特集 PR

美術館と劇場が合体。ありえない状況を生む『突然ミュージアム』

美術館と劇場が合体。ありえない状況を生む『突然ミュージアム』

『オープンシアター「KAAT突然ミュージアム2016」』
インタビュー・テキスト
野路千晶
撮影:岡村大輔 編集:佐々木鋼平

5月29日まで、KAAT神奈川芸術劇場にて、ある「個性的な美術展」が開催されている。その名は『オープンシアター「KAAT突然ミュージアム2016」』。絵画、彫刻、映像などを制作する9組の現代アーティストとその作品が劇場に入り込み、見慣れた劇場を美術館へと変容させる展覧会だ。劇場で美術展を行う意味。そしてアーティストと作品にとっての「場所」とは? 同展覧会のキュレーターであり、2015年には『ヴェネツィア・ビエンナーレ』の日本館の企画も務めた神奈川芸術文化財団の学芸員、中野仁詞にも参加してもらいながら、出展アーティストの今井俊介、藤原彩人の二人に話を聞いた。

美術館やギャラリーはホワイトキューブなので、良くも悪くもですが、どんな作品でもそれなりのものに見えるんです。(今井)

―『KAAT突然ミュージアム』は、劇場がいきなり美術館になる試みだそうですが、美術と演劇って、近いようで意外に遠い業界でもありますよね。実際に劇場で展示をすることになって、新しい発見はありましたか?

藤原:美術館やギャラリーは、会場全体をコントロールしながら展示場所を決められるのに対して、劇場はいい意味で予想がつかないんです。人を誘導するための動線があちこちにあったり、混んでいるときも空いているときもあって、空間の変化が激しい。当初の設置イメージが覆されました。

『KAAT突然ミュージアム2016』展示イメージ 藤原彩人 ※実際には別の場所で展示されます
『KAAT突然ミュージアム2016』展示イメージ 藤原彩人 ※実際には別の場所で展示されます

『KAAT突然ミュージアム2016』展示イメージ 藤原彩人 ※実際には別の場所で展示されます
『KAAT突然ミュージアム2016』展示イメージ 藤原彩人 ※実際には別の場所で展示されます

今井:美術館やギャラリーはホワイトキューブなので、良くも悪くもですが、どんな作品でもそれなりのものに見えるんです。作品の周りに白い壁しか見えない状態だと、ニュートラルな状態で鑑賞できる。

藤原:そう。美術館のほうが集中して見られますよね。歴史を遡ると、彫刻はもともと建築と一体化していて、それぞれの彫刻が置かれるための空間が設計されていた。その空間が時代とともに変化し、作品にフォーカスする意味でブラッシュアップされてホワイトキューブになったとも考えられるわけだから。

―美術館やギャラリーのホワイトキューブは、作品を見せるために最適な環境なんですね。

今井:ただ、これは職業病ですが、例えば同じホワイトキューブで定期的に展示をしていると空間に飽きてしまうんです。「ここにこういう作品を置くとこう締まる」というのが経験的にわかってくる。結局、他の作家と似たような空間の使い方をしてしまうジレンマがあるんです。そこからどう崩せるかっていうおもしろさもあるのですが。

左から:今井俊介、藤原彩人
左から:今井俊介、藤原彩人

藤原:そうですね。それが作家のモチベーションになったりもしますが、あくまでも「身内」な美術に対してのアプローチかもしれません。「劇場」はなんだかんだいっても「他人」。初対面だから試行錯誤ですよね。親しくなって「飲むとそんなかんじなの!?」みたいに、フタを開けてみないとわからないところはすごくある(笑)。ただ本質的には、作家はどんな空間であれ、作品を通してアプローチしないといけないし、常に自分をそういうステージに置いていく必要があると思う。だから劇場みたいなイレギュラーな環境での展示は、すごく新鮮で勉強になります。

言われてみると、美術は一匹狼が多いかも。群れることがあまり好きじゃないというか、個人個人は熱いんだけど……。(今井)

―『KAAT突然ミュージアム』には、劇場の技術スタッフも多数参加していると聞きました。個人的な印象ですいませんが、美術系はクールな方が多い印象で、舞台系はアツい方が多い印象があるのですが、いかがでしょうか。

中野(展覧会キューレーター):たとえば舞台美術と現代美術に分けたとき、現代美術は作家が自分の思想をストレートに作品化するのに対して、舞台は複数のメンバーが1つのチームで作品化するんですよね。演出、照明、制作など、出演者が機能するために一丸となって役割をまっとうする。同じ「美術」という名前でありながら、そこはまったく違うかもしれません。

『KAAT突然ミュージアム2016』展示風景 平川祐樹 撮影:西野正将
『KAAT突然ミュージアム2016』展示風景 平川祐樹 撮影:西野正将

『KAAT突然ミュージアム2016』展示風景 志村信裕 撮影:西野正将
『KAAT突然ミュージアム2016』展示風景 志村信裕 撮影:西野正将

今井:そう言われてみると、美術は一匹狼が多いかも。群れることがあまり好きじゃないというか、個人個人は熱いんだけど……飲み会とかヒドいよね。

藤原:そう、熱いっていうかヒドい(笑)。

中野:あと美術館だと、キュレーターが展示から展覧会の実現まで、複数の役割を兼任するのですが、劇場には技術の専門家がたくさんいて、いつでも相談できるのが安心です。今回の参加アーティストでも、中スタジオで志村信裕くんは天井から床面に、小スタジオで平川祐樹くんは床面から天井に、映像作品をプロジェクション展示するのですが、その中で志村くんから「作品を俯瞰して見てほしいので、スロープを作ってくれませんか?」と要望があがった。美術館だと「予算が……」となるところですが、劇場の美術スタッフはいつものことなので、「あ、いいですよ」と二つ返事でやってくれる。

―なるほど(笑)。たしかにそういった工程は、舞台の制作ではおなじみかもしれません。

Page 1
次へ

イベント情報

『オープンシアター「KAAT突然ミュージアム2016」』

2016年5月11日(水)~5月29日(日)
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場
時間:10:00~18:00
参加作家:
青山悟(ワークショップ)
石井琢郎
今井俊介×山田晋平
今村遼佑
加藤大介
志村信裕
中村裕太
平川祐樹
藤原彩人
料金:無料(一部有料イベントあり)

プロフィール

今井俊介(いまい しゅんすけ)

1978年福井生まれ。2004年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。主な展覧会に『絵画の在りか』(東京オペラシティ アートギャラリー)、『surface / volume』(HAGIWARA PROJECTS)、『TOO YOUNG TO BE ABSTRACT』(sprout curation)、『SSS – expanded painting』(MISAKO & ROSEN)、『第8回 shiseido art egg 今井俊介展』(資生堂ギャラリー)等。現在東京在住。

藤原彩人(ふじわら あやと)

1975年、栃木県出身。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2007年から翌年にかけて、文化庁新進芸術家海外研修制度によりロンドンに滞在。主な展覧会に『未来を担う美術家達「DOMANI-明日」展2009』(国立新美術館、2009年)、『心ここにあらず』(3331gallery、2011年)、『みる、ふれる、きくアートー感覚で楽しむ美術ー』(栃木県立美術館、2014年)、『shizubi project 4 ヒトのカタチ、彫刻 津田亜紀子 藤原彩人 青木千絵』(静岡市美術館、2014年)、『Kart Lecture Room Project 藤原彩人-像ヲ作ル術-』(Gallery Kart、2014年)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)