特集 PR

みんなが集まる、アートな「場」の作り方 中崎透インタビュー

みんなが集まる、アートな「場」の作り方 中崎透インタビュー

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:永峰拓也
2015/01/13

この上池袋が「日本一面白い場所」とか言うつもりはないんです(笑)。でも、この街に住むならそこにあるものは楽しみたいし、頭のスイッチを切り替えれば、面白いものが見えてくる。

―大規模なアートフェスなどとは別に、地域内に身近な「アートステーション」が群生するという構想について、中崎さんはどんなことを思いますか?

中崎:地域ということで言えば、たとえば大阪市の此花区のように、いい感じでアートスペースがいろいろ生まれている面白いエリアがありますよね。惜しくも2013年末に亡くなったキュレーター後々田寿徳さんが運営していた「梅香堂」など、僕は何をするわけでもないけれど、大阪に行った際には通っていたエリアです。

―人々の日常に近いプロジェクトであるからこそ、起こりうることもある?

中崎:まあ言ってみれば、この上池袋が「日本一面白い場所」とか言うつもりはないんです。そこは冷静になろうと思って(笑)。でも、今回は実際に「Y」に僕も部屋を借りさせてもらっていて、わりと頻繁に通って過ごしています。せっかくこの街に住むならそこにあるものは楽しみたいし、頭のスイッチを切り替えれば、面白いものが見えてくるのも事実。そういった「作法」や「チャンネル」は、別の場所でも活かせます。そんなアーカイブが集まっていけば面白いなと思います。

中崎透

―こうしたアート活動では、記録を残し、アーカイブ化していくことで、今後に役立てていく側面もありそうですね。

中崎:そうですね。プロジェクトベースの作品の場合、記録に残すという行為自体も作品の一部に含んでいることは多々あります。報告書的になるとつまらない一方で、何気ない一言がポエティックで素敵なときもある。また、リサーチしたものをどう展開できるのか、その「ひっくり返し方」や「つなぎ方」も気になっていて、今回のプロジェクトでも、どこかでそれができるといいなと思っています。

―あるとすれば、2月末の中崎さんの個展がその最適な場になりそうですね。

中崎:「ひょっとして、こうなるといいな」というのはあります。たとえば、個展としての展覧会記録を残すんだけど、じつはそこで逆算的に、アートステーションが地域で実践してきたことが見えてくるとか。やっぱり僕は、何だかんだ言っても、美術をベースにしないとモチベーションが出ないことを、今話していて再確認しました(笑)。

ともあれ僕は、「わからない」ということをネガティブには感じないんです。すべてをわかり合う、というのは不可能。

―「としまアートステーション構想」全体でも、そこで暮らす人々にとってのアートがどんなものであると良いか、という視点での試行錯誤がありそうです。

中崎:そうですね。事務局側もこれまでの積み重ねや経緯の中で、いろんな想いはあると思います。ハードコアな美術、より広い人々に届く親しみ易さ……その両面の辻褄、またはバランスですね。僕自身、1つのプロジェクトで両方取りたい、みたいな気持ちはどこかあります(笑)。でもそれは使い分けというより、ある部分ではこちらの人が興味を持ってくれて、別の視点ではこっちの人が、みたいなことかなと考えています。

―完全にわかり合えたり、同じ何かを共有できたりする、そういうものを必ずしも目指さない、ということでしょうか?

中崎:どっち側からも疑われるくらいがちょうどいいのかな(笑)。ともあれ僕は「わからない」ということをネガティブには感じないんです。すべてをわかり合う、というのは不可能。言葉だけでそう言い合うことが、どれだけチープなのか、という気持ちもありますし、個人やコミュニティーが時間をかけて変化していくときに、そこで行き来するモノにも価値があると思うので。

―あらためて2015年からのとしまアートステーションYの動向、楽しみにしています。

中崎:今回ばかりは、正直まだ僕自身もプロジェクトがどんな風に転がっていくのかわかりません(笑)。

―そこはやっぱり、中崎さんも1人の「ホームズ」として、上池袋の街に可能性を探しにいく?

中崎:結局、ブロック塀に書き初めしているだけだったよな、となる恐れもちょっと含みつつ……(笑)。でも、そのどれもが長い時間をかけてのアートステーション作りの第一歩につながるよう、頑張りたいと思います。

information

イベント情報

『としまアートステーション構想』

主催:東京都、豊島区、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人オノコロ

としまアートステーションZ
セルフカフェ営業時間:毎週金土日12:00~18:00(イベント時変更あり)

としまアートステーションY
『中崎透展覧会』

2015年2月21日(金)~3月8日(日)

シンポジウム
『都市のすき間-文化芸術が生まれる場所-』

2015年1月25日(日)15:00~17:30
会場:東京都 池袋 豊島区民センター(コア・いけぶくろ)5階音楽室
料金:無料(ウェブサイトから要申込)

としまアートステーション構想
としまアートステーション構想 シンポジウム「都市のすき間-文化芸術が生まれる場所-」
Facebook  - 山田荘 - Artistic Services

東京文化発信プロジェクトとは
東京文化発信プロジェクトは、「世界的な文化創造都市・東京」の実現に向けて、東京都と東京都歴史文化財団が、芸術文化団体やアートNPO等と協力して実施している事業です。多くの人々が文化に主体的に関わる環境を整えるとともに、フェスティバルをはじめ多彩なプログラムを通じて、新たな東京文化を創造し、世界に発信していきます。
東京文化発信プロジェクト | ホーム

東京文化発信プロジェクト 東京から生まれる新しい文化の波

Page 3
前へ

イベント情報

『としまアートステーション構想』

主催:東京都、豊島区、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人オノコロ

としまアートステーションZ
セルフカフェ営業時間:毎週金土日12:00~18:00(イベント時変更あり)

としまアートステーションY
『中崎透展覧会』

2015年2月21日(金)~3月8日(日)

シンポジウム
『都市のすき間-文化芸術が生まれる場所-』

2015年1月25日(日)15:00~17:30
会場:東京都 池袋 豊島区民センター(コア・いけぶくろ)5階音楽室
料金:無料(ウェブサイトから要申込)

東京文化発信プロジェクトとは

東京文化発信プロジェクトは、「世界的な文化創造都市・東京」の実現に向けて、東京都と東京都歴史文化財団が、芸術文化団体やアートNPO等と協力して実施している事業です。多くの人々が文化に主体的に関わる環境を整えるとともに、フェスティバルをはじめ多彩なプログラムを通じて、新たな東京文化を創造し、世界に発信していきます。

プロフィール

中崎透(なかざき とおる)

アーティスト。武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程満期単位取得退学。現在、茨城県水戸市を拠点に活動。言葉やイメージといった共通認識の中に生じるズレをテーマに自然体でゆるやかな手法を使って、看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している。展覧会多数。2006年末より山城大督、野田智子と結成した本末転倒型オフビートユニット「Nadegata Instant Party」としても活動。2007年末より「遊戯室(中崎透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初