インタビュー

桑田佳祐はなぜ大衆に愛される?ヒットメーカー小山薫堂が語る

桑田佳祐はなぜ大衆に愛される?ヒットメーカー小山薫堂が語る

インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:豊島望

今年の2月26日に60歳の誕生日を迎えたサザンオールスターズの桑田佳祐。その還暦祝いのメッセージとして、各界の著名人に話をうかがう特別企画。1回目の立川志の輔に続いて、今回ご登場願ったのは、放送作家にして、映画『おくりびと』の脚本家や「くまモン」の生みの親、そして『考えないヒント』『いのちのかぞえかた』をはじめとする数々の著作でも知られる小山薫堂。

桑田佳祐よりも9歳年下の小山薫堂にとって、その世代の多くの若者がそうであったように、大学生時代からサザンオールスターズ、そして桑田佳祐はあまりにも特別な存在だった。その後、テレビの世界を足がかりに数々の分野で活躍してきた小山は、時代が変化していく中で桑田佳祐の活動をどのような思いで見つめてきたのか? そこには、音楽の世界とはまったく別のフィールドで、しかし同じく大衆に向けて表現を続けてきたクリエイターにしか見えないものがあるのではないか? そんな思いからオファーをさせていただいた今回の取材は、桑田佳祐と小山の(今のところ)人生1回きりの意外な接点の話から始まった。

おそらくは照れからくるんでしょうけど、(桑田さんは)本当はもっとカッコよくできるのに、笑いに振っていって、そのカッコよさをごまかす。そこがカッコいいんですよね。

―小山さんはサザンオールスターズの大ファンであることを公言されていますが、これまでお仕事で桑田さんに関わったことはないですよね?

小山:それが1回だけあるんですよ(笑)。まだ僕は大学の4年生だったんですが、既に放送作家の仕事をしていて。日テレの特番で『メリー・クリスマス・ショー』(1986年と1987年に放送された音楽番組で、桑田佳祐が主導した)という番組があったのをご存知ですか?

小山薫堂
小山薫堂

―おお、あの伝説の!

小山:あの番組に構成作家の一人として参加していたんですよ。多分、桑田さんは覚えていらっしゃらないと思いますけど、まだアミューズが代官山に小さなオフィスを構えていた頃、そこの会議室でお会いしたのが初めてでしたね。今のテレビ界では考えられないほど時間もお金も贅沢にかけた番組で、いろいろと大変だったことを覚えています(笑)。

―大学生で桑田佳祐と仕事の現場でお会いするって、すごいことですね。

小山:ちょうどその頃、東京の大学生たちが主人公の『ふぞろいの林檎たち』(最初のシリーズは1983年放送、次のシリーズが1985年放送)で大々的にサザンの音楽が使われていて。

―小山さんはまさに、そこで描かれていた世代とドンピシャだったわけですね。

小山:そうなんですよ。だから夢中になって見てて。で、『ふぞろいの林檎たち』をやっていた大山勝美さんという演出家が、自分が通っていた大学で講師をされていたんですよ。その授業も真っ先に履修しました。

―大学では放送学科(日大藝術学部)を専攻されていたんですよね。

小山:そうです。まさに『ふぞろいの林檎たち』に影響されて、当時民生機として出たばかりのベータムービー(ソニー製のビデオカメラ)で大学時代の仲間との生活をビデオに撮って、それを編集する時には当然のようにサザンの曲をつけてましたね(笑)。

―当時のビデオカメラとかビデオデッキとかって、めちゃくちゃ高くなかったですか?

小山:ウチの親父がソニーマニアで、ソニーの新商品だったら買ってもらえたんですよ。ウォークマンも誰よりも早く買ってもらって。

―いいご家庭ですね(笑)。

小山:でも、ビデオデッキ1台だと編集はできないので、当時付き合っていた女の子をうまく言いくるめて、同じビデオデッキをもう1台買わせて(笑)。その子の両親がいない間をぬって、ウチにあるビデオデッキをその子の家に持っていって、そこで2台並べてビデオの編集をしてましたね。

小山薫堂

―そして、そこではずっとサザンの音楽が流れていた。

小山:本当に、青春時代にはずっとサザンがBGMのように流れていた感じでしたね。

―その後、小山さんはテレビの放送作家の仕事をはじめとして、様々な分野で活躍されていくわけですが。これまで仕事をしてきた上で、サザンの音楽、桑田さんの音楽から受けた影響のようなものがあるとしたら、それはどんなものなのでしょうか?

小山:影響かどうかはわかりませんけど、桑田さんの作品の作り方をずっと見ながら、いつも「カッコいいなぁ」と思ってきましたね。自分はどちらかというとベタなものをやってきたんですけど、桑田さんの表現にはいつもちょっとズラシがあって。おそらくは照れからくるんでしょうけど、やんちゃ坊主的なところがあるじゃないですか。本当はもっとカッコよくできるのに、笑いに振っていって、そのカッコよさをごまかす。そこがカッコいいんですよね。常に人々と同じ目線に立って、同じものを見つめている感じ。普通、あれほど売れているミュージシャンだと、雲の上のような存在になっていって、どんどん近寄りがたくなっていくじゃないですか。でも、桑田さんはそういうところを感じさせないんですよね。

―わかります。

小山:一言で言うと、胡座をかいていないんですよね。過去にすがったようなところがまったくないし、「俺のメッセージを聞いてくれ」みたいなところもまったくない。もちろん、カリスマはカリスマであるんだけど、僕らの上に君臨しているカリスマじゃなくて、横からヒュッと飛んでくるカリスマというか。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

小山薫堂(こやま くんどう)

1964年、熊本県天草市生まれ。放送作家。脚本家。N35inc / (株)オレンジ・アンド・パートナーズ代表。東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科長。日本大学藝術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。「11PM」にてデビュー。その後「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」「東京ワンダーホテル」「ニューデザインパラダイス」など斬新な番組を数多く企画。「料理の鉄人」(1995年)「トリセツ」(2003年)は国際エミー賞に入賞した。2008年公開された「おくりびと」で初めての映画脚本に携わり、第60回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞獲得。現在テレビでは、「ZIP!」(日本テレビ)や「小山薫堂 東京会議」(BSフジ)などに携わり、テレビや映画以外でも、ライフスタイル誌のエッセイ連載、小説、絵本翻訳、作詞など、幅広い執筆活動を展開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生