特集 PR

HOWL BE QUIETがすべて本音で語る、デビュー後の現実と失恋話

HOWL BE QUIETがすべて本音で語る、デビュー後の現実と失恋話

HOWL BE QUIET『サネカズラ』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子
2016/12/19

僕は自分が作った曲をすげえ聴いちゃうんですよ。自分の歌に対する根拠のない自信はすごくある。

―今後も“サネカズラ”のような自身のパーソナリティーが浮き彫りになる歌も書いていきたいと思ってますか?

竹縄:“サネカズラ”は僕がやっとたどり着いた1つの答えでもあって。自分をどこまで曲に曝け出せて、リスナーにどれだけ自分の曲を信じて聴いてもらえるか。リスナーの反応はリリースしてみないとわからないですけど、ソングライターとしての自分にとっては、それが1つの答えだと思いました。なので、今後も自分の本音を歌に乗せることはやっていきたいと思います。

―これまではどこか着飾っていたところがあった?

竹縄:今までも本音のつもりではあったんですけどね。だけど、どこかで上手くパッケージしようとしてたんだなって思います。僕はプライベートでもそういう感じなんですよ。飲み会とかでも人に壁を作っちゃって、相手からガンガンこられる分にはいいけど、自分からはいけないんです。八方美人っぽい感じが、曲にも出ちゃってたなと思います。僕のなかでは、“Dousite”の歌詞もかなり曝け出してるんです。曲調的にそういうふうには聴こえないかもしれないけど。

竹縄航太

―サウンドの振れ幅に関しては意識的に広くしていこうと思ってますか?

竹縄:サウンドに関しては、言葉を選ばずに言ってしまうとそこまで考えてなくて。バランスを見るんじゃなくて、そのとき生まれた歌に正しいアレンジを施せればそれでいいと思っています。

だから、そういう意味ではいつも森を見ずに木だけ見てるような感覚なんですよね。「この木にどうやって水をあげて、どういうふうに育てようか?」って1曲単位でしか考えられなくて。近い将来にフルアルバムを作ることになると思うんですけど、その木が10本くらい並んだときにそこで初めて「こういう森だったんだ!」って気づくと思うんですよね。

―そのあたりはけっこう戦略的に考えてると思ってたから、意外ですね。

竹縄:全然戦略的ではないですね(笑)。でも、なんでそうかというと、僕が作る歌という点に関してはブレないと確信してるからなんです。その1本の筋が通っていれば十分だなって思っています。

ナルシストっぽいですけど、僕は自分が作った曲をすげえ聴いちゃうんですよ。今日も昼にピアノスタジオに入って、ひさしぶりに3拍子のワルツっぽい曲を作ったんですね。それがすごくよくて、ここに来るまでに電車でずっとリピートして聴いてました(笑)。自分の歌に対する根拠のない自信はすごくあるんですよね。まだ根拠はないけど、絶対にいい曲しか作らないって自負してますから。

竹縄航太

この歳になると、かつて一緒にしのぎを削っていたやつらがどんどん音楽をやめていくんですよ。

―12月22日に開催されるCINRA主催の『exPoP!!!!! Vol.92』では、BOMIさん、RAMMELLS、lowtideという、音楽的にはハウルが一番異色ともいえる対バンがありますけど、その心構えはどうですか?

竹縄:アウェーのライブであればあるほど燃えるのですごく楽しみです。じつはRAMMELLSのメンバーとは昔から知り合いなんですよ。Suchmosの河西(YONCE)とRAMMELLSの(真田)徹が組んでいたOLD JOEと僕らは、高校時代からしょっちゅう対バンしてたので。知り合って7、8年くらいですね。

―どうですか、今、RAMMELLSと同じステージに立つ心境というのは。

竹縄:なんか……一周してすごくうれしい感情がありますね。「ぜってえ負けねえ」という思いもありつつ、それを飛び越えてうれしいです。この歳になると、かつて一緒にしのぎを削っていたやつらがどんどん音楽をやめていくんですよ。そんななか、僕らもRAMMELLSもまだ音楽を続けてる数少ない存在で、こうやって一緒にできるのはうれしい。その日、徹とはめっちゃひさしぶりに会いますね。楽しみです。

―最後に2017年に向けて一言いただけたら。

竹縄:フルアルバムも作りたいし、ワンマンのキャパを上げていきたいというのはもちろんなんですけど……欲を言ってもいいですか?

―もちろん。

竹縄:HOWL BE QUIETとしてもそうですけど、竹縄航太個人として、もっとリスナーに存在を知ってもらいたいです。竹縄航太という人間がHOWL BE QUIETというバンドをやっていて、竹縄航太という人間がこんな歌を歌っているということがどんどんひとり歩きしてほしい欲がすごくあります。だからこそ、これからも自分を曲に曝け出したいと思うんです。

竹縄航太

Page 3
前へ

リリース情報

HOWL BE QUIET『サネカズラ』通常盤
HOWL BE QUIET
『サネカズラ』通常盤(CD)

2016年12月14日(水)発売
価格:1,296円(税込)
PCCA-04458

1. サネカズラ
2. Higher Climber
3. Dousite

HOWL BE QUIET『サネカズラ』DAYS盤
HOWL BE QUIET
『サネカズラ』DAYS盤(CD)

2016年12月14日(水)発売
価格:1,296円(税込)
PCCA-04459

1. Higher Climber
2. サネカズラ
3. Dousite

イベント情報

『Re:ACTION ~Answer1~』

2016年12月20日(火)
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
HOWL BE QUIET
メレンゲ

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume92』

2016年12月22日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
BOMI
HOWL BE QUIET
lowtide
RAMMELLS
A11yourDays(オープニングアクト)
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

HOWL BE QUIET
HOWL BE QUIET(はうる びー くわいえっと)

竹縄航太(Vo,Gt,Pf)、黒木健志(Gt)、橋本佳紀(Ba)、岩野亨(Dr)の4人からなる神奈川県出身ピアノロックバンド。2010年結成。作詞、作曲は竹縄が担当。圧倒的な曲の世界観と歌詞で多くのリスナーからの支持を得ており、2013年12月には初のアルバム『DECEMBER』をリリースし「タワレコメン」を獲得。11月には『BIRDCAGE.EP』をリリース、リード曲“ライブオアライブ”は曽田正人原作『テンプリズム』とコラボレーションを果たし、音楽ファン以外にも高く評価され話題を集めた。2016年3月、ポニーキャニオンよりメジャーデビュー。12月14日、3rdシングル『サネカズラ』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初