特集 PR

多摩センターでフェス開幕 DE DE MOUSE×FUKAIPRODUCE羽衣

多摩センターでフェス開幕 DE DE MOUSE×FUKAIPRODUCE羽衣

『パルTAMAフェス2016 in 多摩センター』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:菱沼勇夫 編集:野村由芽

東京郊外のベッドタウン、多摩センター。いわゆるニュータウンと呼ばれるこの場所で、今年も音楽と演劇のフェスティバルが行われる。その名は『パルTAMAフェス2016 in 多摩センター』。昨年まで続いた『多摩1キロフェス』の成果を引き継ぐ同イベントには、今年で4年連続の登場となるDE DE MOUSE、そして人生の喜怒哀楽を音楽劇として届ける劇団「FUKAIPRODUCE羽衣」がニューカマーとして参加する。DE DE MOUSE、そして羽衣の作・演出・音楽を担当する糸井幸之介を招き、それぞれの表現に対する思い、『TAMAフェス』への抱負を聞いた。

パルテノン多摩はギリシャ風の壮大な場所じゃないですか。上演も日没手前くらいの時間からスタートしますし、これはもうほっといても素敵になるだろう、と。(糸井)

―お二人は今日が初対面だそうですね。

DE DE MOUSE(以下DE DE):そうなんです。映像でFUKAIPRODUCE羽衣の作品を拝見したのですが、糸井さんは脚本も演出も振付も美術も、全部自分でやってらっしゃるんですね。

糸井:最近は手が回らなくなってきていて、振付周りなんかはお願いすることも増えていますけど、そうですね。

左から:DE DE MOUSE、糸井幸之介
左から:DE DE MOUSE、糸井幸之介

DE DE:もともと音楽はやっていたんですか? 『夕暮CDショップ』や『浴槽船』はミュージカル調というよりも、韻を踏んだり、語りと歌唱の間なんかがとてもラップっぽくて、□□□の空気感に近いと思ったからなんですけど。音楽に近い感性で作品を作られる方なんだな、という印象を持ちました。

糸井:音楽は好きで、ギターはかろうじて弾けます。でも好きだったというだけで楽譜も書けないから、ボイスレコーダーに思いついたメロディーを吹き込んで、それをなんとか曲に仕上げるっていう素朴なやり方ですね。

―FUKAIPRODUCE羽衣は、ミュージカルならぬ「妙ージカル」を提唱して活動する演劇団体ですね。すぐに口ずさめる耳馴染みのよいメロディーにのせて、男女の恋だとか、ごく一般的な市井の人の悲しみや喜びを歌にしている。

糸井:音楽劇というか、歌劇というか。人間のささやかなドラマを熱量たっぷりで歌っていくみたいなことになっています。ごく初期は、お芝居の中にちょこっと歌が出てくるっていう感じだったんですけど、だんだん全体が歌に包まれているようになってきました。

―9月17日、18日に開催される『パルTAMAフェス2016 in 多摩センター』(昨年までの『多摩1キロフェス』から改名)には、新作『愛いっぱいの愛を』で初参加されますが、どんな内容になる予定ですか?

糸井:うちの主宰兼看板女優に深井順子という者がいるのですが、本人を主役にして、一人の女性の他愛ない一日……夕方あたりから夜にお風呂に入るまでの時間帯を描く作品になります。彼女はいま30代後半なんですけど、それまでの人生で「こんな恋愛もあったわね。こんな出会いもあったわね」といったことを思い返しつつ、そこにこれまで羽衣で発表してきた曲が当てはまっていく、という内容ですね。

糸井幸之介

DE DE:女の一代記なんですね。でも配役を見ると、大勢の役者さんが登場しますよね?

糸井:45人くらい。クライマックスでは全員が勢揃いする予定ですが、それまでは10数名が入れ替わり立ち代わり登場して、街を行き交う恋人同士なんかを演じることで、主役を取り巻く街の風景を表現していきます。

DE DE:「きらめきの池ステージ」で上演するってことは、もう全員水浸しに?

きらめきの池
きらめきの池

糸井:中央に仮設舞台は置きますけど、そうですね。20組くらいのカップルたちがびしょ濡れになりながら歌って踊る(笑)。

パルテノン多摩がその名のとおりギリシャ風の壮大な場所じゃないですか。上演も日没手前くらいの時間からスタートしますし、これはもうほっといても素敵になるだろう、と。だから今回はその「ほっといても素敵」な感じに水を差さないようにしよう、というのがテーマです。普段やっている劇場作品だったら、「いっそ、どんよりした気持ちで帰ってもらってもかまわないぞ!」って気持ちでやっていたりするんですが。

―羽衣は、わりと苦い気持ちになる作品が多いですね。

糸井:いつもすみません(苦笑)。とにかく今回は、見に来た人が少しでも足取り軽く帰れるようなものにします。歌の量も普段より増えると思いますし、羽衣入門編といった感じかもしれないですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『パルTAMAフェス2016 in 多摩センター』

2016年9月17日(土)、9月18日(日)
会場:東京都 パルテノン多摩ほか

[きらめきの池ステージ]
パルテノン多摩×FUKAIPRODUCE羽衣
『愛いっぱいの愛を』
2016年9月17日(土)、9月18日(日)OPEN 16:45 / START 17:30
作・演出・音楽:糸井幸之介
出演:
深井順子
鯉和鮎美
澤田慎司
キムユス
新部聖子
アンサンブルキャスト
ほか
料金:パルテノン多摩友の会アテナクラブ会員2,500円 一般3,000円 学生1,500円

[大階段ステージ]
2016年9月17日(土)
出演:
原田真二
Polonets
ほか

2016年9月18日(日)
出演:
DE DE MOUSE
太田美知彦
ほか
料金:無料

プロフィール

DE DE MOUSE
DE DE MOUSE(で で まうす)

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。ライブスタイルの振れ幅も広く、多種多様のステージングを展開。これまでに数多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。昨年末には3年ぶり5枚目のフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。立て続けに8/17には夏祭りをテーマにしたEP『summer twlight』を発表。

FUKAIPRODUCE羽衣(ふかいぷろでゅーすはごろも)

2004年女優の深井順子により設立。作・演出・音楽の糸井幸之介が生み出す唯一無二の「妙―ジカル」を上演するための団体。妖艶かつ混沌とした詩的作品世界、韻を踏んだ歌詩と耳に残るメロディで高い評価を得るオリジナル楽曲、圧倒的熱量を持って放射される演者のパフォーマンスが特徴。第7回公演『よるべナイター』にて2007年度サンモールスタジオ最優秀演出賞。08年には世田谷区芸術アワード”飛翔”を受賞し、10年1月シアタートラムネクスト・ジェネレーションVol.2にて「あのひとたちのリサイタル」を再演。12年「耳のトンネル」にてCoRich舞台芸術まつり!2012春グランプリを受賞。同年、クオータースターコンテスト(演劇ぶっく・エントレ共同主催の演劇動画コンテスト)にて「浴槽船」でグランプリ受賞。09年からLIVE活動を開始。本公演以外にも活動の範囲を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図