特集 PR

難しい時期に来ている「美術館」の歴史を、建築家・内藤廣に聞く

難しい時期に来ている「美術館」の歴史を、建築家・内藤廣に聞く

富山県美術館
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:相良博昭

北陸新幹線の開通以降、観光地としても注目を集める富山県に、2017年、新しい美術館がオープンする。長らく愛されてきた富山県立近代美術館を改称し「富山県美術館」として生まれ変わるのだ。ロケーションも大きく変わる。富山県民・市民の憩いの場であり、世界一美しいスターバックスがあることでも有名な富岩運河環水公園の敷地内に、屋上も含めて全四層のフロアを擁する建物が現れる。

その設計を担当したのが、内藤廣である。海の博物館(三重県)、牧野富太郎記念館(高知県)など数多くの文化施設を手がけ、東京大学の教授、副学長を歴任(2001~2011年)した内藤は、表層的な造形よりも構造を重視する建築家として知られ、土地ごとの特長、素材の個性に寄り添う人物である。そんな彼に、富山県美術館にかける想いを訊ねてみた。その問いの答えからは、アートと社会の関係が見えてくるかもしれない。

富山県美術館は、技術的には最高難度の設計なんです。あまりにも構造にこだわりすぎて、その大変さがほとんど伝わらない(笑)。

―富山県美術館は2017年の開館を目指して、現在工事が進んでいます。内藤さんは同館の設計をどのように構想したのでしょうか?

内藤:富山県とは『雅樂倶・茶室』(2001年)、『リバーリトリート雅樂倶ANNEX』(2005年)でもご縁のある土地なのですが、とても美しいところですよね。立山連峰の眺望は雄大ですし、それを一望できる富岩運河環水公園もゆったりとして気持ちのいい公園です。その眺望と地形を生かすというのが第一のミッションでした。都市のランドマークになることを目指すのではなく、公園の全体構想のなかで生きる美術館にしようと思いました。

富山県美術館(完成予想図)
富山県美術館(完成予想図)

―内藤さんの作品は、切妻型の屋根やアーチ状の内部構造などが特徴だと思うのですが、今回はそれらとかなり異なっていますね。平たい三層のフロアが積み上がって、屋上には大きな庭園がありますから切妻型の屋根も見当たりません。

内藤:ぼくにとってはかなりの挑戦なんですよ。30年以上の経験があれば、おおむねやり方は見えるし予測もできる。でも、ぼくもクリエイターですから、未知の新しい領域に力を入れていきたいんです。屋上を庭園にしたのは、美術館が建設される場所にもともと「ふわふわドーム」という子どもたちに人気の遊具があったからなんですね。県知事から「ぜひ残してほしい!」という希望をいただきましたが、ぼく自身も子どもたちが遊んでいる後ろに立山連峰がそびえる風景は残したいと思っていました。だから今回は建築家としての個性はなるべく出さず……というか見えないようにしたわけです。

内藤廣
内藤廣

―これは内藤さんの建築の最大の特長だと思うのですが、表層的なデザインよりも建築全体の構造を重視していますよね。代表作の『海の博物館』(1992年)はその顕著な例で、素材の特性を徹底的にリサーチして、無駄を限界まで排して設計されました。その結果、コンクリートを用いた美しいアーチ状のデザインが生まれた。1990年という日本がバブル景気の真っ最中に、装飾的な奇抜の美ではなく、機能からシンプルな美を導き出すという、反骨精神に驚かされます。

『海の博物館』(三重県) 写真:内藤廣建築設計事務所
『海の博物館』(三重県) 写真:内藤廣建築設計事務所

『海の博物館』(三重県) 写真:内藤廣建築設計事務所
『海の博物館』(三重県) 写真:内藤廣建築設計事務所

内藤:あまりにも構造にこだわりすぎて、毎回設計は大変ですけどね(苦笑)。今回も技術的には最高難度なんですよ。これ見よがしに構造を見せていないだけで、かなり難しい構造体です。

―難しい部分というと?

内藤:メインの展示室がある2階は、巨大な空洞みたいなもので、そこに柱はほとんど立てません。前面のガラス張りになっているところに柱があるくらい。その上に3階、屋上と乗っかっていて、耐震性も当然確保しないといけないですから、本当に大変なんです。

―そうするといつものごとく、ある種の素っ気なさがありつつも、ムチャクチャ高度なことをやっている建物というわけですね……!

内藤:やればやるほど大変なのに、その大変さがほとんど伝わらないという感じです(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『水をめぐって その豊かな表情』

2016年3月12日(土)~4月3日(日)
会場:富山県 富山県立近代美術館
時間:9:30~17:00
休館日:月曜
料金:一般500円 大学生400円

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン』

2016年4月16日(土)~6月26日(日)
会場:富山県 富山県立近代美術館
時間:9:30~18:00
休館日:月曜
料金:一般1,000円 大学生750円

プロフィール

内藤廣(ないとう ひろし)

神奈川県出身。建築家・東京大学名誉教授。「海の博物館」(三重県・1992年)で芸術選奨新人賞、日本建築学会賞など、「牧野富太郎記念館」(高知県・1999年)で毎日芸術賞、村野藤吾賞など、多数受賞。富山県美術館の設計を担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」