特集 PR

アートシーンの磁場「P3」芹沢高志が語る「たまたま」の重要性

アートシーンの磁場「P3」芹沢高志が語る「たまたま」の重要性

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:高見知香

東京・四谷の「P3 art and environment プロジェクトスペース」で少し不思議な展覧会『回向―つながる縁起』展が行なわれている。お隣にある東長寺の「文由閣」竣工を記念して行われる同展には、オノ・ヨーコ、蔡國強、インゴ・ギュンターなど、世界的に有名なアーティストたちが名前を連ねる。

仕掛人は、帯広競馬場で開かれた『とかち国際現代アート展・デメーテル』や『ヨコハマトリエンナーレ2005』『別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」』などでディレクターやキュレーターを務め、来年初開催される『さいたまトリエンナーレ2016』のディレクターとして準備をすすめている、P3 art and environment代表の芹沢高志。

日本の現代アートに多大な影響を与える芹沢は、「回向(えこう)」をテーマとした展覧会から、いったい何を生み出そうとしているのだろうか? 同展開催の意図と共に、四半世紀にわたって携わってきた現代アートの変遷、そして自らのアート観について語ってもらった。

「寺を開放するような活動をしてほしい」というリクエストに対して、同時代の文化を紹介するスペースとして使えるように提案したんです。

―芹沢さんが代表を務める、アートを中心とした展示企画やプロデュース、編集などを手掛ける組織「P3」は、オノ・ヨーコや、蔡國強など、世界的なアーティストとも密につながりながら活動を行なっています。もともとは1989年、四谷・東長寺の400周年がきっかけで始まったそうですね。

芹沢:東長寺は、安土桃山時代に作られた歴史のある古いお寺なのですが、400周年の新伽藍建設計画に、地域や都市計画を行いながらプランナーとして活動していた僕が呼ばれたんです。新伽藍の建築設計と共に、「寺を開いていく」という目的で活動を設計してほしいということでした。そこで、亡くなった人ばかりに目を向けるのではなく、今の時代に生きている人々に寺を開放するために、境内の利用を考えました。地下に講堂を設計し、同時代の文化を紹介するスペースとして使えるようにしたんです。けれども、いったい誰が運営していくのか、という話になり、結局言い出しっぺの僕が引き受けることになった(笑)。

P3 art and environment プロジェクトスペース『回向―つながる縁起』展 撮影:忽那光一郎
P3 art and environment プロジェクトスペース『回向―つながる縁起』展 撮影:忽那光一郎

―「P3」というのも変わった名前です。

芹沢:建築現場にはプレハブ小屋が建ちますよね。本堂を建設する際にもプレハブ小屋の3階にオフィスを作って、現場を見ながら構想を詰めていったんです。だから「P3」というのは「プレハブの3階」。そこは、お坊さんがやって来たり、建設作業員が来たり、アート関係者がやって来たり、グチャグチャな場所でとても面白かった。その記憶を残すために「P3」という名前を残したんです。

―「P3」という拠点をベースに、芹沢さん自身も数々のアーティストに出会っていったのでしょうか?

芹沢:一番最初は「宇宙船地球号」の概念を提案したアメリカの思想家、バックミンスター・フラーの展覧会を手掛けました。するとそれを観るために、ドイツ人のメディアアーティスト、インゴ・ギュンターがやって来ました。彼はちょうどその頃、後に代表作となる『ワールドプロセッサー』のアイデアを思いついたばかり。世界の経済や環境に関する様々な統計データを光る地球儀上に可視化するといった説明を聞きながら「すごく面白い!」と興奮し、P3で『ワールドプロセッサー展』を開催するに至ったんです。そしてさらに、今度はインゴの作品を観るために、当時日本に留学していた蔡國強がやってきて「私は、火薬でアート作品を作っています」となっていく……。

―アーティストがアーティストを呼ぶ、特殊な磁場のようなものが生まれていった。

芹沢:想像もしていなかったアーティストと芋づる式につながっていきました。でも、僕らは美術館ではないからコレクションもできないし、コマーシャルギャラリーではないから販売するということもない。「P3」という場所しかなく、その中で付き合っていこうと思ったら、一緒に展示やプロジェクトを作っていくというスタイルになっていったんです。

芹沢高志
芹沢高志

「P3」で出会ったアーティストたちに驚かされたのは、「この人たち、誰にも頼まれてもいないのにやるのか!?」ということでした。

―「P3」がきっかけだったとはいえ、もともとプランナーとして活動されていた芹沢さんが、今のようにアートの活動に踏み切ったのはどうしてなのでしょうか?

芹沢:プランナーとしては個別の建築ではなく、ランドスケープや環境といった都市計画を中心に行っていました。その当時考えていた「エコロジカルプランニング」(環境負荷を少なくした土地利用計画)という考え方はいまだに重要だと思っていますが、同時にある種の悶々とした気持ちがあったんです。というのも、大規模なプロジェクトは1つのゴールが決まっていて、そこに向けて何をしなければいけないかがピラミッド的に作りあげられる。でも、それは、未来に対して現在が完全にがんじがらめにされること、ある一点に向けて直線的に驀進していくことを意味しています。当時は「未来はコンクリートのように固められるものなのか?」「本当にそれでいいのか?」と悩んでいた。そんなときに「P3」で出会ったアーティストたちに驚かされたのは、「この人たち、誰にも頼まれてもいないのにやるのか!?」ということでした。

―つまり、アーティストには「計画」がない。

芹沢:そうなんです。デザインとアートの違いを乱暴に表現すると、クライアントがいるかいないか。デザイナーは問題を抱えているクライアントがいて、その問題を解決に導く人。だけどアーティストは問題を解決するのではなく、問題を発見する人だから計画がいらないんです。数学の世界にも、問題を解決するのに長けた人と、問題を発見するのに長けた人がいるのですが、それによく似ていますね。ただ、アーティストを「問題発見者」というと褒めすぎなので、「あえて問題を起こす人」だと思いますが(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『回向―つながる縁起』

2015年7月11日(土)~10月12日(月・祝)
会場:東京都 新宿御苑前 P3 art and environment
時間:11:00~17:00(金曜および夜のイベント開催時は19:00まで)
休館日:火、水、木曜(9月22日~9月24日は開館)
料金:無料
主催:東長寺
企画制作:P3 art and environment

プロフィール

芹沢高志(せりざわ たかし)

951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、1989年にP3 art andenvironmentを開設。1999年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。2014年より東長寺対面のビルにプロジェクトスペースを新設。帯広競馬場で開かれた『とかち国際現代アート展デメーテル』の総合ディレクター(2002年)、『アサヒ・アート・フェスティバル』事務局長(2003年~)。『横浜トリエンナーレ2005』キュレーター。『別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」』総合ディレクター(2009年、2012年、2015年)などを務める。2014年『さいたまトリエンナーレ2016』のディレクターに就任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開