、それらのミュージシャンからは大きな影響を受けたね。


クワタ:THE KOOKSというバンド名は、デヴィッド・ボウイのアルバム『Hunky Dory』(1971年)に入っている曲“Kooks“からとったそうですね。

ルーク:そう。やっぱりボウイの存在は大きいよ。ボウイ好きは、バンドメンバー全員の共通点だったからね。それにほら、ボウイって、アルバムごとにどんどん音楽性を変えてくるだろう。彼が持ち続けている変化を恐れない精神を、俺たちも忘れないようにしているんだ。


クワタ:ボウイが愛され続ける理由ってそこですよね。「グラムロックと言えばボウイ」だけど「ボウイと言えばグラムロック」ではない、というか。ポストパンクがあり、フォークがあり、ブラックミュージックもある。僕は、ボウイの中では『Hunky Dory』に入っている“Quicksand”って曲が特に好きで、この曲の邦題は“流砂”って言うんですが、その響きが気に入って、「流砂」という名前のバンドを作ったことすらあって。

ルーク:リューサ? ……よく分からないけどクールな響きだね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

READ ALOUD 『アカンサス』(CD)
READ ALOUD
『アカンサス』(CD)

2014年11月5日(水)発売
価格:1,650円(税込)
CCCL-3

1. タイムトラベラー
2. 君の声を思い出す
3. 風が吹くから
4. 月と太陽
5. BGK
6. 朝

番組情報

『Good To Go!』

毎週土曜24:00からInterFMにて放送

リリース情報

THE KOOKS 『LISTEN』日本盤(CD)
THE KOOKS
『LISTEN』日本盤(CD)

2014年9月3日(水)発売
価格:2,646円(税込)
UICW-10002

1. Around Town
2. Forgive & Forget
3. Westside
4. See Me Now
5. It Was London
6. Bad Habit
7. Down
8. Dreams
9. Are We Electric
10. Sunrise
11. Sweet Emotion
12.Murderer
13.Icons
14.Keep Your Head Up
15.Backstabber
16.Hooray For Henry(ボーナストラック)
17.Hold On(ボーナストラック)
18.Melody Maker(ボーナストラック)

THE KOOKS 『Listen』輸入盤(CD)

2014年9月9日(火)発売
Astralwerks

1. Around Town
2. Forgive & Forget
3. Westside
4. See Me Now
5. It Was London
6. Bad Habit
7. Down
8. Dreams
9. Are We Electric
10. Sunrise
11. Sweet Emotion

プロフィール

READ ALOUD(りーど あらうど)

自分の心に浮かんだ感情や言葉を素直に音読する(READ ALOUD=読み上げる。朗読する。)というコンセプトのもとクワタユウキ(Vo,Gt)を中心に結成。2012年夏より、現メンバーでの本格的なライブ活動をスタートさせる。逞しいボーカルと、アイリッシュやサンバ等様々なリズム要素を取り入れたビートで確実にその注目度を上げている実力派バンド。2014年11月5日は、3rdミニアルバム『アカンサス』をリリース。12 月7日には、渋谷クアトロにてワンマンライブを開催した。InterFM『Good To Go!』(毎週土曜24:00~)でDJを務める。

THE KOOKS(ざ くーくす)

2003年にブライトンの音楽学校にて結成。結成後3か月で「ヴァージン・レコーズ」と契約。2006年、デビューアルバム『INSIDE IN / INSIDE OUT』をリリース。約190万枚の売り上げを記録。イギリスでは、Arctic Monkeysの大成功を収めた1stアルバムと同日リリースだったため、セールスを含め比較の対象にされる傾向にあった。THE KINKS、THE ROLLING STONES、BLURなど英国的なソングライティングの伝統を受け継ぎつつ、ボブ・ディランなどに影響されたフォーキーなロックアンサンブルが特徴。とりわけ、キャッチーなメロディーで歌われるラブソングを得意とする。ポップなセンスとしっかりしたバンドアンサンブルの両面で男女ともに人気を博している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど