特集 PR

250年続く窯と現代アートの異種格闘対談 水野雄介×服部浩之

250年続く窯と現代アートの異種格闘対談 水野雄介×服部浩之

『あいちトリエンナーレ2016』虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影・編集:野村由芽

8月から始まった『あいちトリエンナーレ2016』。名古屋、岡崎、豊橋の3都市を舞台とする国際芸術展には、国内外から数多くのアーティストたちが参加し、多彩な作品を展示している。だが少し目線を変えてみると、それぞれの作品の背景に、愛知県が有する伝統的な工芸や技術が強く関わっていることがわかる。

そこで今回は、『あいちトリエンナーレ2016』のキュレーターである服部浩之と、約250年にわたって瀬戸物を作ってきた瀬戸本業窯の8代目、水野雄介を招き、ちょっと変わった目線で愛知について語っていただくことにした。「旅」をテーマとする芸術祭と、長い時間のなかで作陶の腕を磨いてきた窯元。2つの視点から、芸術の役割、伝統を受け継ぐことの意味を考える。

もともと瀬戸は、流れの職人が頻繁に往来する土地でしたから、「来る者拒まず」なんですよ。(水野)

―今回の対談は、服部さんからのリクエストがきっかけなのですが、水野さんとどんなことを話したいと思ったのでしょうか?

服部:僕は『あいちトリエンナーレ2016』キュレーターチームのメンバーになって、2年近く経ちます。今回の『あいちトリエンナーレ』の大きな特徴として、多くのアーティストが愛知を訪れ滞在制作を行なっているため、必然的に「愛知県ってどんな土地なの?」という質問を作家たちから受けることが多くて。そのリサーチで訪れたのが水野さんの「瀬戸本業窯」だったんです。前回、水野さんから本業窯の成り立ちをお聞きしたところ、歴史的にも面白く、キュレーター目線から興味をかき立てられる部分も多くあったので、もっと詳しくお話を聞きたいと思いました。

左から:服部浩之、水野雄介
左から:服部浩之、水野雄介

―偶然かもしれませんが、トリエンナーレのテーマカラーであるイエローオーカー(赤みがかった黄)は、大地の色です。イエローというと本業窯で作られる黄瀬戸なども想起されますよね。トリエンナーレの出品作品にも土を素材やモチーフにしたものが多くあります。

服部:そこはキュレーションするうえで、すごく意識的だったところですね。芸術監督の港千尋さんも、早い段階から「人」や「旅」、「大地」をキーワードにしていましたし。

本業窯で作られた「黄瀬戸」の器。あたたかい黄色が特徴
本業窯で作られた「黄瀬戸」の器。あたたかい黄色が特徴

水野:前回、服部さんはアーティストさんを連れて来られたのですが、もともと本業窯にはいろんな人たちが訪れるんです。面白いところだと、窯元の六代目だった祖父の頃は、ガンディーのお孫さんが焼き物の勉強のために滞在していました。

瀬戸本業窯のギャラリー。左に見えるのが昭和54年まで使用されていた登り窯
瀬戸本業窯のギャラリー。左に見えるのが昭和54年まで使用されていた登り窯

瀬戸本業窯の登り窯。現在残っている焼成室は4室のみだが、昔はあと10室あったそう
瀬戸本業窯の登り窯。現在残っている焼成室は4室のみだが、昔はあと10室あったそう

服部:インド独立に尽力した、あのマハトマ・ガンディーですか?

水野:滞在中は身元を明かさなかったので、帰ってからはじめてわかったんですけどね(笑)。どうやら濱田庄司(明治から昭和にかけて活躍した陶芸家。日本の近代陶芸の成立に尽力した)の紹介だったようです。もともと瀬戸は、流れの職人が頻繁に往来する土地でしたから、「来る者拒まず」なんですよ。最盛期には「とりあえず瀬戸に来れば食いっぱぐれることはない」と言われるほどで。

びっくりするような厳しい縦社会の時代に作られた器を見ると、職人の勢いや野心を感じますね。それと比べると現代の器はちょっとかなわない。(水野)

服部:今だったらプラスチックなどいろんな種類の器を安く手に入れられますけど、昔は「瀬戸物」が生活必需品でしたからね。僕も愛知県出身なのですが、子どもの頃から瀬戸物市に連れて行ってもらったり、庭先に水瓶があったりして、生活の中に当たり前に瀬戸物がありました。

瀬戸本業窯で作られた水瓶など
瀬戸本業窯で作られた水瓶など

水野:テレビ番組の『開運! なんでも鑑定団』などの影響で、器にも稀少な芸術品があることが広く知られるようになりましたけど、芸術としての陶芸が日本で定着したのはここ100年くらいの話なんです。器は生活用品だし、職人自身も、器作りを日々生きていくための糧として考えていましたからね。

―瀬戸物を作っていた職人というのは、どういう人たちだったのでしょう?

水野:昔の家はたくさん子どもを生んでいたから、長男以外は10歳くらいになると、大阪や江戸など大都市の商店に丁稚奉公に行かせるのが普通でした。それは瀬戸も一緒で、やって来た子どもを窯屋の大将たちが拾って寝食の面倒を見る。と言っても、1年に2回くらい新しい着物と下駄を与えるくらいで、給金もなしの下働きとして使われるだけなのですが。

―昔の日本では当たり前にあった風景ですね。

水野:ええ。ただ15歳くらいになると下働きに甘んじることに満足できない子も現れる。それで夜中にこっそり練習をして、「山行(やまゆき)」という職人たちの慰安旅行みたいな場で、神さまに自作の器をお供えするんです。そこで大将の目に留まると、絵付け師、ろくろ師、焼き手と、次第に役割がステップアップしていって、窯屋内での発言権が増していく。今からするとびっくりするような厳しい縦社会なんですけど、その時代に作られた器を見ると、職人の勢いや野心を感じますね。それと比べると現代の器はちょっとかなわない。

服部:瀬戸本業窯のピークって、いつ頃ですか?

水野:江戸中期から後期にかけてです。明治になると、電気が開通し、機械が導入されて、質の高い手仕事はどんどん衰退していきました。瀬戸物の歴史は鎌倉時代あたりから始まるので約1000年の蓄積がありますが、本業窯は僕の代で約250年目なので、ちょうど瀬戸物のピーク時に窯を開いたわけです。

Page 1
次へ

イベント情報

『あいちトリエンナーレ2016』

2016年8月11日(木・祝)~10月23日(日)
会場:愛知県 愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内、豊橋市内、岡崎市内のまちなか

プロフィール

水野雄介(みずの ゆうすけ)

1979年、江戸時代から続く愛知県瀬戸の窯元「瀬戸本業釜」に生まれる。瀬戸の地独特の手法を守りつつ、革新的なものづくりにも挑戦。民芸運動の活動や瀬戸に残る歴史的な遺物の復興など、様々な活動を行なっている。

服部浩之(はっとり ひろゆき)

1978年愛知県生まれ。アジア各地を中心にインディペンデント・キュレーターとして活動。早稲田大学大学院修了(建築学)後、2009年から2016年まで青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]学芸員。つねに「オルタナティブなあり方」を意識の根底に据え、MACという略称を持つアートスペースを山口、ハノイ、青森などで展開。近年の企画に、十和田奥入瀬芸術祭(十和田市現代美術館、奥入瀬地域、2013)、「MEDIA/ART KITCHEN」(ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、バンコク、青森、2013−2014)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い