特集 PR

チャットモンチーが紐解く、Spangle call Lilli lineの謎

チャットモンチーが紐解く、Spangle call Lilli lineの謎

Spangle call Lilli line『ghost is dead』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:笹原清明

音楽とビジネスを分けて考えられるのはすごく羨ましい。スパングルにしかできないことだなって思います。(福岡)

福岡:スパングルは毎回アルバムに作品性があって、どれを聴いてもコンセプトがしっかりしてることもすごく尊敬してます。

笹原:リーダーが毎回「ああしよう、こうしよう」って言うんですよ。

福岡:ホントは自分たちも毎回違ったコンセプトを打ち出したり、新しいことをやったりしていきたいんですけど、やっぱり周りに期待されているものがあるから、必ずちょっと地続きにはなるんですよね。なので、他に仕事がある分、音楽とビジネスを分けて考えられるのはすごく羨ましいというか、スパングルにしかできないことだなって思います。

笹原:普通にバンドだけでやってたら、絶対解散してると思う(笑)。1回途切れることで、次にやるときにすごく新鮮な気持ちになれるんですよね。僕らは、1枚出したらそのあと2~3年なにもやらなかったりするから、そのあいだに他の人のライブを観たりして、「あれやってみたい」みたいな貯金も貯まっていくし。

福岡:『ghost is dead』に関しては、どんなテーマがあったんですか?

笹原:最初は、今流行ってるシティポップみたいなのも面白いねって話をしてたんだけど、作ってるうちにだんだん変わっていって。そうしたら、レコーディングの途中で「ghost」という言葉が出てきたんです。揺らいでるとか、幻っぽいとか、そういうことだと思うんだけど、音楽性よりかは、その「ghost」っていう言葉がテーマになっていった感じかな。

福岡:ジャケットも笹さん(笹原)が撮ってるんですよね? それはどうやって決めるんですか?

Spangle call Lilli line『ghost is dead』ジャケット
Spangle call Lilli line『ghost is dead』ジャケット


笹原:ミュージックビデオも全部自分たちで撮ってるから、そのときにスチールも押さえておくんだけど、ジャケットのデザインはリーダーがやってるから、「これ喜びそうだな」っていう写真を何枚か預ける感じかな。自分がクライアントだから、自分がよければそれでいいので、アー写も5回くらいしかシャッター押してないんですよ。

福岡:このアー写も自分で撮ったんですか?

Spangle call Lilli line
Spangle call Lilli line

笹原:これは三脚を立てて、サポートのメンバーにシャッター押してもらった(笑)。

やっぱり、自分じゃないものになりたくなるんでしょうね。(笹原)

福岡:スパングルってどうやって曲を作るんですか?

笹原:昔はスタジオでセッションしながら作ってたけど、メンバー全員の時間がなかなか合わないから、今回はまずオケだけ作って、それをボーカルに投げてメロディーと歌詞を考えてもらって。チャットはドラマーが抜けて曲作りの変化ってあるの?

福岡:うちらは久美子(高橋久美子。2011年に脱退)がいたときはドラムから作ってたんです。まず好きなパターンを叩いてもらって、そこにメロディーを乗せて、最後にベース。最初にメロディーを聴かせちゃうと、大体エイトビートになっちゃうから、それを避けるために、まずドラムから決めちゃうっていう。バラードをイメージして歌詞を書いたら、久美子が変拍子を叩いて、えっちゃんがスピーディーなメロディーをつけて、結果的に思ってもみなかった曲になるっていうのが三人体制のとき。今は、私が「こういうのをやりたい」っていうのをはっきりと持って、最初からそこに寄せて作ってます。

笹原:じゃあ、“シャングリラ”がバラードになる可能性もあったってこと?


福岡:そうですね。実際、“シャングリラ”は最初エイトビートでしたし(笑)。あと初期のスパングルって結構ギターを重ねてたじゃないですか? でも、途中からメンバー以外の音が増えていったのはどうしてだったんですか?

笹原:3枚目(2003年リリース『or』)までドラマーがいたんだけど、その頃は一応四人で形になるから、外から音を入れるという考えがなくて。でも、サポートのリズム隊を入れることになったら、「じゃあ、キーボードも入れよう」みたいに他の音もどんどん入れるようになった感じかな。そもそも、僕もリーダーもあんまりギターが得意じゃないから、みんなに頼ろうってことですね(笑)。今は打ち込みでなんでもできるし、音源を聴いて「ライブでどうやって演奏するんだろう?」っていうのはいくらでも想像してもらえればいいと思ってるから、最初から編集的な考え方だった。

笹原清明 撮影:福岡晃子
撮影:福岡晃子

福岡:「想像は自由」という考えはすごくスパングルらしい。チャットはライブでどうやって再現するかばかりを考えてたから、それでやることを狭めていた気がするんですよね。

笹原:僕らはライブを考えずに音源を作っているから、その分ライブが苦手なんだけど(笑)。このあいだLIQUIDROOMでライブをやって、「やっぱりライブを意識した曲も作りたいね」って話をしたりしてました。

福岡:今回のアルバムはすごくバンドっぽいなと思いました。音の距離とかも、『PURPLE』とか『VIEW』(2010年リリース、7thアルバム)のときは、普通のバンドの空間よりもだいぶ広い感じがしたけど、今は結構タイトになってて、バンド感が増したなって。

笹原:今のサポートメンバーとはもう8年ぐらいやってるから、もはやメンバーみたいなもので、それが自然に出たのかもしれない。

―スパングルはユニット的な形態から、徐々にバンドっぽくなっていって、逆にチャットはバンドから、徐々にユニットっぽい形態になってきた。それも面白いですね。

笹原:やっぱり、自分じゃないものになりたくなるんでしょうね。

福岡:そうですね。音楽をやってると、自分に飽きないように、新しいことをいろいろ探したくなります。

笹原:今は僕らよりチャットの方が自由にいろいろやってますよね(チャットは、「男陣」と題した恒岡章、下村亮介を含めた編成と、「乙女団」と称する世武裕子、北野愛子を含めた編成を使い分けながら活動中)。僕らも三人なんだから、毎回アルバムごとにメンバーを変えてもいいわけだけど、そこは「暖かい家族の中にいたい」みたいな安心感と信頼感があるのかもしれない。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Spangle call Lilli line『ghost is dead』(CD)
Spangle call Lilli line
『ghost is dead』(CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:2,916円(税込)
felicity cap-241 / PECF-1128

1. azure
2. echoes of S
3. ghost in a closet
4. escort & landing
5. feel uneasy
6. dawn draw near
7. iris
8. evoke
9. anthology of time
10. constellation
11. sogna

イベント情報

『DECEMBER'S CHILDREN<夜の部>』

2015年12月13日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 赤坂BLITZ
出演:
Spangle call Lilli line
TK from 凛として時雨

リリース情報

チャットモンチー『chatmonchy has come(Forever Edition)』(2CD)
チャットモンチー
『chatmonchy has come(Forever Edition)』(2CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:2,592円(税込)
KSCL-30011/2

[DISC1]
1. ハナノユメ
2. DEMO、恋はサーカス
3. ツマサキ
4. 惚たる蛍
5. 夕日哀愁風車
6. サラバ青春
[DISC2]
・ライブ音源
※初回仕様のみブック型特殊パッケージ、「Forever Edition」第1弾全タイトル購入者特典応募券封入

チャットモンチー『耳鳴り(Forever Edition)』(2CD)
チャットモンチー
『耳鳴り(Forever Edition)』(2CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:3,672円(税込)
KSCL-30013/4

[DISC1]
1. 東京ハチミツオーケストラ
2. さよならGood bye
3. ウィークエンドのまぼろし
4. ハナノユメ(ALBUM Mix)
5. どなる、でんわ、どしゃぶり
6. 一等星になれなかった君へ
7. おとぎの国の君
8. 恋の煙(ALBUM Mix)
9. 恋愛スピリッツ
10. 終わりなきBGM
11. プラズマ
12. メッセージ
13. ひとりだけ
[DISC2]
・ライブ音源
※初回仕様のみブック型特殊パッケージ、「Forever Edition」第1弾全タイトル購入者特典応募券封入

チャットモンチー『生命力(Forever Edition)』(2CD)
チャットモンチー
『生命力(Forever Edition)』(2CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:3,672円(税込)
KSCL-30015/6

[DISC1]
1. 親知らず
2. Make Up! Make Up!
3. シャングリラ
4. 世界が終わる夜に
5. 手のなるほうへ
6. とび魚のバタフライ
7. 橙
8. 素直
9. 真夜中遊園地
10. 女子たちに明日はない
11. バスロマンス
12. モバイルワールド
13. ミカヅキ
[DISC2]
・ライブ音源
※初回仕様のみブック型特殊パッケージ、「Forever Edition」第1弾全タイトル購入者特典応募券封入

チャットモンチー『告白(Forever Edition)』(2CD)
チャットモンチー
『告白(Forever Edition)』(2CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:3,672円(税込)
KSCL-30017/8

[DISC1]
1. 8cmのピンヒール
2. ヒラヒラヒラク秘密ノ扉(Album Mix)
3. 海から出た魚
4. 染まるよ
5. CAT WALK
6. 余談
7. ハイビスカスは冬に咲く
8. あいまいな感情
9. 長い目で見て
10. LOVE is SOUP
11. 風吹けば恋
12. Last Love Letter(Album Ver.)
13. やさしさ
[DISC2]
・ライブ音源
※初回仕様のみブック型特殊パッケージ、「Forever Edition」第1弾全タイトル購入者特典応募券封入

イベント情報

チャットモンチー
『チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!』

2015年11月11日(水)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 九段下 日本武道館

イベント情報

チャットモンチー
『チャットモンチーのちょうど10周年のBillboard、前夜と今夜』

2015年11月22日(日)
会場:東京都 六本木 Billboard Live TOKYO
[1]OPEN 15:30 / START 16:30
[2]OPEN 18:30 / START 19:30

2015年11月23日(月・祝)
会場:東京都 六本木 Billboard Live TOKYO
[1]OPEN 15:30 / START 16:30
[2]OPEN 18:30 / START 19:30

プロフィール

Spangle call Lillii line(すぱんぐる こーる りりー らいん)

1998年結成。メンバーは大坪加奈、藤枝憲、笹原清明の3人。 今までに10枚のオリジナルアルバムなど数々の作品をリリース。様々なコンピレーションアルバムなどにも参加。大坪による「NINI TOUNUMA」名義ソロ作品や、藤枝&笹原による「点と線」名義でのリリース、国内外のアーティストの作品への参加など、サイドプロジェクト等も活動中。2015年11月11日、5年半ぶりとなるフルアルバム『ghost is dead』をリリース。

チャットモンチー

橋本絵莉子を中心に2000年徳島にて結成。2004年春に橋本(Gt,Vo)、福岡晃子(Ba,Cho)、高橋久美子(Dr,Cho)の体制となり、2005年11月『chatomonchy has come』でメジャーデビュー。2011年10月より橋本と福岡の2ピース体制となり、楽曲ごとに担当楽器を変えるフリーフォームな形で録音したアルバム『変身』(オリコン初登場2位)をリリース。2014年8月に、恒岡章(Dr / Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、下村亮介(Key, G / the chef cooks me)という男性サポート2名を迎えた4人体制(男陣)で活動を発表。2015年1月には、世武裕子(Pf,Synth)、北野愛子(Dr / DQS, nelca / ex.your gold, my pink)という女性2名を迎えた4人体制(乙女団)での活動も発表。結成10周年にあたる2015年の5月13日に、6枚目のアルバム『共鳴』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催