特集 PR

親子はいつだってすれ違う。「育児放棄」が描き出した家族への愛

親子はいつだってすれ違う。「育児放棄」が描き出した家族への愛

あうるすぽっと『TUSK TUSK』
インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:豊島望

『第57回カンヌ国際映画祭』で、柳楽優弥が『最優秀主演男優賞』を受賞した『誰も知らない』(監督:是枝裕和)は、母親に置き去りにされた子どもたちを描いた物語だった。この作品のベースとなっているのは、1988年に起こった「巣鴨子ども置き去り事件」。人で溢れかえる都会の片隅で、誰にも気づかれずに生活を送っていた子どもたちがいたというこの事件は、かつてセンセーショナルに報道された。

巣鴨からほど近い東池袋の劇場「あうるすぽっと」で、育児放棄(ネグレクト)を題材にした演劇『TUSK TUSK』が上演されるのは、もしかしたらそんな背景が招いた必然なのかもしれない。1986年生まれのイギリス人劇作家・ポリー・ステナムが描くのは、東京と同じ大都会ロンドンで、母親にネグレクトされた子どもたち。14歳、15歳、そして7歳という登場人物を、演出家の谷賢一は、ほぼ同じ歳の俳優たちを起用して上演する。

この作品に携わるアーティストたちは、親子関係、生育環境、貧富格差など、さまざまな要因が絡まって幼い子どもたちに牙を剥く虐待という現実をどのように捉えているのだろうか? そして、子どもたちへの虐待が報道され続ける日本においてこの作品はどのように響くのだろうか? 谷賢一とともに、今作に出演する14歳の「はるかぜちゃん」こと春名風花に話を聞くと、「虐待」というテーマを超えて、現代の社会が抱える問題について話が展開された。

※本文中に元発言と異なる記載があったため、一部文章を修正しました。

漫画や小説、ノンフィクションで、よく「虐待モノ」の作品を読んでいたんですけど……。(春名)

―『TUSK TUSK』は、19歳でデビューしたイギリス人劇作家・ポリー・ステナムによる作品です。谷さんは別のインタビューで、「この題材で、自分が書きたかった悔しさがある」とおっしゃっていましたが、それはどういうことだったんですか?

:メインの登場人物として、三人の子どもたちが登場します。彼らがどうやって、育児放棄に置かれた状況を乗り切るかを話し合うんですが、それぞれ鼻っ柱が強かったり、感情が豊かだったり、跳ねっ返りの強い部分があったりして、感情移入するところが多いんです。それに、14、15歳という年齢は、人間の核ができあがっているのに、世の中からは大人としては認めてもらえない微妙な時期。そんな年頃の子が、社会のなかにぱっと置かれて、対峙しなきゃいけないという状況もすごくおもしろい。登場人物のマギーのセリフで「こんな大きい町で、私たちなんてゼロに近い」と語られます。それぞれの考えと命を持って生きているのに、社会から無視され放り出されているんです。

『TUSK TUSK』メインビジュアル
『TUSK TUSK』メインビジュアル

―14歳の春名さんはこの戯曲を読んでいかがでしょうか?

春名:漫画や小説、ノンフィクションで、よく「虐待モノ」の作品を読んでいたんですけど……。

:そんなジャンルがあるの?(笑)

春名:『親なるもの 断崖』で有名な曽根富美子先生の描いた虐待モノの漫画『死母性の庭』『子どもたち!~今そこにある暴力~』などを、よく読んでいます。『TUSK TUSK』の台本を手にしたとき、いままで見てきた、そういった世界をより深く描いたものがあると思いました。

―春名さん演じる14歳の少女・マギーは、母親から育児放棄され、子どもたちだけで生きていかなければならない状況に置かれます。そんな特殊な役に対して、どのようにアプローチしているのでしょうか?

春名:あえて、最初から「理解しよう」とせずに稽古しています。育児放棄という状況に置かれていることは一旦無視して、たとえばマギーの「気性の荒さ」だったり、セリフの言い回しから彼女の性格を考え、そこから育児放棄という状況を考えているんです。自分のなかにもマギーのような「粗い部分」が隠れていると思うので、そういう要素を見つけ出せればと思っています。

左から:春名風花、谷賢一
左から:春名風花、谷賢一

―今作の脚本には、「可能な場合には子どもの登場人物の設定年齢と同年の、あるいはそれに非常に近い年齢の俳優が演じることとする」というト書きがあり、谷さんはそれを忠実に守ったキャスティングをされました。通常なら演出の幅を狭くしかねない、無視されてもいいこのト書きを順守したのはなぜだったんでしょうか?

:じつはオーディションの段階ではさまざまな人に会いました。10代だけでなく、設定から外れている20代の役者とも会ったんです。けれども、やっぱりなにかが決定的に違う。登場人物たちを演じるためのいちばん重要な「核」のようなものが、違ってしまう感じがしたんです。仮にすごく上手な役者が14、15歳の人物を表現しても、それは「表現されたもの」になってしまいます。この作品ではもっと、むき出しにしていった先に見えてくるものが必要だと感じたんです。

―いちばん重要な「核」とは?

:言語化することが難しいんですが……、そもそも、演劇は男性が女性を演じてもいいし、若い女性がおばあさんを演じてもいいもの。けれども、演技をする上での、人間の核になるものは必ずつながっていなければならないと思うんです。それは、もしかしたら技術や工夫では手に入れられない、その人が持っているものであり、歌舞伎なら「仁(にん)」という部分、ロックンロールなら「魂」という部分かもしれません。その核が、今回の作品では「年齢」に現れているのではないでしょうか。

Page 1
次へ

イベント情報

{作品名など}
あうるすぽっとプロデュース
『TUSK TUSK(タスク タスク)』

2015年12月10日(木)~12月13日(日)全5公演
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
作:ポリー・ステナム
演出:谷賢一
翻訳:小田島恒志、小田島則子
出演:
春名風花
太田啓斗
渡邉心
花形光音
辻しのぶ
古屋隆太
ほか
料金:一般3,500円 学生2,500円 高校生以下1,000円 豊島区民割引3,000円 障がい者割引2,500円

プロフィール

谷賢一(たに けんいち)

作家・演出家・翻訳家。1982年生まれ。DULL-COLORED POP主宰。Theatre des Annales代表。明治大学演劇学専攻、University of Kent at Canterbury, Theatre and Drama Studyにて演劇学を学んだ後、劇団を旗揚げ。ポップでロックで文学的な創作スタイルで脚本・演出ともに幅広く評価を受けている。2013年には『最後の精神分析』の翻訳・演出を手掛け、『第6回小田島雄志翻訳戯曲賞』『文化庁芸術祭優秀賞』を受賞。近年の作品に、KAAT『ペール・ギュント』(翻訳・上演台本)、PARCO『マクベス』(演出補)、東宝『死と乙女』(演出)、シアターコクーン『PLUTO』(上演台本)などがある。

春名風花(はるな ふうか)

2001年生まれ。神奈川県出身。子役として多くの映画やCMなどに出演していた。現在、NHK Eテレ『おまかせ!みらくるキャット団』出演中。他にもNHKEテレ『ストレッチマンV』レギュラー。テレビ東京『ピラメキーノ』などに出演。また、日本テレビ『偽装の夫婦』では幼稚園のみどり先生として出演し、女優としての一歩を踏み出している。舞台への出演は、朗読劇『潮騒の祈り』(2014年12月・文化放送 メディアプラスホール)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化