特集 PR

藤井麻輝が語る、相方・森岡賢を亡くしてもminus(-)を続ける決意

藤井麻輝が語る、相方・森岡賢を亡くしてもminus(-)を続ける決意

minus(-)『O』『V』
インタビュー・テキスト
小野島大
編集:矢島由佳子

好き勝手やってるんだけど、一応二人のユニットだから。やってるプランニングは、森岡を意識してるもの。

―さきほど話に出た「自分のソロ色が強く出すぎた」とは、具体的にどういう部分を指すわけですか?

藤井:『O』でいうと前半ですかね。EDM的な要素がなくなる方向。ビートがあってもEDMではないような方向にいっちゃいそうだったので。

―作ってるうちに、これはminus(-)ではないな、と。

藤井:いや、それもminus(-)ではあるんですよ。minus(-)であることを意識して作ってるわけだから。なんていうのかな……外から見た感じ? 聴いた人が「え、こんな風になっちゃったの?」みたいな。「一人いなくなったから好き勝手やってるなー」みたいな。

―ああ、聴く人にそういう風に思われちゃうかもしれない、と。

藤井:そう思われがちな人物像なんで。ははははっ!

―(笑)。藤井麻輝だったらやらかしかねない、と。

藤井:そうそう。それはこの時点ではやるべきじゃないと思った……のかなあ。

―なるほど。では、藤井さんにとってのminus(-)とは、どういうものなんですか? 「minus(-)であることを意識して作ってる」ということは、藤井さんなりのminus(-)像があるわけですよね。

藤井:うん。好き勝手やってるんですけどね。森岡はCDが出るまで曲順を知らないとか、アレンジの最終形を聴いていないとか、今までもそうしてきたから、好き勝手やってるんだけど、一応二人のユニットだから。そういう線引きがあるのがminus(-)像なのかもしれないです。勝手にやりつつも、その勝手にやってるプランニングは、森岡を意識してるものだから。

藤井麻輝

―森岡賢とのユニットであるという前提があって、その範囲内では好き勝手にやるけど、その範疇からははみ出したくない。

藤井:うん、じゃなかったら一人でやってますからね。

―なるほど。今回その判断が働いたと。

藤井:それは常に働いてるんですけど、『O』の最初の仕上がりの直前の時期と、そのあと小野島さんのインタビューに応じた時期と、最終的に完成させたこの時期と、微妙に考え方が変わってきて、最終的には元に戻った、ということかな。

―そういう意味でも今作は森岡さん時代のminus(-)の総まとめであり到達点である。

藤井:到達点、ではないですね。でも総まとめではある。あえて言えば第一期minus(-)のお土産的な。

―仮の話をしても仕方ないですが、もし森岡さんが生きていれば、この路線をさらに突き詰めていくとか、そういうプランがあったわけですか?

藤井:そもそもminus(-)はライブ用に作ったユニットだから、作品を残すとか微塵も考えてなかったんですよ。長期展望があったかといえば、そうでもないんです。アルバムまでは出したいと思ってたので、そういう意味ではこれはちょうど区切りがいいんですよ。

minus(-)って名前でやる以上は、ミジンコみたいな大きさでも森岡賢がどこかにいるんで。

―これを完成させて、minus(-)の「次」はどうなるんですか?

藤井:ツアーをやって……。

―それから?

藤井:……どうしましょうね?

―藤井さんがフロントに立って歌うかたちを見せたわけだから、そうして続いていくのでは?

藤井:うーん……わかんない(笑)。

―必然的に藤井さんのソロユニットに近いかたちになっていく?

藤井:いや、それはないですね。minus(-)って名前でやる以上は、ミジンコみたいな大きさでも森岡賢がどこかにいるんで。

―ああ、いい話じゃないですか。

藤井:そうすか? ミジンコですよ(笑)。

―(笑)。

藤井:まあ、ミジンコほどであっても、どこかにはいるんで。

―ミジンコの大きさで残ってる森岡賢ってなんですか?

藤井:なんでしょうねえ……ちょっとした「クスッ」っていう感じとか……。

―ユーモア? 笑える感じ?

藤井:というか……「このクソ犬!」みたいな(笑)。どこかで踊れるところがあるとか。隙がなさすぎない感じ。

―ああ! なるほど、それは腑に落ちる話です。

藤井:うん。違いはそこだけだと思います。

―藤井さんが一人で作ると隙のない、徹底して完成度の高いものになるけど、minus(-)では、ちょっと笑えるような遊びの余地を残しておく。

藤井:そうですね。「クスッ」という。

―それはリスナーが聴いてもわかる違いですか?

藤井:わかると思います。昔に小野島さんが睡蓮(藤井が芍薬と組んだユニット)を観て思った感想と、minus(-)を観て思った感想の違いだと思います。どっぷり疲れる感があるかないか。

―ああ。確かに睡蓮のライブはすごいんだけど、すごすぎて、隙がなさすぎて、観終わったあとぐったり疲れてしまいますからね。

藤井:僕はとことん突き詰めて、隙は微塵も出したくないんですよ、本来は。でもそこに森岡っていう異物があって、コントロールできない部分が出てくるんです。それがあるせいで、僕的には不満のあるライブでも、対外的にはよかったりする。バグが入ってるプログラムみたいな。それがminus(-)だったりするんで。バグとしてのミジンコ(笑)。

―でもバグは大事ですよね。

藤井:本来はいらないんですよ。

―でもその不確定要素があるからこそ面白い、という部分もある。

藤井:そう。だからあえて残すのがminus(-)。

―そのバグは計算してできるものなんですか?

藤井:うん、計算してできますね、きっと。

―たとえばどういうことですか?

藤井:うーん……それは結構嫌味な話になるのでしません(笑)。

―誰に対する嫌味?

藤井:いやいや、それは人としてどうかという領域の話なので(笑)。

―そうですか(笑)。ともあれそういう要素も残して、minus(-)らしさみたいなものを続けていけるという。

藤井:ええ。人生下り坂に踏み込んで、ある意味老獪になってるんでね。そういう要素を持ったものをやるのもいいのかな、という踏ん切りがついたので、minus(-)を続ける気になったんでしょうね。

―続ける気になったのはいつなんですか?

藤井:いつだろう……結構前ですよ。

―止めるって言い出すと思ってたので、よかったですよ。

藤井:まあ、普通二人でやってて一人いなくなれば止めますよね。

―止めても文句は言われないし。

藤井:続けてく方が、文句を言われる可能性高いし。そういうことも含めて、「ま、いっか」と踏ん切れたのは……けっこう早い時期ですね。

藤井麻輝

―でも安心しました。そこまで覚悟を決めてすべて引き受けてminus(-)を続けていくんだから。

藤井:うん。まあいろいろやりたいことも出てきたので、そのうちのひとつとして続けるのは全然いいことかなって。

―ですね。minus(-)以外の活動はどんな感じですか?

藤井:とりあえず春のツアーは、Jugendgedenken(藤井とYOW-ROW(GARI)のユニット)というSCHAFTのプロトタイプみたいなユニットと、minus(-)で、一人対バンするんですけど。Jugendgedenkenもそろそろちゃんと音を作らなきゃいけない。どうするか今考えているところです。

―なるほど。minus(-)の録音物もいずれ出すんですよね?

藤井:来年の夏か秋に出せたらいいな、と。CDのボーカルは誰かゲストを探して。ライブはどうするか、その時考えます。

Page 3
前へ

リリース情報

minus(-)『o』
minus(-)
『o』(CD)

2016年12月28日(水)発売
価格:3,240円(税込)
AVCD-93573

1. The Victim
2. RZM
3. No_6
4. No_4
5. Maze
6. BEAUTY
7. LIVE
8. Descent into madness
9. No Pretending
10. Peepshow
11. B612-ver1.1

minus(-)『V』
minus(-)
『V』(Blu-ray)

2016年12月28日(水)発売
価格:5,940円(税込)
AVXD-92434

『minus (-) LIVE 2016 “ecru” 2016.02.22 (MON) LIQUIDROOM』
1. No_9
2. No_6
3. The Victim
4. LIVE(Prototype)
5. No_4
6. RZM
7. Maze
8. BEAUTY
9. Descent into madness
10. Close
11. Peepshow
12. Dawn words falling
13. B612
『minus (-) LIVE 2016 summer “Voltaire” 2016.08.13 (SAT) AKASAKA BLITZ』
1. No_9
2. No_6
3. The Victim
4. LIVE
5. No_4
6. RZM
7. Maze
8. BEAUTY
9. Descent into madness
10. No Pretending
11. Peepshow
12. Dawn words falling
13. B612
14. AFTER IMAGES

minus(-)『V』
minus(-)
『V』(2DVD)

2016年12月28日(水)発売
価格:4,860円(税込)
AVBD-92432/3

[DISC1]
『minus (-) LIVE 2016 “ecru” 2016.02.22 (MON) LIQUIDROOM』
1. No_9
2. No_6
3. The Victim
4. LIVE(Prototype)
5. No_4
6. RZM
7. Maze
8. BEAUTY
9. Descent into madness
10. Close
11. Peepshow
12. Dawn words falling
13. B612
[DISC2]
『minus (-) LIVE 2016 summer “Voltaire” 2016.08.13 (SAT) AKASAKA BLITZ』
1. No_9
2. No_6
3. The Victim
4. LIVE
5. No_4
6. RZM
7. Maze
8. BEAUTY
9. Descent into madness
10. No Pretending
11. Peepshow
12. Dawn words falling
13. B612
14. AFTER IMAGES

イベント情報

『minus(-) LIVE2016 “Vermillion #2”』

2016年12月28日(水)
会場:東京都 新宿 ReNY

『minus(-)?Jugendgedenken』

2017年3月5日(日)
会場:北海道 札幌 COLONY

2017年3月13日(月)
会場:愛知県 名古屋 ell.FITSALL

2017年3月14日(火)
会場:石川県 金沢 VANVAN V4

2017年3月16日(木)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2017年3月20日(月・祝)
会場:大阪府 心斎橋 VARON

2017年3月21日(火)
会場:福岡県 DRUM SON

プロフィール

minus(-)(まいなす)
minus(-)(まいなす)

元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢によるユニット。2014年5月に結成。ニューウェイブ、エレクトロニカ、ノイズという要素を交え、他にはないオリジナリティーに溢れたサウンドを構築。10月22日に1stミニアルバム『D』をリリースし、その後、LUNA SEA主催のフェスを始め、ヒカシュー、BELLRING少女ハート、石野卓球、SUGIZO、THE NOVEMBERSといった幅広い相手との対バンを行なう。2015年12月9日には2ndミニアルバム『G』をリリース。12月28日には新宿ReNYでのワンマンライヴを成功させた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)