特集 PR

この時代が生んだ「かけがえのない」音楽の形 fhánaインタビュー

この時代が生んだ「かけがえのない」音楽の形 fhánaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2015/02/04

このアルバムでやりたかったことは言ってみれば「セカイ系」で、今またこういう主観的な世界の認識のあり方に戻ってきている気がするんです。(佐藤)

―タイトルに「Melancholy」が入ってるのは、やっぱり『涼宮ハルヒの憂鬱』ともかかってるわけですよね?

佐藤:そうですね(笑)。あと、スマパン(The Smashing Pumpkins)の『メロンコリーそして終りのない悲しみ』(1995年)も(笑)。

―なるほど、確かに(笑)。なおかつ、この言葉をタイトルに使ってるのは、音楽こそが鬱々とした感情を救ってくれるものだっていう、そういう考えが背景としてあるのかなって。

佐藤:弱ってる人を助けたり、元気づけるのが目的ではないですけど、そういう人が聴いて、何か感じるところがあればいいなとは思ってます。自分自身も思春期の頃は、将来とか身近な人間関係のことでモヤモヤしてて、そういうときに聴いた音楽とか本とか映画って、大人になった後もずっと心に残ってるし、生きる指針になってるんです。このアルバムも、誰かにとって、そういうものになってくれたらいいなって思います。


yuxuki(Gt):自分も中高生の頃はひたすらヘッドフォンで音楽を聴いて支えられていたような人間なので、今度は自分たちの曲をそうやって聴いてもらえたら嬉しいなって思います。それこそ、僕は高校生でSUPERCARの『スリーアウトチェンジ』(1998年)を聴いてめちゃめちゃはまったし。

―あ、ボリューム感のあるファーストアルバムの好例ですね(笑)。

yuxuki:そうですね(笑)。最近って、「音楽を聴く」ことがすごくインスタントになってると思うんです。YouTubeとかで無料で聴けて、大量にあるものがバーって流れていくだけのものになってるっていうか。そういう中だからこそ、インスタントに消化されない、一生寄り添ってくれるような音楽になったらいいなって。

kevin:確かに、僕も同じようなことは感じていて、fhánaは普通にサラッと聴いても耳あたりのいい音楽だとは思うんですけど、歌詞にも曲順にもかなりこだわっているので、流れで1曲1曲じっくり聴いてもらえたら、こんなに嬉しいことはないですね。

―1曲単位で聴くのと、アルバムの流れの中で聴くのって、全然違う体験ですもんね。

kevin:もうそういう聴き方がスタンダードではないのかもしれないけど、作った側としては、そういうところも楽しんでほしいです。

kevin
kevin

佐藤:音楽の聴き方がインスタントになっている一方で、今ネットとかをやってる若い人って、文脈に対するリテラシーが高いとも思うんですね。例えば、ネットで流行ってるネタとかって、元になる書き込みとか有名人の発言とかがあって、それに対して誰かが面白おかしく言ったことが広まって、それがそのうち普通にアニメの中で出てきたりする。それって言ってみれば、ものすごいハイコンテクストな文化ですよね。みんなが文脈を共有できてるからこそそういう楽しみ方ができてるわけで、それが今の特徴なのかなって。昔はデータベースの共有ができなかったから、個人でルーツを追いかけたり、歴史を勉強したりしたけど、今は知識や体験がみんなの共有財産になっていて、それをちゃんと知らなかったとしても、スマホで調べればすぐに出てくる。そういう風に、文脈のあり方が昔と今とでは変化してるなって感じる中で、「古典的な文脈を与えました!」っていうのが今回の作品であるとも言えます(笑)。

―なるほど、確かに。

佐藤:もうひとつ、今回のアルバムでやりたかったのは言ってみれば「セカイ系」なんです。「セカイ系」って1990年代終わりから2000年代中頃に流行した物語ジャンルで、テンプレ的な説明で言えば、例えば、主人公とヒロインとの個人的な関係性が、国家や社会とかっていう中間のレイヤーをすっ飛ばして、世界の危機とかに繋げて描かれる作品群のことで、自分の自意識が世界の命運と直結してしまうというもの。物語ジャンルとしては一度廃れてしまいましたが、こういう主観的な世界の認識のあり方に、今また戻ってきているんじゃないかと思うんです。

佐藤純一
佐藤純一

―というと?

佐藤:インターネットが普及してからの世界って、「主観」よりも「客観性」が重視され、様々な角度から相対的に物事を捉えるようなリテラシーの高さが求められるようになったと思うんです。それって「セカイ系」の対極ですよね。だけど、本当にそうなのかな? と。とくにスマホが主流になってからは、自分でブラウザの検索窓にキーワードを入力するよりも、ニュースアプリやSNSから流れてくる情報を得ることが多くなりました。つまり各々が自分の「主観」というフィルターを通してバラバラに偏った情報を摂取していて、さっきの文脈に対するリテラシーの話で言えば、リテラシーが高いといってもすごく偏った分野においてなんです。インターネット黎明期にあったような理想……世界中の誰もが情報発信できて客観的な価値観とか知識をみんなが持つことが出来るようになると語られてきた部分が、たんなる理想論だということが分かってしまったと思うんです。

―なるほど。

佐藤:そもそも人間は「主観」を通してでしか世界を認識することは出来ないし、実はネットが普及する前からずっとそうだったんじゃないかと。そういう意味で、今また「セカイ系」に戻ってきていて、それがちょうどこのアルバムを作るタイミングと重なっていたんじゃないかと。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

fhána『Outside of Melancholy』初回限定盤(CD+Blu-ray)
fhána
『Outside of Melancholy』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2015年2月4日(水)発売
価格:3,888円(税込)
LACA-35473

[CD]
1. Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~
2. tiny lamp
3. divine intervention
4. lyrical sentence
5. スウィンギングシティ
6. はじまりのサヨウナラ
7. いつかの、いくつかのきみとのせかい
8. Paradise Chronicle
9. ARE YOU SLEEPING?
10. ケセラセラ
11. innocent field
12. 君という特異点 [singular you]
13. 星屑のインターリュード
14. white light
[Blu-ray]
1. Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~(Music Video)
2. 星屑のインターリュード(Music Video)
3. いつかの、いくつかのきみとのせかい(Music Video)
4. divine intervention(Music Video)
5. tiny lamp(Music Video)
6. ケセラセラ(Music Video)
7. tiny lamp(2014.9.23 深窓音楽演奏会 at Shinjuku BLAZE)
8. 星屑のインターリュード(2014.9.23 深窓音楽演奏会 at Shinjuku BLAZE)
9. kotonoha breakdown(2014.9.23 深窓音楽演奏会 at Shinjuku BLAZE)

fhána『Outside of Melancholy』通常盤(CD)
fhána
『Outside of Melancholy』通常盤(CD)

2015年2月4日(水)発売
価格:3,240円(税込)
LACA-15473

1. Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~
2. tiny lamp
3. divine intervention
4. lyrical sentence
5. スウィンギングシティ
6. はじまりのサヨウナラ
7. いつかの、いくつかのきみとのせかい
8. Paradise Chronicle
9. ARE YOU SLEEPING?
10. ケセラセラ
11. innocent field
12. 君という特異点 [singular you]
13. 星屑のインターリュード
14. white light

イベント情報

1stアルバム発売記念ライブ
『Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~』

2015年3月1日 (日) OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
料金:5,500円

fhána Live Tour 2015
『Outside of Melancholy Show 2015』

2015年5月17日(日)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHAGE

2015年5月23日(土)
会場:大阪府 OSAKA MUSE

2015年5月24日(日)
会場:京都府 京都 METRO

プロフィール

fhána(ふぁな)

“FLEET”としてYouTubeやMySpace時代到来前よりインターネットを拠点に楽曲を発表、メジャーからも音源をリリースしてきた佐藤純一、クリエイティブサークル”s10rw”を立ち上げ、ニコニコ動画ではVOCALOIDをメインボーカルに据えて楽曲を発表しているyuxuki waga、そしてネットレーベルシーンから登場したエレクトロニカユニット”Leggysalad”のkevin mitsunagaという、サウンド・プロデューサー3名で結成。2012年秋には、ゲスト・ボーカルだったtowanaが正式メンバーとして加入し、4人体制へ。2013年夏、TVアニメ「有頂天家族」のED主題歌『ケセラセラ』でメジャーデビュー。2014年11月5日にTVアニメ『天体のメソッド』ED主題歌『星屑のインターリュード』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも