特集 PR

インディーズでもやればできる。Aureoleがタワレコをジャック

インディーズでもやればできる。Aureoleがタワレコをジャック

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

僕にとってマーケティングは、音楽と同じくインディペンデント精神を表現する大事な方法の1つなんですよね。(森)

―森さんは今回のキャンペーンの手応えをどのように感じられていますか?

:タワレコ渋谷店のキャンペーンがなければ、Aureoleのことを知りもしなかった人が大勢いるだろうなと実感する場面がたくさんありました。印象的だったのが、発売日にお店に行ったら、「今日初めて知って、試聴したらめちゃめちゃ気に入りました」と声を掛けてくれた人がいて、その人はライブにも来てくれたんですよ。他にも、携帯を見ながら試聴機で曲を聴いてる人もいたので、効果はすごく感じましたね。

清水:渋谷店の週間インディーズチャートで2位になりましたしね。

高野:ちゃんと売上の結果が出たことが嬉しいですね。それがないと結局ただの自己満足になっちゃうけど、タワレコさんにとっても、Aureoleにとっても意味があったと思います。やっぱりプロである以上、結果を出さないといけないですから。今回はすごくいいチームだったと思っていて、清水さんもただ場所を貸すだけでなくて、曲順やアレンジまで考えて、それぞれの得意分野を活かしながらも、それを超えて融合したプロジェクトだったからこその化学反応があったと思うんです。いい意味で領域侵犯していたことがすごく面白かったなって。

:自分のやってる音楽とか、kilk records、ヒソミネもそうですけど、唯一無二の星として輝くというか、他にはないものでありたいんです。Aureoleが「ポストロック」と呼ばれるのはいいけど、典型的なポストロックの枠にはまりたくはない。今回のこのチームのプロモーションも、唯一無二であるということにこだわって楽しみながらやれました。僕にとってマーケティングは、音楽と同じくインディペンデント精神を表現する大事な方法の1つなんですよね。「売れるための音楽」を目指すのはダメだと思うんですけど、自分が作った音楽をどう売るかは大事。

森大地

―売り方、届け方を考えるのも、音楽と共通する部分があると。

:「少しでも売れたい」と思うのと、「1人でも多くの人に音楽で感動を与えたい」と思うのって、言い方1つで正義と悪みたいになるけど、実は言い方の違いだけということもあると思うんですね。いや、少しでもお金が欲しいだけとかモテたいだけという人もいるかもしれませんが(笑)。少なくとも自分は、音楽を作るときも、営業活動をしているときも、1人でも多くの人に感動を与えたいという純粋な気持ちで取り組んでいます。だから、今回「売れるための音楽を作った」って、安直に捉えて欲しくないなとは思います。


音楽の伝え方とか届け方って、画一的になってしまっていると思うんです。当たり前だと思われてることに対して発想を転換すれば、まだまだいくらでもやれることがあるんじゃないかな。(高野)

―高野さんは『Awake』のキャンペーンを通じて、どんなことを感じられましたか?

高野:清水さんもさっきおっしゃってましたけど、音楽の伝え方とか届け方って、画一的になってしまっていると思うんです。なので、「音楽の届け方はこうあるべき」という固定概念を超えていきたいとはいつも思ってます。有名無名、宣伝費のあるないに関わらず、思考の余白はすごくあると思うんです。そういう発想が広がれば、CDだってもっと売れるかもしれないと思います。今回タワレコさんとしてもバンドとしても納得できる結果が出たことが、その1つの証明にもなったと思うので、こういうことは今後もやって行きたいです。もちろん、固定概念を否定するわけではなく、「それと何か」っていう考えが大事だと思いますね。

:そうですね。ヒソミネに出てくれる若いバンドを見てて思うのが、「セルフマネージメントしてます」と言っている人が、逆にマニュアル化された固定概念を持ってたりするんですよね。「DIY精神でやってるんで、デモテープを100円で売ります」って、ただ安く売ることがメッセージだと思っちゃってたり、「CDの時代は終わったんで、配信だけでやってます」みたいな表面的なキャッチフレーズをうのみにしちゃってたり。

高野:固定概念を超えるということを共有できる仲間で動けると、面白いことができると改めて思いました。当たり前だと思われてることに対して発想を転換すれば、まだまだいくらでもやれることがあるんじゃないなかなって。

清水:僕らも、ただCDを販売するだけではなくて、色々なジャンルのアーティストのインストアイベントをやったり、展示をやったり、グッズを発売したりと、様々なカルチャーと関わることで「お店に行けばいろんなものがある」と思ってもらえる場所を目指してます。ライブを楽しむとか、店舗で試聴するとか、そういうリアル体験から生まれる楽しみって絶対消えないと思うんですよ。SoundCloud、YouTube、Bandcampとかで新しい音楽と出会って気に入ると、その後にCDとかアナログとかテープを欲しくなったり、次の段階に必ず進むわけで、絶対に行き当たる場所はリアルだと思うんですよね。

高野:何でも極端な思考になるイメージがあって、すぐ「デジタルが最高」とか「リアルが最高」ってなるけど、そんな簡単な話じゃないわけです。僕らは常に何かとバランスを取りながら、選択しながら生きている。それぞれのポイントを紡いで見えてくるコミュニケーションをデザインする。今回はお二人とそういうことが一緒にできて、感謝しかないです。

―では最後に、Aureoleの今後について森さんから一言いただけますか?

:もともと今回の『Awake』も、6月にリリースするフルアルバムと7月の代官山UNITでのワンマンに向けて動いている中のひとつなので、単発ではなくて、面白いことを続けて行ければと思ってます。インディーズのバンドマンって、2~3か月後の予定までしか見てない人が多いと思うんですけど、その先に何があるのかをきちんと見た上で動くことが上にいけるかいけないかの差だなって、今回高野さんや清水さんと組ませてもらって改めて感じましたね。

Page 3
前へ

リリース情報

Aureole 『Spinal Reflex』(CD)
Aureole
『Spinal Reflex』(CD)

2015年6月10日(水)発売
価格:2,376円(税込)
KLK-2045

1. I
2. Core
3. Closetsong
4. The House Of Wafers
5. Pearl
6. Hercules
7. Edit
8. Inner Plane
9. Brighten
10. In Light
11. Ghostly Me
12. Last Step

Aureole 『Awake』(CD)
Aureole
『Awake』(CD)

2015年3月11日(水)タワーレコード渋谷店限定リリース
価格:2,138円(税込)
KLK-2043

1. Core
2. Live Again
3. The House Of Wafers
4. World As Myth
5. Windfall
6. Miz
7. Dell
8. Disappear
9. Suicide

イベント情報

Aureole
『"Spinal Reflex" Release Party』

2015年7月2日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:Aureole
料金:前売2,800円 当日3,300円(共にドリンク別)

プロフィール

Aureole(おーりおーる)

2007年結成。森大地(Vo,Gt,Prog)、岡崎竜太(B)、中村敬治(Gt)、中澤卓巳(Dr)、saiko(Syn,Flute)、佐藤香(Vibs,Glocken)の6人組バンド。ポストロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽、ダブステップなどを通過した奥深いサウンドと「歌モノ」としての側面、この二つの要素が違和感なく融合したサウンドが特徴。2009年にNature Blissよりデビューアルバム『Nostaldom』をリリース。青木裕(downy,unkie)をゲストに迎えたこの作品は、各方面から多くの支持を得た。2010年にはVoの森大地が主宰するレーベル、kilk recordsより2ndアルバム『Imaginary Truth』を発表。2012年には3rdアルバム『Reincanation』をリリース。2014年11月には2年ぶりとなるフリーの配信限定シングル『Ghostly Me/TheHouseOfWafers』をリリース。一晩で1000以上のダウンロード数を獲得する。2015年3月、ライブアレンジでリテイクしたベストアルバム『Awake』をタワーレコード渋谷店限定でリリース。6月10日は4thアルバム『Spinal Reflex』をリリース予定。7月には自身初となる代官山UNITでのワンマンライブも決定している。

高野修平(たかの しゅうへい)

デジタルマーケティング会社トライバルメディアハウスにて音楽マーケティング部署「Modern Age(モダンエイジ)」事業部長 / コミュニケーションデザイナーとして所属。音楽業界ではレーベル、事務所、放送局、音響メーカーなどを支援。音楽業界以外にも様々な業種業態のコミュニケーションデザインを行っている。日本で初のソーシャルメディアと音楽ビジネスを掛けあわせた著書『音楽の明日を鳴らす-ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネス新時代-』、『ソーシャル時代に音楽を”売る”7つの戦略』を執筆。メディア出演、講演、寄稿など多数。2014年4月18日に3冊目となる『始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング-戦略PRとソーシャルメディアでムーヴメントを生み出す新しい方法-』を出版。また、THE NOVEMBERS、蟲ふるう夜に、Aureoleのマーケティングコミュニケーション、クリエイティブディレクターも担当している。M-ON番組審議会有識者委員。

清水真広(しみず まさひろ)

2005年から2015年の10年間、タワーレコード渋谷店に勤務。4月より、タワーレコード吉祥寺店にて勤務している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲