特集 PR

小島麻由美による、中東音楽の入門講座。オススメ9作を紹介

小島麻由美による、中東音楽の入門講座。オススメ9作を紹介

インタビュー・テキスト
サラーム海上
撮影:中村ナリコ
2015/07/24

デビュー20周年の節目を迎えた小島麻由美が誰も予想していなかった驚きの共演アルバム『With Boom Pam』を発表した。共演相手はイスラエル出身、地中海のサーフロックバンド・Boom Pam。ギリシャやユダヤやアラブのルーツミュージックを元に、サーフギターとベース代わりのチューバをフィーチャーし、日本でもワールドミュージックのファンやベリーダンサーを中心に人気を誇る4人組。これまでに2度来日を果たし、昨年の『フジロック』には初のイスラエルバンドとして出演している。以前から中東音楽やサーフロックなどエキゾチックな音楽を消化してきた小島ならではの冴えた縁組みだ。

今回、Boom Pamの手によって生まれ変わった小島の代表曲は10曲。日本とイスラエル、アジアの東端と西端で活躍する2組は、まだ1度も会っていないにも関わらず、国境や言葉を超えた音楽ケミストリーが驚くほどバッチリ作用している。遠く離れた異国の音を完璧に自分のものにした今作に至るまでに、小島が影響を受けた9作を紹介してもらいながら、Boom Pamとの制作について語ってもらった。

(若い頃は)会ったことない人は基本的に大嫌いでした(笑)。ひねくれていたんでしょうね。今は面白ければ何だっていいですよ。

―昨年12月にCINRAで取材させていただいた時、「活動20周年記念には色々な企画を考えてる」と伺いましたが、それがこんな形になるなんて驚きました。

小島:そうですね。あの時は、『With Boom Pam』と同時にリリースするCD BOXセット(『セシルの季節 La saison de Cécile 1995-1999』)のほうは決まっていたのですが、それ以外は何も決まっていませんでした。

小島麻由美
小島麻由美

―では、『With Boom Pam』はいつ頃スタートしたのですか?

小島:今年の頭くらいです。20周年企画についてレコード会社やスタッフといくつか案を出した中で、Boom Pamと組むのがぶっちぎりで面白いという話になって。以前、スタッフから「こんな面白いバンドがあるよ」って彼らのCDをいただいていたんです。それを気に入って聴いていたり、YouTubeでライブ映像を見ていたところに、ちょうど20周年企画で誰かと一緒にやったら面白いという話になって。外国のバンドと共演というのも面白そうだし、特にBoom Pamは普通じゃないでしょう(笑)。彼らに連絡したら二つ返事で引き受けてくれることになりました。

―小島さんにとって共作アルバムは今回が初めてですが、20年続けてきて、何か心境の変化などもあったのでしょうか?

小島:初期の頃は自分だけで作ることにこだわっていました。でも、今は人とやっても面白いものができればいいやと思っています。カバーでも何でもやればいい。人とやることで勉強になることもあるし、自分から間口を狭くしないで色々やろうかなと、ここに来て思っています

―若い頃は同時代のミュージシャンが嫌いで、そういう人たちの音楽を全然聴かなかったそうですね。

小島:ええ、嫌いでした(笑)。あ、一緒に演奏しているミュージシャンは別ですよ。でも、会ったことない人の音楽は基本的に大嫌いでした(笑)。有名な人ほど嫌いでしたよ。ひねくれていたんでしょうね。誰かと共作するのを避けていたのも、自分の音楽に人の名前を借りるのが嫌いだったんです。大御所の名前を借りていい思いをするのが嫌でした。名前を借りてでも、自分のできることをやったほうがいいという考え方がなかったんです。若かったですね。今は面白ければ何だっていいですよ。

小島麻由美

―そんな小島さんが最初の共演相手に選んだのがBoom Pam。彼らのどんなところに惹かれましたか?

小島:まず、チューバがいて、ベースレスという編成が面白いですね。あと音階がすごく好きです。私は小さな頃から、アラビアの音階が入っている曲を聴くと、「この曲好き!」と心に残ることが多かったんです。普通のポップスやロックに、アラビックな要素が入っているだけですごく好きになる。この感じって何だろう? と長いあいだ思っていました。だから、今日は私のお気に入りのCDを持って来たんですよ。

―是非見せて下さい!

Page 1
次へ

リリース情報

小島麻由美 『WITH BOOM PAM』(CD)
小島麻由美
『WITH BOOM PAM』(CD)

2015年7月22日(水)発売
価格:2,800円(税込)
AWDR/LR2 / DDCB-12078

1. アラベスク Arabesque
2. 泡になった恋 Bubble on the beach
3. ブルーメロディ Blue melody
4. セシルのブルース Blues de Cécile
5. 蝶々 Tick-tuck
6. エレクトラ Electra
7. 蛇むすめ Snakegirl
8. トルココーヒー Turkey coffee
9. モビー・ディック Moby dick
10. 白い猫 Chat blanc

小島麻由美 『セシルの季節 La saison de Cécile 1995-1999』(4CD)
小島麻由美
『セシルの季節 La saison de Cécile 1995-1999』(4CD)

2015年7月22日(水)発売
価格:9,720円(税込)
PONY CANYON / PCCA-50211

[DISC1]
『セシルのブルース』
1. おしゃべり!おしゃべり!
2. セシルのブルース
3. スキャット・ブルース
4. 恋の極楽特急
5. 先生のお気に入り
6. ディビ・ドゥビ・ダー
7. 蜜蜂
8. 結婚相談所
9. ろば
10. 皆殺しのブルース
11. おしゃべり!おしゃべり!(インスト)
12. 恋の極楽特急(インスト)
13. 先生のお気に入り(インスト)
14. 蜜蜂(インスト)
15. 結婚相談所(インスト)
16. おしゃべり!おしゃべり!(自宅デモ)
17. セシルのブルース(自宅デモ)
18. スキャット・ブルース(自宅デモ)
19. 先生のお気に入り(自宅デモ)
20. ディビ・ドゥビ・ダー(自宅デモ)
21. 結婚相談所(自宅デモ)
22. 皆殺しのブルース(自宅デモ)
23. ショートケーキのサンバ(シングル・バージョン)
24. 地獄篇
[DISC2]
『二十歳の恋』
1. あの娘の彼
2. 真夏の海
3. 飾窓の少女
4. パレード
5. 移動式遊園地
6. マイモンキーはブルー
7. 二十歳の恋
8. 私の誕生日
9. さよなら、カエル。
10. 月夜のブルース
11. 真夏の海(自宅デモ)
12. 真夏の海(スタジオ・デモ)
13. あの娘の彼(インスト)
14. 真夏の海(インスト)
15. パレード(インスト)
16. 猫轢いちゃった(未発表)
17. マイモンキーの里帰り
18. 真っ赤な苺(「私の誕生日」歌詞違い)
19. ぱぶろっく
[DISC3]
『さよならセシル』
1. 夏の光
2. 私の運命線
3. ショートケーキのサンバ
4. 一緒に帰ろうよ
5. 嵐前の静けさ
6. プレイガーリー
7. 結婚のテーマ
8. 結婚行進曲
9. キューティー
10. セシルカットブルース
11. やられちゃった女の子
12. 夏の光(オルタネイト・ミックス/インスト)
13. 私の運命線(インスト)
14. ショートケーキのサンバ(インスト)
15. セシルカットブルース(オルタネイト・ミックス/インスト)
16. Twist no.1(インスト)
17. 嵐前の静けさ(変奏曲/インスト)
18. はつ恋
19. セシルとシリル(未発表)
20. さよならセシル(未発表)
[DISC4]
『愛のミラージュ』
1. 真夜中のパーティー
2. 私の恋人
3. ふうせん
4. ドロップ
5. Ding Ding [Doo Ron Ron]
6. Me and My Monkey on the Moon
7. 愛のミラージュ(未発表)
8. ラスト・メヌエット(未発表)
9. 青い鳥(未発表)
10. 星に願いを(オルタネイト・テイク)
11. 明日から(自宅デモ/未発表)
※縦長2CDサイズ見開きパッケージ、66Pカラーブックレット、安田謙一によるライナーノーツ付属

イベント情報

『小島麻由美デビュー20th記念ツアー「WITH BOOM PAM」』

2015年8月31日(月)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2015年9月1日(火)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:東京都 下北沢 GARDEN

出演:小島麻由美 with Boom Pam
料金:前売4,500円 当日5,000円(共にドリンク別)

『KOJIMA MAYUMI 20th Anniversary「ファイナル」』

2015年11月2日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 日本橋三井ホール
出演:
小島麻由美
ハッチハッチェル
カジヒデキ
塚本功
上野まこと
レモン
and more
料金:前売5,500円 当日6,000円(共にドリンク別)

リリース情報

Boom Pam 『THE VERY BEST OF BOOM PAM』
Boom Pam
『THE VERY BEST OF BOOM PAM』

2015年7月22日(水)発売
価格:2,700円(税込)
Tuff Beats / UBCA-1047

1. Surfing Tuba
2. Hashish / Boom Pam Vs. Radio Trip
3. Neden Saçların Beyazlamış Arkadaş / Boom Pam With Trifonas
4. Neimat Haoud / feat. Kutiman & Eyal Talmudi
5. Ars Meduplam
6. Malibu
7. Ushest
8. Shayeret harohvim / feat. Maor Cohen
9. Kova Plada
10. Suvlaki #3
11. Let Me Touch - SkaMix by Beno Hendler
12. Munt Belly Funk Remix
13. U R Mine Remix
14. Gross / Balkan Beat Box feat. Boom Pam
15. Çiçek Dağı feat. Kutiman & Eyal Talmudi
16. Black Dog / feat. Karolina
17. Boom Pam Live at Moon Romantic, Tokyo

プロフィール

小島麻由美(こじま まゆみ)

東京都出身。「古き良き時代」の音楽を愛するガールポップ・シンガー / ソングライター。1995年デビュー。現在までにオリジナルアルバム9枚、ミニアルバム2枚、シングル16枚、ライブCD1枚、ベストアルバム2枚、映像DVD2タイトルを発表。ジャケットにも多く使用される自筆イラストがトレードマークで、1999年NHK『みんなのうた』への提供曲“ふうせん”では、三千数百枚に及ぶアニメ原画も提供。映画、CMへの歌唱、曲提供多数。近年では「キッチン泡ハイター」CM曲を歌唱。2014年7月には4年ぶりのオリジナルリリースとしてミニアルバム『渚にて』、12月3日にはフルアルバム『路上』をリリース。デビュー20周年となる2015年には活発なライブ、リリースを絶賛計画中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

    菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

  2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

    川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

  3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

    清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

  4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

    Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

  5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

    アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

  6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

    『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

  7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

    大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

  8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

    ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

  9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

    アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

  10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”