特集 PR

大人になった菊池亜希子が語る伝説の子供番組『にこにこ、ぷん』

大人になった菊池亜希子が語る伝説の子供番組『にこにこ、ぷん』

『NHK-DVD にこにこ、ぷん コレクション』
インタビュー・テキスト
梶山ひろみ
撮影:森山将人 編集:宮原朋之

1982年から1992年にかけて、NHKの『おかあさんといっしょ』内で放送された人形劇『にこにこ、ぷん』。にこにこ島を舞台に繰り広げられる、猫のじゃじゃ丸、ペンギンのぴっころ、ねずみのぽろりによる、賑やかでちょっぴり切ない一話完結型の人形劇だ。

1960年にスタートした『ブーフーウー』から、現在放送中の『ガラピコぷ~』までの50年以上の年月の中で、『おかあさんといっしょ』番組内で放送されてきた人形劇は実に15作品に及ぶ。その中でも『にこにこ、ぷん』は、その人気から10年6か月の長寿作品となった。

以前から『にこにこ、ぷん』ファンを公言しており、『菊池亜希子ムック マッシュ』編集長としても活躍するモデル・女優の菊池亜希子、ぴっころをはじめとして、シータ(『風の谷のナウシカ』)やドラミ(『ドラえもん』)を演じてきた人気声優のよこざわけい子、同番組の原作・脚本の井出隆夫(昭和を代表する作詞家・山川啓介の本名名義)のマネージャーを務めた北爪努に当時の様子を語ってもらい、その人気の裏側に迫る。

「気づく」ということは生きることの基本。『にこにこ、ぷん』は何も教えはしないけれど、いろんなことに気づいてもらえるようには作ってきた。(北爪)

―『にこにこ、ぷん』(以下、『にこぷん』)は、『おかあさんといっしょ』という番組名にもかかわらず、お母さんの姿が見えないことが非常に特徴的だなと思いました。同番組の脚本を担当している井出隆夫さんも「番組を、おかあさんといっしょに見られない子もいっぱいいる」「母親という存在、おかあさん、ママという言葉を聞いた時の子どもたちの安心感というものは描くようにしています」とおっしゃっています。

北爪:お母さんが登場しないことに関しては、やはり様々な配慮からだと思います。設定としても主人公たちの側に母親がいるという状況をなるべく作らないようにしていたんですね。

菊池:『にこぷん』は、背景が夕焼けのオレンジになると切ないシーンや歌が始まる合図なんですよね。じゃじゃ丸が「かあちゃ~ん」って叫ぶんです。それを見て子供心に「かわいそうだな」って思ったし、母親のような気持ちで「じゃじゃ丸、大丈夫だよ」って。

―幼いながらお母さんの立場でも見ていたんですね。

菊池:ぽろりもよく泣いていたし。ぴっころは強かったけれど……。私のお母さんはもうすぐ帰ってくるけど、みんなはお母さんに会えないんだと思うと、複雑な気持ちになりましたね。

左から:北爪努、菊池亜希子、よこざわけい子
左から:北爪努、菊池亜希子、よこざわけい子

北爪:子供への配慮ということ以外にも、お母さんが出てくると子供の世界のバランスが崩れます。それと、サブキャラクターを極力登場させないというのが番組の原作と脚本を担当していた井出隆夫さんの方針でした。制約が多いと苦戦はするけれど、いい作品を作るためには必要なポイントだと考えていたんだと思います。

菊池:ストーリーで教訓めいたことを言おうとしていないんですよね。

菊池亜希子

北爪:井出さんは2千本以上の脚本を書かれていますけど、どの作品も、何も教ようとしていないんです、本当に。『おかあさんといっしょ』は今でこそ教育テレビの印象がありますが、もともとは総合テレビで放送していて、朝ドラと同じようにエンターテイメント番組を作る感覚で作っていたんです。

でも、気づいてもらいたいという願いは込められていて、いろんなことに気づいてもらえるようには作っています。「気づく」ということは生きることの基本です。自分で気づかなければ何もできないじゃないですか。気づくための1アイテムとして、子供たちに語りかけることができたらいいなという思いが込められていると思います。

―なぜ井出さんはあえて「教えよう」とはしないのでしょうか?

北爪:井出さんの本業が作詞家(山川啓介名義で数々の名曲を作詞していた)ということもあって、全部は言わないんです。行間を読んでもらうような、想像させるような台本でしたから。

菊池:電車ごっこをするお話を思い出しました。ぽろりがじゃじゃ丸とぴっころの二人を電車ごっこに誘ったものの、二人は違うことをやりたいと言って、どこかに行ってしまう話なんですけど、ぽろりは「寂しい」とかも言わずに「じゃあ、僕ひとりで」ってやってみるんです。

でもロープがペロンと落ちてしまって電車ごっこ遊びが成立しないんですよ。それで「あ、電車ごっこって一人じゃできないんだな」って私も気づいたし、どこかに行ってしまっていたじゃじゃ丸とぴっころもそれに気づくんですよね。

 

北爪:よくよく考えると「ひとりじゃ生きられないんだよ」というメッセージですよね。でも、それを教訓めいた形ではなく、あくまでも物語の中で自然に気づかせるように作っている。そういえば、“のんびり・のびのび”という歌があるんですけど。

よこざわ:いい歌ですよね。

北爪:<大きい子 ちびすけ 泣き虫 強い子 お日さまは みんなみんな おんなじに 照らしてる>という歌詞の歌で。きっとそこで歌われていることが、井出さんが『にこぷん』でやりたかったことの全てだと思います。

よこざわ:そう思います。「どんな子もみんな素敵なんだよ、のんびり、のびのび育っていこうよ」って。大自然の季節を感じさせてくれるような場面もいっぱい出てきましたしね。都会にいるとなかなかわからないですけど、そういったところも五感に訴えてくる感じがすばらしいですよね。

―一番のメッセージは想像力の大切さだと。

北爪:きっとそうですよね。生きていく上での普遍的なことってあると思うんです。そういうことに気づいたり、感じたりするきっかけになればいいんじゃないかと思って書いていたと思います。同じようなことを手を変え品を変え繰り返し書いていたりもしていて、それはやっぱり何回も伝えないと気づかないということがあるからだと思うんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

『NHK-DVD にこにこ、ぷん コレクション』
『NHK-DVD にこにこ、ぷん コレクション』(DVD)

2016年11月23日(水)発売
価格:3,780円(税込)
COBC-6922

1.ないってばない(1982年4月5日放送〈初回〉)
2.ぼくはかいぞく(1982年4月6日放送)
3.お日(ひ)さまありがとう(1985年5月16日放送)
4.女王(じょおう)さまがいっぱい(1985年6月8日放送)
5.シュビ・ドゥビ・パパヤ(1991年1月7日放送)
6.いつもとおんなじさようなら(1992年10月3日放送〈最終回〉)
7.おめでとう にこにこ、ぷん ~えかきうた~ (1989年1月4日放送〈古今亭志ん輔ほか〉)
8.のびのびむらのにこにこ、ぷん 1(1990年5月4日放送〈ロケ地 富良野〉)
9.のびのびむらのにこにこ、ぷん 2(1990年5月4日放送〈ロケ地 富良野〉)
10.オーストラリアのにこにこ、ぷん ~ねえ青空(あおぞら)さん~ (1993年12月15日放送)
11.オーストラリアのにこにこ、ぷん ~オーストラリアの動物(どうぶつ)ファミリー~(1993年12月20日放送)

書籍情報

『e-MOOK NHK なつかしの'80sキャラクター』
『e-MOOK NHK なつかしの'80sキャラクター』

2016年12月7日(水)発売
価格:1,498円(税込)
発行:宝島社

プロフィール

菊池亜希子(きくち あきこ)

女優・モデル。1982年、岐阜県生まれ。ドラマ・映画・CM・舞台など女優として活躍する一方著者としても活躍。「菊池亜希子ムック マッシュ」では、編集長を務め現在最新刊の10号が発売中。リンネルにて連載していた『またたび』(宝島社)が書籍化され12月12日に発売。公開中の映画「アズミ・ハルコは行方不明」に出演中。またNHK Eテレ「趣味どきっ!幸せになる 暮らしの道具の使い方。」(12/7スタート)に出演。

北爪努(きたづめ つとむ)

(有)スタジオじゃぴぽ代表取締役・プロデューサー・構成作家。作詞家井出隆夫(山川啓介)氏のマネージャーを長年務める。2011年に「にこにこぷん」の制作・キャラクター管理を行う(有)スタジオじゃぴぽの代表に就く。

よこざわけい子(よこざわ けいこ)

声優。「天空の城ラピュラ」(シータ)、「ドラえもん」(ドラミ)、エスパー魔美(魔美)ほか、一線で活躍する。ぴっころとして歌った曲は約2300曲に上る。(株)ゆーりんプロの代表を務め、よこざわけい子声優・ナレータースクールの講師として、後進の指導にあたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化