特集 PR

オリンピックも開催する架空の国「西京国」のユーモアとは何か?

オリンピックも開催する架空の国「西京国」のユーモアとは何か?

金沢21世紀美術館『西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影・編集:佐々木鋼平

私たちにとって「国」とは何だろう? それは、個人のアイデンティティーのよりどころとなり得るものであると同時に、ときにその思想や行動に介入する脅威ともなる。金沢21世紀美術館において開催中の『西京人―西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。』展は、近年さまざまな意味で問われているそんな「国のかたち」へと思考を誘いながら、そこから自由になる術も教えてくれる展覧会だ。「西京人」は、それぞれ日本、中国、韓国出身のアーティストの小沢剛、チェン・シャオション、ギムホンソックによるユニットで、会場には彼らの架空の国「西京国」が築かれている。お互いの家族をも巻き込む活動から見えてきた、持続的な他者との交流の重要性とは? 展示会場で小沢とギムホンソックに話を聞いた。

日中韓の三人ということで、アジア情勢に結びつけられることが多いのですが、じつはあまり関係がないんです。(小沢)

―2007年に結成された「西京人」は、日中韓のアーティスト三人によるユニットです。今日は残念ながらチェン・シャオション(中国)さんの参加が叶いませんでしたが、そもそもこの活動はどんな経緯で生まれたのですか?

小沢:日中韓の三人ということで、アジア情勢に結びつけられることが多いのですが、そうしたことはあまり関係がないんです。ぼくの関心で言うと、非西欧のアート作品を集めてパリのポンピドゥーセンターで開催された『大地の魔術師』展(1989年)の後、ぼくも含めたアジアの作家がどんどんヨーロッパで紹介されるようになった。そんななか、隣のアジアの国々のアーティストとヨーロッパで初めて知り合うということがよくあって、だったら、直接アジアの作家同士で作品を作れないかなと思ったのがきっかけでした。

西京人
西京人

―じゃあ、結成以前からみなさんはお知り合いだった?

小沢:そうなんです。いろんな場所で顔を合わせていました。でも、文化交流などの名目でみんなが一つの会場に展示するわけですけど、単に同じ場所に作品を展示しただけで交流と呼べるのか? という疑問があって。それで、2005年にまず(チェン・)シャオションとユニットを組み、2007年に共通の知人だったギムホンソックを誘って「西京人」を始めました。

ギム:ぼくは1990年代のほとんどをドイツで過ごしたのですが、小沢さんも言った通り、当時のアートシーンでは反植民地的な思想が盛り上がりを見せていました。なので「西京国という新しい国を作ろう」というぼくたちのコンセプトはすんなり受け入れられた。一方、このコンセプトと実情に開きがあったのも事実です。特に現代化の遅れた韓国にとって、日本は半分「西洋」で、近くて遠い憧れの対象でした。また当然、歴史観の違いなどもある。

西京人『第4章:アイラブ西京−西京国大統領の日常』2009
西京人『第4章:アイラブ西京−西京国大統領の日常』2009

―協働作業を進めるなかで、そうした歴史観の違いは障壁にならなかったのでしょうか?

小沢:ぼくらは拙い英語でコミュニケーションしているのですが、議論できるほどの豊富なボキャブラリーを持っていませんからね(笑)。下手な英語で見切り発車のように計画を立て、作品を作っていく。誤解があったとしても、そうした経験の繰り返しで、どんどん距離感が狭まっていきました。

ギム:メンバーそれぞれの歴史観について、すれ違いや衝突が生まれるのはイヤでした。でも、日中韓のバックグラウンドを抜きに対話したことから、可能性が見えてきた。それは単純に「日中韓の違い」に触れないのではなくて、自分たち自身の話をしたわけなんです。

ギムホンソック、小沢剛
ギムホンソック、小沢剛

―国を背負って対話するのではなく、あくまで個人的に対話すると。

小沢:そうです。一方で食文化など、共通項も多くありました。今回の展覧会タイトル『西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。』は、仏教の考え方を参考にシャオションが提案してくれたのですが、そういった東洋的な思想も、学習したというより、お互いにいつのまにか身についているものですよね。

ギム:日中韓に限らず、義務教育の目的の一つは、愛国心を養うことだと思います。愛国心を教育してこそ人は所属感を獲得できるので、それ自体は悪いことではありません。でもぼくは、それよりも人間愛や、故郷愛のほうが重要ではないかと思っているんです。どうしても韓国は日本に偏見を持ちがちですし、その逆もありますよね。架空の国を作る「西京人プロジェクト」は、そんな誤解を乗り越えるためのツールにもなり得るし、そこすらも超えて、ぼくの人生プロジェクトのようなものになっているんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『西京人―西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。』

2016年4月29日(金・祝)~8月28日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休場日:月曜(7月18日、8月15日は開場)、7月19日
料金:一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上800円

レクチャー&ディスカッション
2016年7月2日(土)13:00~15:00
会場:石川県 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
出演:
ホウ・ハンルウ
ギムホンソック
小沢剛
定員:90名
料金:無料
※当日10:00から整理券配布

ワークショップ
『ふくろの国へようこそ』

2016年7月23日(土)10:00~12:00、14:00~16:00
講師:小沢剛
定員:各回先着20名(小学生以下対象)
※未就学児はワークショップに参加できる保護者の同伴が必要です
料金:無料

プロフィール

小沢剛(おざわ つよし)

1965年東京生まれ、埼玉在住。個展『同時に答えろYesとNo!』(森美術館、2004年)、『透明ランナーは走りつづける』(広島市現代美術館、2009年)、『帰って来たペインターF』(資生堂ギャラリー、2015年)。グループ展『第50回ヴェネチア・ビエンナーレ』、『第5回アジア・パシフィック・トリエンナーレ』(クイーンズランド・アート・ギャラリー、2006年)、『プロスペクト2』(現代美術センター、ニューオリンズ、2011年)など。

ギムホンソック

1964年ソウル生まれ、在住。個展『REDCAT』(ロサンゼルス、2004年)、アート・ソンジェ・センター(ソウル、2011年)、プラトー・サムソン美術館(ソウル、2013年)。グループ展『第50回、第51回ヴェネチア・ビエンナーレ』『第10回イスタンブール・ビエンナーレ』『第4回、第6回、第9回広州ビエンナーレ』『Brave New Worlds』(ウォーカー・アート・センター、2007年)、『Laughing in Foreign Languages』(ヘイワード・ギャラリー、2008年)、『Your Bright Future』(ロサンゼルス州立美術館、2009年)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告