特集 PR

ヨセミテにグランドキャニオン。アメリカの国立公園絶景めぐり

ヨセミテにグランドキャニオン。アメリカの国立公園絶景めぐり

『アメリカ・ワイルド』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:菱沼勇夫 編集:野村由芽

近年、山登りやトレッキング、そして「絶景ブーム」の盛り上がりによって、ヨセミテやグランドキャニオンといった国立公園に再び注目が集まっている。その絶景を私たちが当たり前のように楽しむことができる背景には、実はフランクリン・ルーズベルト大統領と「自然保護の父」と呼ばれるナチュラリスト、ジョン・ミューアの出会いが関係していることは、あまり一般に知られるところではないだろう。「国が自然を保護する」という二人の画期的な構想のもと、世界で初めて「国立公園制度」が正式に誕生してから今年で満100年。それを記念して、アメリカ合衆国の雄大な国立公園をIMAXカメラで捉えたパノラミックなネイチャードキュメンタリー映画『アメリカ・ワイルド』が制作された。

著名な冒険家たちとともに、息をのむほど美しいアメリカ各地の国立公園をめぐる本作。ここでは、その日本語版の「案内人 / ナレーター」に起用された小澤征悦に登場いただき、その見どころはもちろん、自身も幼少期を過ごしたというアメリカの話、さらには学生時代に行ったというアメリカ横断の話など、さまざまな話を訊いた。

(メイン画像:©Dmitri Fomin)

アメリカって、ニューヨークやロサンゼルスのイメージが強いと思うんですけど、自然以外に何にもない場所が国土のほとんどを占めている。

―小澤さんは、映画『アメリカ・ワイルド』の「案内人 / ナレーション」役を引き受けていらっしゃいますね。実際にこの映画を見て、どんな感想を持ちましたか?

小澤:まず度肝を抜かれたのが、岩と岩のあいだに手を突っ込んで、その状態で崖を登っていく冒頭のシーン。あれを見たときに、「この人たちは、何をしているんだろう?」と思ったのが、もう正直な感想ですね(笑)。あとはマウンテンバイクのシーンです。あれもすごく楽しそうだけど、ちょっと怖そうだなというか、本当にすごいことをやっているなと。

デビルスタワー Conrad Anker scales the columns of Devils Tower National Monument in Wyoming.Courtesy of MacGillivray Freeman Films.Photographer:BarbaraMacGillivray©VisitTheUSA.com
デビルスタワー Conrad Anker scales the columns of Devils Tower National Monument in Wyoming.Courtesy of MacGillivray Freeman Films.Photographer:BarbaraMacGillivray©VisitTheUSA.com

モアブの国立公園 Mountain biker Eric Porter jumps over a mushroom boulder in Moab,Utah.Courtesy of MacGillivray Freeman Films.Photographer:Barbara MacGillivray©VisitTheUSA.com
モアブの国立公園 Mountain biker Eric Porter jumps over a mushroom boulder in Moab,Utah.Courtesy of MacGillivray Freeman Films.Photographer:Barbara MacGillivray©VisitTheUSA.com

―本作に登場する三人は、プロの冒険家ですからね。

小澤:簡単にはまねできないですね(笑)。ただ、この映画を見ていて僕が一番感じたのは……こんなふうに建造物がひとつもない、見渡す限りの大自然っていうのは、本当にアメリカならではの光景であって、日本では絶対撮れないんですよね。そしてこの景色が残っているのは、かつてルーズベルト大統領が原案を作った国立公園制度のおかげであって、本当に素晴らしいことをしてくれたと言う以外にない。こういう自然を、国が制度によって守ったわけですから。そういうことがわかるだけでも、この映画の意味や意義は大きいと思います。

小澤征悦
小澤征悦

―今や日本にも国立公園はたくさんありますね。

小澤:ただ、さっき聞いたら、日本の国立公園は日本国土全体の5%しかないらしくて、アメリカに比べて非常に割合が少ないんですよ。そもそもアメリカとは国土の大きさだって全然違うわけで。だからやっぱり、アメリカの自然というものは、その生態系も含めて守られているのだとこの映画を見て改めて思いました。あと、もうひとつアメリカという国が素晴らしいなと思ったのは、国立公園制度誕生100周年記念で、こういう映画を作ってしまうことですよね。

アーチーズ国立公園 Three Penguins in Arches National Park, Courtesy of MacGillivray Freeman Films. Photographer: Barbara MacGillivray ©VisitTheUSA.com
アーチーズ国立公園 Three Penguins in Arches National Park, Courtesy of MacGillivray Freeman Films. Photographer: Barbara MacGillivray ©VisitTheUSA.com

―そういう自然との付き合い方みたいなものって、アメリカ文化の根幹に深く関わっているような気がしました。

小澤:みんなが思うアメリカって、やっぱりニューヨークとかロサンゼルスとかのイメージだと思うんですけど、本当のアメリカというのは、この映画にも登場する、中西部のあたりだったりするんですよ。要するに自然以外に何にもない場所が、国土のほとんどの地域を占めているという(笑)。その現実を理解する意味でも、この映画は本当に有意義なものだと思います。

Page 1
次へ

作品情報

『アメリカ・ワイルド』

2016年5月21日(土)から109シネマズ二子玉川、109シネマズ大阪エキスポシティ、ユナイテッド・シネマとしまえん、ユナイテッド・シネマ浦和ほかIMAX®3D版にて公開
監督:グレッグ・マクギリヴレイ
脚本:スティーブン・ジャドソン、ティム・カヒル
音楽:スティーヴ・ウッド
出演:
コンラッド・アンカー
マックス・ロウ
レイチェル・ポール
ジョー・ウィーガント
案内人:小澤征悦
配給:さらい

プロフィール

小澤征悦(おざわ ゆきよし)

1974年6月6日 カリフォルニア州出身。1998年、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』でデビュー。翌年、崔洋一監督作品『豚の報い』で映画初主演を果たし、その後、映画、テレビドラマ、舞台と幅広く活躍し、個性派俳優として高く評価されている。2016年はハリウッド映画『The Forest』の全米公開に続き、瀬々敬久監督の『64−ロクヨン−』、是枝裕和監督の『海よりもまだ深く』の公開が控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲