特集 PR

チャットモンチー、バンド消滅の危機もあった10年を振り返る

チャットモンチー、バンド消滅の危機もあった10年を振り返る

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:中村ナリコ

チャットモンチーの6thアルバム『共鳴』は、すごいアルバムだ。作品全体が放つ気勢という意味においては2ピース体制で制作した前作『変身』が圧倒的だったが、『共鳴』はそれとは真逆とも言える感触に満ちている。ドラムとキーボードのサポートメンバーを迎えた4ピースの「男陣」(恒岡章、下村亮介)と「乙女団」(北野愛子、世武裕子)、橋本と福岡と恒岡の3ピース、そして橋本と福岡の2ピースという4つの編成を使い分けて制作された全12曲は、音楽に対する遊び心が通底していて、だからこそチャットモンチーというロックバンドが提示するアイデア力の底知れなさをあらためて浮き彫りにもしている。

多彩なロックサウンドのなかにジャンクなヒップホップ調の“ぜんぶカン”のような楽曲もあれば、1980年代から1990年代初頭のアイドル・歌謡をオマージュした“最後の果実”のような楽曲もあり、それらすべてがナチュラルに調和し連なっている。橋本と福岡の作詞も秀逸で、たとえば天国へ旅立った主人公が地上に遺された大切な人々に向けて<天国も最高だよ>とメッセージを送る“楽園天国”は絶対に橋本にしか書けないし、女性という動物の毒性を吐露しながら自己を承認する“毒の花”もまた福岡にしか書けない筆致によって綴られている。橋本と福岡の独立した作家性や絶対的な結びつきで繋がる関係性は、まるでTHE BLUE HEARTS / ザ・クロマニヨンズのヒロトとマーシーのような境地に達しているとさえ思った。

デビューから10周年というタイミングで、こういうアルバムを生み出せたことが幸福だし、つくづくチャットモンチーは比類なき存在であると思い知らされる。今回のインタビューでは、『共鳴』に至るまでのこの10年間でチャットモンチーに起こった音楽制作や活動のあり方における意識の変化についてじっくり迫った。

私たちがデビューした頃って、音楽を取り巻く状況が目まぐるしく変わる直前だったと思うんですよ。時代背景とやり合ってきたバンドでもあるんですよね。(福岡)

―『共鳴』を聴いて、チャットモンチー(以下、チャット)というバンドがもはやひとつの音楽コミュニティーとして機能していると思ったし、アルバム自体が普通の佇まいをしているのに中身は濃くて深いという印象を持ちました。たとえば『広辞苑』って、さりげなく誰しもの家にある必需品で、何よりもシンプルな読み物なのに、一度広げたらいろんな意味を知ってワクワクするじゃないですか。ものすごく勝手なイメージなんですけど、そういうアルバムだなと思いました。

橋本(Vo,Gt):ありがとうございます(笑)。私もすごくいいアルバムができたと思ってます。今までのアルバムと比べると、最初から開けてる感じがする。アルバムとしてひとつの塊になってるんだけど、固まり切ってない感じもいいなって。とどまってない感じがするんですよね。

橋本絵莉子
橋本絵莉子

―前作『変身』は、メンバーの脱退を経て二人になったチャットの生き様をぶつけるようなストイックなアルバムでしたが、今作はそれとは真逆とも言えますよね。

福岡(Ba,Cho):バンドとして常に課題がありながらアルバムを作ってきて、もちろん毎回最高傑作になるように作っていくんですけど、今回はシンプルに「めっちゃ好き」って言えるアルバムを作れました。今までのアルバムももちろん自分の好みが入ってるんですけど、「チャットとしてかっこいいことは何か?」をずっと考えてきたから。でも、今回はもっとシンプルに「自分はこれが好き」と言える感覚がかなり入ってるアルバムになりました。

―デビュー10周年のタイミングでそういうアルバムを作れることは幸福ですよね。もちろん、10年前は4つの編成を使い分けて1枚のアルバムを作るなんて想像もしてなかったと思うんですけど。

橋本:まったく想像してなかったですね。昔から憧れていたHi-STANDARDの恒さん(恒岡章)がドラムを叩いてくれるなんて想像できなかったです。だから不思議ですよね。4つの編成でやりたいとか、恒さんとやりたいとか、そうなろうと思って10年間やってきたわけじゃないけど、結果的にここに辿り着いたことがおもしろいなって。

―10年前は、デビュー10年目の自分たちはどうなっていると想像してました?

橋本:私はとにかくデビューすることが夢だったから、10年後なんて想像もしてなかったです。当時は何もわからず、いろんな物事があれよあれよという間に決まって進んでいくし、「ずっとバンドを続けるぞ!」って思う暇もなかったというか。目の前のことに対して答えを出していくだけでした。

福岡:私も10年前に何を思っていたかは全然覚えてないですね。最初はシングルをリリースする意味もよくわかってなかったですし。「シングルって何だっけ?」「カップリングって何だっけ?」みたいな。リスナーとしてシングルを買ったことはもちろんあったけど、それがアルバムに向けて出すものだとは知らなかったですからね。田舎もんだったから余計に混乱したのかもしれない。

福岡晃子
福岡晃子

―デビュー直後はとにかく状況についていくのに必死だったと。

橋本:必死でしたね。でも、必死な感じから解放されたいと思うようになっていったんですよね。ゆっくり音楽業界のいろんな仕組みを知るようになって、自分たちでいろんなことを決めたいし、把握したいと思うようになって。「アルバムをリリースするってことは、このあとツアーか」とか思いながら、そこに逆らう精神も出てきたんです。「シングルはリリースしたくない」って言ってみたり、仕組みに反発していた時期がありました。

福岡:私たちがデビューした頃って、音楽を取り巻く状況が目まぐるしく変わる直前だったと思うんですよ。10年前はYouTubeもそこまで広まってなかったし、Twitterとかもなくてホームページの掲示板に感想を書き込んだりする時代だったので。そこから、たとえば「おもしろいPVを作って、YouTubeに上げて、人目を引くサムネイルにしなきゃダメ」という話が出てきて、よくわかってなかったから「そういうものなんですね」って思ってついて行ってたんですよ。でも、少しずつ「あれ?」って思ってきて。どこまでがバンドの仕事で、どこまで世俗的なことを考えてそこに合わせなきゃいけないのか悩んだりしました。そうやって、時代背景とやり合ってきたバンドでもあるんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

チャットモンチー 『共鳴』初回限定盤(CD+DVD)
チャットモンチー
『共鳴』初回限定盤(CD+DVD)

2015年5月13日(水)発売
価格:3,672円(税込)
KSCL-2610/1

[CD]
1. きみがその気なら
2. こころとあたま
3. ぜんぶカン
4. 隣の女
5. 毒の花
6. 私が証
7. 楽園天国
8. 最後の果実
9. 例えば、
10. いたちごっこ
11. ときめき
12. ドライブ
[DVD]
『共鳴なう』
1. “こころとあたま”Music Video
2. “いたちごっこ”Music Video
3. “ときめき”Music Video
4. “隣の女”Music Video
・特典映像『男女六人ないものねだり~「共鳴」完成パーティー~』
※デジパック仕様、シングル『ときめき / 隣の女』とのダブル購入者特典抽選応募券封入

チャットモンチー 『共鳴』初回仕様盤(CD)
チャットモンチー
『共鳴』初回仕様盤(CD)

2015年5月13日(水)発売
価格:3,132円(税込)
KSCL-2612

1. きみがその気なら
2. こころとあたま
3. ぜんぶカン
4. 隣の女
5. 毒の花
6. 私が証
7. 楽園天国
8. 最後の果実
9. 例えば、
10. いたちごっこ
11. ときめき
12. ドライブ
※シングル『ときめき / 隣の女』とのダブル購入者特典抽選応募券封入

イベント情報

『チャットモンチーの求愛ツアー♡2015』

2015年6月4日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO
出演:
チャットモンチー
柳沢慎吾

2015年6月5日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:福岡県 Zepp Fukuoka
出演:
チャットモンチー
ハナレグミ

2015年6月10日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 Zepp Namba(OSAKA)
出演:
チャットモンチー
Ken Yokoyama

2015年6月11日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 Zepp Nagoya
出演:
チャットモンチー
GRAPEVINE

2015年6月20日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:宮城県 仙台 Rensa
出演:
チャットモンチー
YOUR SONG IS GOOD

2015年6月26日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:北海道 Zepp Sapporo
出演:
チャットモンチー
スチャダラパー

2015年7月1日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo
出演:
チャットモンチー
and more

料金:各公演 4,860円

『チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!』

2015年11月11日(水)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 九段下 日本武道館
料金:一般6,700円 ワンダフルチケット11,111円
※ワンダフルチケットはお土産付

プロフィール

チャットモンチー

橋本絵莉子を中心に2000年徳島にて結成。2004年春に橋本(Gt,Vo)、福岡晃子(Ba,Cho)、高橋久美子(Dr,Cho)の体制となり、2005年11月『chatomonchy has come』でメジャーデビュー。2011年10月より橋本と福岡の2ピース体制となり、楽曲ごとに担当楽器を変えるフリーフォームな形で録音したアルバム『変身』(オリコン初登場2位)をリリース。それに伴う全国ツアーも2人のみで行われ、ファンのみならず、ミュージシャンからも熱い支持を得る。2013年5月、橋本が結婚及び妊娠を発表し、一時活動休止期間に入る。2014年8月に、恒岡章(Dr / Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、下村亮介(Key, G / the chef cooks me)という男性サポート2名を迎えた4人体制で活動を発表。2015年1月には、世武裕子(Pf,Synth)、北野愛子(Dr / DQS, nelca / ex.your gold, my pink)という女性2名を迎えた4人体制での活動もあらたに発表。結成10周年にあたる2015年の5月13日に、2年7か月ぶりとなる6枚目のアルバム『共鳴』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」