特集 PR

クラムボン・ミトに訊く、最高級のイヤホンでしか聴こえない音

クラムボン・ミトに訊く、最高級のイヤホンでしか聴こえない音

Just ear
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:中村ナリコ

5曲だけを選ぶというのは本当に難しいんですけど……。(ミト)

―そんな「Just ear」を手に入れて、きっとアニソンも聴き直されることだろうと思いまして……今年もアニメーション映画『心が叫びたがってるんだ。』の音楽を筆頭に、数々のアニソンや声優アーティストへの楽曲提供を行い、クラムボンのアルバムを制作する上でも「アニソンに負けないくらい曲の強度を意識した」とおっしゃるミトさんに、「Just ear」で聴くべき2015年のアニソンベスト5を選んでいただきたいのですが!

ミト:5曲だけを選ぶというのは本当に難しいんですけど……パッと思いつくのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の2ndシーズンのオープニング主題歌“Shine!!”(CINDERELLA PROJECT)ですね。あの曲はとにかくヤバかったです。1stシーズンでMONACA(主にアニメやゲームの音楽制作をするクリエイター集団)の田中秀和くんが“Star!!”を筆頭にあまたの名曲を繰り出しているのに、2ndシーズンで田中くんではなく滝澤俊輔さんの曲が主題歌になったということだけでも、素晴らしさが図り知れますよね。“Star!!”のカップリング“メッセージ”で、滝澤さんの曲のメロディーがすごかったのは覚えていたので、「なるほど」と思いましたが。今年、断トツによかったアニソンです。

―2位以下はいかがですか?

ミト:あとは、順位が選べない4曲という感じですね(笑)。アニソンはとくに、いい曲として聴くか、作品の世界観表現としての機能性の高さを評価するかの2種類に分かれるんですけど……機能性の高さで2位は、『艦隊これくしょん -艦これ-』のオープニングテーマ“海色”(AKINO from bless4)ですね。あれはハイレゾ音源がまた素晴らしい。詰まりに詰まった音像をハイレゾにしたら、レンジが広すぎて間延びした音になるんじゃないかと思っていたんですけど、とんでもない。ハイレゾのほうがAKINOさんのボーカルのダイナミクスがすごく強烈なので、これこそハイレゾ音源を「Just ear」で聴くべき曲ですね。

―単純に「いい曲」としての2位もあるということでしょうか。

ミト:音場的なふくよかさでいうと、『アルドノア・ゼロ』の第2クールのオープニング“&Z”(SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki)ですね。ロー感が素晴らしい曲だから、「Just ear」で聴くとその魅力がより体感できます。

―『進撃の巨人』などでも知られるコンポーザー・澤野弘之さんのプロジェクトですね。

ミト:あとは、電波的ソング(声色の「萌え」要素が強かったり、リスナーに中毒性を与える要素のある楽曲)としての面白さや、機能性の高さでいうと、今年一般層にも話題になっているμ'sの“Super LOVE=Super LIVE!”。ライブのコール&レスポンスだけを4分半全部やったらこうなる、ということを詰め込んだ、究極のコール&レスポンス曲です。電波的ソングを「Just ear」で聴く楽しみ方もすごくいいと思います(笑)。

―では最後にもう1曲お願いします。

ミト:『それが声優!』のエンディングテーマ“あなたのお耳にプラグイン!”(イヤホンズ)です。あれもヤバい曲でした。曲自体が、曲中曲としてアニソンの名曲が挿入されているんですよ。“残酷な天使のテーゼ”を筆頭に他人の歌を堂々と歌い上げてしまうという斬新さと強引さは、原作者でもある声優・あさのますみさんによる究極のコンセプトワークの勝利でした。私も長くアニソンを含めていろいろな楽曲を聴いてきたつもりですけど、驚いて開いた口がふさがらなかったです(笑)。

日本人に最適の文化がアニソンの核にあり、だからこそいいアニソンが生まれやすいんじゃないかと思いますね。(ミト)

―“あなたのお耳にプラグイン!”みたいに、他の楽曲を自分の楽曲に丸々入れてしまうというような発想は、ロック系のバンドマンにはないものかもしれませんね。

ミト:はい、ミュージシャンやアーティストでは絶対無理ですね。アニソンを聴く面白さのひとつはそういう意外な発想があるところにもあるし、アニソンの作家さんたちは、圧倒的なスキルと才能を持っている方が多い。懐かしいところでいうと、『らき☆すた』のオープニングテーマとして脚光を浴びた“もってけ!セーラーふく”も電波的ソングといわれがちですが、音楽的に普通は一緒にさせることのないジャンルや曲調を全部融合させた功績は大きい。そこで聴いたことのないものが生まれるから、面白いんですよね。

ミト

―なるほど。

ミト:逆にアニソン好きが好むロックには、the pillows的な要素をアニソンの定義で書き換えて超ハイブリッドにしたUNISON SQUARE GARDENみたいな存在もいます。掛け合わせの妙がアップデートされていく面白さがあるんです、アニソンには。それは日本人が得意な分野でもある。日本人に最適の文化がアニソンの核にあり、だからこそいいアニソンが生まれやすいんじゃないかと思いますね。僕もアニソン業界の片隅にいさせていただいていますが、アニソンは作品というベースがあって、作品の世界観から思ったことをパッケージできるのがいちばんの面白さであり魅力なので、ゼロから作り上げるクラムボンの楽曲とは気持ちもまるで違うんです。才能あふれる作家さんが多数いるし、革新的な楽曲がたくさんあるシーンなんですよ。だからこそ、音としてふくよかさのあるものも、電波的ソングも、「Just ear」で聴くとまた新たな楽しみ方があるんじゃないかと思いますね。

Page 3
前へ

製品情報

Just ear
Just ear

形式:密閉ハイブリッド
ドライバーユニット:ハイブリッド2ウェイ
・13.5mmダイナミック1基(ウーファー)
・バランスド・アーマチュア1基(ミッド、ハイ)
最大入力:100mW(IEC※)
※IEC(国際電気標準会議)規格による測定値
コード:約1.2mまたは約1.6m OFCリッツ線(着脱式、Y型)
プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
付属品:キャリングケース、キャリングポーチ、クリーニングツール
希望小売価格:XJE-MH1 324,000円(税込) / XJE-MH2 216,000円(税込)
※耳型採取9,720円(税込)が別途必要

イベント情報

『clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー』

2016年2月4日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO
※サイン会あり

2016年2月5日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
※サイン会なし

2016年2月7日(日)OPEN 16:00 / START 16:30
会場:鳥取県 米子 AZTiC laughs
※サイン会あり

2016年2月9日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡県 イムズホール
※サイン会なし

2016年2月11日(木・祝)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:熊本県 B.9 V-1
※サイン会あり

2016年2月18日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:静岡県 浜松 窓枠
※サイン会あり

2016年2月20日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO
※サイン会なし

2016年2月21日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:高知県 X-pt.
※サイン会あり

2016年2月23日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:広島県 SECOND CRUTCH
※サイン会あり

2016年2月24日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
※サイン会あり

2016年2月27日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
※サイン会なし

2016年3月4日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE
※サイン会あり

2016年3月5日(土)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:福島県 いわき club SONIC iwaki
※サイン会あり

2016年3月7日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:栃木県 宇都宮 HEVEN'S ROCK VJ-2
※サイン会あり

2016年3月8日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:長野県 松本 Sound Hall a.C
※サイン会あり

2016年3月10日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:石川県 金沢 AZ
※サイン会あり

2016年3月11日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:新潟県 GOLDEN PIGS RED
※サイン会あり

2016年3月17日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 新代田 FEVER
※サイン会あり

2016年3月18日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 新代田 FEVER
※サイン会あり

2016年3月21日(月・祝)OPEN 16:00 / START 16:30
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
※サイン会あり

2016年3月23日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:兵庫県 神戸 CHICKEN GEORGE
※サイン会なし

2016年3月24日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:京都府 磔磔
※サイン会あり

2016年3月26日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:神奈川県 横浜 Bay Hall
※サイン会なし

2016年4月1日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24
※サイン会なし

2016年4月3日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:北海道 帯広 MEGA STONE
※サイン会あり

2016年4月5日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
※サイン会あり

2016年4月6日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:宮城県 仙台 MACANA
※サイン会あり
料金:各公演 前売2,500円(ドリンク別)

リリース情報

クラムボン『JP』デジタルリマスター盤
クラムボン
『JP』デジタルリマスター盤(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-12304

1. はなれ ばなれ
2. いたくない いたくない
3. タイムリミット(streeya ♪ mix)
4. パンと蜜をめしあがれ(JP version)
5. ORENZI
6. 波は
7. 風邪をひいたひょうしに
8. トレモロ
9. 雲ゆき
10. Our Songs(MUSIC FAIR mix)
11. GLAMMBON
12. タイムリミット taken from an ep“はなれ ばなれ”(ボーナストラック)
13. Our Songs taken from an ep“パンと蜜をめしあげれ”(ボーナストラック)
※紙ジャケット仕様

クラムボン『まちわび まちさび』デジタルリマスター盤
クラムボン
『まちわび まちさび』デジタルリマスター盤(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-12305

1. ドギー&マギー
2. 君は僕のもの
3. まちわび まちさび
4. 月食
5. 大貧民
6. シカゴ(病み上がり)
7. ミラーボール
8. 246
9. EPIC
10. 090
11. シカゴ taken from an ep“シカゴ/246”(ボーナストラック)
※紙ジャケット仕様

クラムボン『ドラマチック』デジタルリマスター盤
クラムボン
『ドラマチック』デジタルリマスター盤(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-12306

1. ロマンチック
2. ジョージ
3. サラウンド
4. 心象21
5. レインボウ
6. 恋わずらい
7. 残暑
8. モノクローム
9. 便箋歌
10. ララバイ サラバイ
11. ドラマチック
12. 麗しのキスシーン taken from an ep“サラウンド”(ボーナストラック)
13. のんびり taken from an ep“残暑”(ボーナストラック)
※紙ジャケット仕様

ラムボン『Re-clammbon』デジタルリマスター盤
クラムボン
『Re-clammbon』デジタルリマスター盤(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-12307

1. Re-雲ゆき
2. Re-サラウンド
3. Re-華香るある日
4. Re-パンと蜜をめしあがれ
5. Re-モザイク
6. Re-はなれ ばなれ
7. Re-トレモロ
8. Re-残暑
9. Re-タイムリミット
10. Re-雲ゆき(ライブバージョン)taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya”(ボーナストラック)
11. 便箋歌(ライブバージョン)taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya”(ボーナストラック)
※紙ジャケット仕様

クラムボン『id』デジタルリマスター盤
クラムボン
『id』デジタルリマスター盤(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-12308

1. id
2. 雨
3. adolescence
4. 海の風景
5. eel restaurant
6. ロッククライミング
7. くちぶえ~wayward story~
8. 小淵沢
9. charm point
10. 道
11. ハレルヤ
12. コントラスト
13. 道 artcore ver. taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya”(ボーナストラック)
※紙ジャケット仕様

プロフィール

クラムボン

1993年、福岡出身の原田郁子(Vo,Pf)と東京で育ったミト(Ba)、そして札幌出身の伊藤大助(Dr)の三人が、同じ専門学校で出会う。95年にクラムボンを結成。99年、シングル『はなれ ばなれ』でメジャーデビュー。当初より、ライブバンドとして高い評価を得ながら、ライブやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けてきている。2015年3月25日には、9枚目となるオリジナルアルバム『triology』をリリース。2016年は全国26会場を巡る27公演のライブツアー『clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー』を2月4日より開催、会場限定の新作ミニアルバムを販売。

松尾伴大(まつお ともひろ)

ソニーエンジニアリング株式会社所属。これまでMDR-EX800ST / EX1000 / MA900 / 1R / XBシリーズをはじめ、数多くのソニーのヘッドホン・イヤホンの音響設計を手掛ける。「五代目耳型職人」とも呼ばれている。ソニーエンジニアリング(株)が展開するテイラーメイドヘッドホンのブランド「Just ear」の開発責任者。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催