特集 PR

業界の在り方に抗う、Aureoleが提示するダンスロックの一歩先

業界の在り方に抗う、Aureoleが提示するダンスロックの一歩先

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2015/06/10

需要と供給のバランスを崩さないといけない

岡崎が無事に復帰し、Aureoleとしてコンスタントにライブ活動は続けられたものの、kilk recordsとしての活発なリリースや、2013年5月の「ヒソミネ」のオープンなど、森のバンド以外の活動が増えたこともあって、Aureoleとして再び制作に入るまでには短くない期間を必要とした。そんな中、森の中では音楽業界に対する疑念が沸々とわき上がってきたのだという。

:ミュージシャンなら、「今この音楽がイケてる」と思って聴いてるリスナーに、「次はまさにこういうのが聴きたかったんだよ」って思わせられるようなものを提示しないといけないと思うんです。でも、実際には流行ってる音楽性ばかりに群がると言うか、同じようなことをやるだけの人が多いなと思うんですよね。つまり、業界の中で需要と供給があって、「需要があるからこれをやってる」というだけ。例えば「ボカロ系」「アイドル系」「EDM系」などは支持層が厚いシーンだと思うんですけど、決まったフォーマットの中で音楽を作っていると、ビジネスとしては成り立つとしても、あんまり健全じゃないというか。もちろん純粋にそういう音楽が好きだからやっている人も多いと思うんですけど、「音楽文化の発展」という観点では問題があるんじゃないかなと。人々に音楽で新しい感動を届けていくという気概がなく、「こういう曲が今世間ではキテるからやろう」って言って、結局ただなぞっているだけという人たちばかりだと思うんですよね。

森大地

―需要に応えるだけだと、どんどん薄まって行く危険性がありますよね。

:そう。一方で、ネットレーベルとかはお金のリスクは負わずに好きなことをやって、届く範囲にだけ届けるというようなやり方をしていて、それはそれで良さはあるんですけど、僕は音楽に感動して世界を変えられた人間なので、おこがましくもそれと同じような経験を他の人にも与えたいと思ってるんです。そういう音楽のほとんどは、まだまだ埋もれてますよね。その状況を変えるには、今の需要と供給のバランスを崩さないとダメなんですよ。これって例えば天下りの話とかと同じ既得権益の問題で、現在満足にお金が入ってくる状態の人は今のバランスを崩したくない。フェスとかもそうじゃないですか? 「またこの面子か」って思う。

―確かに、そう感じることは多いです。

:ブランド力のあるフェスなんて、その需要と供給のバランスを根本から崩せる力を十分持っていると思うんですよね。もちろん、真剣にビジネスとしてやっているのは理解できますし、その人たちなりに強い信念や正義感もあるとは思うんですけど、「今アイツらを呼んでおけば間違いなく引きがある」とか「あれとあれを呼べばお客さんは入る」とか、どこか必勝パターンみたいな決めつけが無意識に植え付けられてるような気がするんです。商売だから仕方ないですけど、負のスパイラルですよね。結局これまでに需要があったものを同じように供給するだけという。

―つまり、Aureoleの新作の狙いは、その需要と供給のバランスを崩すことだと。

:作品がもたらす影響の理想的な形は、それですね。こういった現状を逆手にとれないかと考えたんです。つまり、まず今の世の中で需要が集中している層はどこなのかを意識した上で攻めるいうこと。世の中を動かすほどのファンの数を持つ「~系」はいっぱい存在していますけど、今のAureoleはその中で案外「ロキノン系」のファンの人たちに気に入ってもらえる可能性が残っているんじゃないかと思ったんです。これまでは諦めていましたが、そこの支持層って実は純粋な音楽好きが多くて、新しい音楽の感動もウェルカムな姿勢の人が意外と多いんだと最近知りました。もちろん、そういう音楽を聴いている人たちに媚を売ってAureole自体をわかりやすくするというつもりは一切なくて、まずはその中にいる特に柔軟なリスナーにだけでも「体験したことなかったけど、こういうロックがあったのか」って思わせたかったんですよね。どの学校にもクラスの音楽リーダーみたいな人がいると思うんですけど、その人たちに「今こんな新しい音楽があるんだぜ、お前ら知ってる?」って言わせるのが目標っていうか(笑)。

―では、クラスの音楽リーダーにその台詞を言わせるために意識したポイントは?

:今回初めて「時代性」を意識しました。これまでは普遍的な音楽に価値を感じていて、インスタントな音楽は大嫌いだったんです。今もそこは基本的に変わってないんですけど、より多くの人を感動させるためには、普遍的でありながら、今の時代の空気もちゃんと意識することがとても重要だと思ったんですよね。パンクにしろ、セカンドサマーオブラブにしろ、ブリットポップにしろ、時代と相まってムーブメントになった。あの感じを大事にしたいと思いました。それを捉えた上で、一歩先の新しいかっこ良さを提示したい。


「つながれる音楽」としてのAureole流ダンスロック

こうした思索のときを経て、今年の3月にはタワレコ渋谷をジャックする斬新なプロモーション方法も話題になったリテイクによるライブベストアルバム『Awake』を発表し、そして遂に2年9か月ぶりとなるニューアルバム『Spinal Reflex』を完成させた。初めて時代性を意識し、「踊れるAureole」を追求した結果、これまでの内向的な作風から、外側へと開かれた作風になったことが最大の変化である。

:某レコードショップの人が言ってたんですけど、「アイドル」「EDM」「初音ミク」とかが受け入れられているのって、今は辛気臭いのは受けないということなんですよね。かっこいいミュージックビデオよりも、面白いミュージックビデオの方がバズる。それって、世の中が明るいムードのものを欲しがってるってことだと思うんです。そこで共通するのは「つながれる音楽」だなと。

森大地

アイドルやEDMの現場であの一体感を味わったことがある人なら、森の言葉に十分納得できるだろう。初音ミク、つまりはニコニコ動画も、まさに「つながれる音楽」が求められている場所だ。これを途中で話に出た「ロキノン系」に置き換えれば、いわゆる「ダンスロック」と言われる音楽、4つ打ちを主体としたバンドのライブにおける一体感がこれにあたる。つまり、Aureoleの今回の命題は「ダンスロックの一歩先」を提示することだったと言っていいのではないだろうか。そして、その上で今回最大のインスピレーション源となったのが、バルカンビートをはじめとした現在進行形のグローカルなクラブミュージックだった。

:コッテルやFerri(どちらもkilk records所属アーティスト)のリリースでサウンド面のサポートをしたときに、打ち込みで新たに学んだことがたくさんあって、それをバンドのフォーマットに置き換えてみようと思ったんです。それで最初にできたのが“Ghostly Me”で、いざ完成してみると思ったよりロックっぽい仕上がりになったんですが、自分の中では妙にしっくりきて。これなら業界に一石を投じられるって思ったんです。それで「アルバムもこの方向性だ」と心に決めました。それから1か月半ぐらいで一気に全曲を作りましたね。ビートだけ聴くとベースミュージックっぽい部分もありますけど、ちゃんとギターも鳴ってるし、うねるベースラインもロックっぽい。最初に描いた通りに「ロック」の範疇の中で、面白いものが作れたと思います。それで「こんなにロックな仕上がりになったのなら、どんどんロックファンに向けたい」と思って、さっき言った「ロキノン系」を聴いている人たちに、その次の新しいものとして聴いてもらいたいと思ったんです。


持ち味である高速のビブラフォンやフルートと共にビートが乱れ打たれるインパクト抜群のオープニングナンバー“I”、ミニマルかつグル―ヴィーな“Core”、さらにはDFA(アメリカのインディーレーベル。かつてはLCD Soundsystemなどが所属)のバンドを連想させる“Hercules”や、R&B調の“Brighten”など、本作がビートを主体とした肉体的なアルバムであることは間違いない。打ち込みを排除し、人力のみで仕上げられていることもポイントで、「脊髄反射」を表す『Spinal Reflex』というアルバムタイトルは、本作のそんな性格をよく表している。おそらくはRADIOHEADからAtoms For Peaceへの進化を連想する人がいるであろうし、BATTLESやdownyと比較する人もいるだろう。ただ、森の言うように本作の印象はあくまで「ロック」であり、まさに、それこそがAureoleらしさなのである。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Aureole 『Spinal Reflex』(CD)
Aureole
『Spinal Reflex』(CD)

2015年6月10日(水)発売
価格:2,376円(税込)
KLK-2045

1. I
2. Core
3. Closetsong
4. The House Of Wafers
5. Pearl
6. Hercules
7. Edit
8. Inner Plane
9. Brighten
10. In Light
11. Ghostly Me
12. Last Step

イベント情報

Aureole
『"Spinal Reflex" Release Party』

2015年7月2日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:Aureole
料金:前売2,800円 当日3,300円(共にドリンク別)

プロフィール

Aureole(おーりおーる)

2007年結成。森大地(Vo,Gt,Prog)、岡崎竜太(B)、中村敬治(Gt)、中澤卓巳(Dr)、saiko(Syn,Flute)、佐藤香(Vibs,Glocken)の6人組バンド。ポストロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽、ダブステップなどを通過した奥深いサウンドと「歌モノ」としての側面、この二つの要素が違和感なく融合したサウンドが特徴。2009年にNature Blissよりデビューアルバム『Nostaldom』をリリース。青木裕(downy,unkie)をゲストに迎えたこの作品は、各方面から多くの支持を得た。2010年にはVoの森大地が主宰するレーベル、kilk recordsより2ndアルバム『Imaginary Truth』を発表。2012年には3rdアルバム『Reincanation』をリリース。2014年11月には2 年ぶりとなるフリーの配信限定シングル『Ghostly Me/TheHouseOfWafers』をリリース。一晩で1000以上のダウンロード数を獲得する。2015年3月、ライブアレンジでリテイクしたベストアルバム『Awake』をタワーレコード渋谷店限定でリリース。タワーレコード渋谷店をジャックした、前代未聞のハッシュタグを活用したO2O施策「Hashtag Awake」が大きな反響を呼び、発売からわずか1週間で200枚の売り上げを記録。タワーレコード渋谷店のウィークリーインディーズチャートの2位にランクインした。同年6月には4thアルバム『Spinal Reflex』をリリース。7月には代官山UNITでのワンマンライブも決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」