特集 PR

移住して3年経つ高木正勝に訊く、里山での発見や豊かさのヒント

移住して3年経つ高木正勝に訊く、里山での発見や豊かさのヒント

『TOMORROW パーマネントライフを探して』
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子

21人の科学者たちが「今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡する」という論文を雑誌『ネイチャー』に発表した。これを発端に、食、エネルギー、経済、教育を巡る「幸せになるための新しい暮らし」を実践している人々を訪ね、未来の社会を見つめていく映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』が12月23日より公開される。

今年、『セザール賞 ベストドキュメンタリー賞』を受賞した本作の中では先進的なエネルギー施策に取り組む欧米の国や大企業だけでなく、都市部での農業や、住宅や店舗の並ぶ街の通りや花壇に野菜やハーブを植えて、住民みんなでシェアする形の菜園、独自にあみ出した地域通貨など、ごく普通の地域の人々が当たり前のように実践している「新しい生活」が紹介されている。

今回、幼少期から暮らしていた京都府亀岡市の住宅街から里山へと移り住んだ音楽家・高木正勝にこの映画を見てもらい話を訊いた。都市の暮らしと田舎の暮らし、どちらの視点も持っている彼は、劇中で描かれる「新しい生活」について何を考えているのだろう。「都市部での悩みは田舎に来たら解決する」という高木の里山での暮らしや、その中での人とのつながりから見えた「新しい暮らし」の手がかりを紐解く。

「都会の人やからわからへんか」と言われたことがとてもショックだった。

―まず、高木さんご自身の暮らしについてお伺いしたいのですが、京都府亀岡市の住宅地に幼少期から住んでいたそうですね。

高木:僕が小学生の頃からずっと住んでいた場所は「○○が丘」という名前がつくような新興住宅地で。でも、そばには田園風景が広がっていて、市街地までも時間がかかるから、自分としては田舎に住んでいるつもりでいたんです。

高木正勝。村での写真は全て高木正勝本人からの提供
高木正勝。村での写真は全て高木正勝本人からの提供

―田舎に住んでいるつもりでいたにもかかわらず、なぜ里山に引っ越そうと思ったのですか?

高木:きっかけのひとつは、亀岡の幼稚園で言われた一言なんです。その幼稚園は丘のふもとの田園地帯にあるのですが、広い畑にビニールハウスを立てて、それを園舎にしていて。そこの園児は本当にみんなどろんこで、東南アジアの田舎とかで見かける子供たちのような勢いがあった。日本でこういう景色を見られるんだと思ってすごく感動したんです。

―その幼稚園と高木さんの暮らしに何か違いがあった?

高木:幼稚園に畑を貸している方と、人との関わりについてだとか、毎日どういう風景を見て暮らしているのかという話になったんです。そしたらその人に「都会の人やからわからへんか」と言われて。僕はその人と同じ亀岡で育ったし、同じように田舎に住んでいると思っていたから、その一言がとてもショックだったんですよ。でも確かに「わからへん」と思って。

というのも、僕が住んでいた新興住宅地がある丘の上には、神社もなければ、祭りの文化もない。人との関わりも希薄で、丘の下の世界と全く違っていたから、確かに自分は都会の人間だと初めて気づいて。それで「『田舎の人』ってどういうことなんだろう?」って考え始めたんです。

高木が現在住んでいる村の神社(提供:高木正勝)
高木が現在住んでいる村の神社(提供:高木正勝)

―自分自身に対する印象がひとつ揺らいだ出来事だったんですね。

高木:そうですね。あと、石牟礼道子さん(熊本県出身の作家。水俣と水俣病患者を描いた著書多数)の『あやとりの記』(1983年)という実体験をもとにした物語に描かれている、田舎の風景に衝撃を受けたんです。『あやとりの記』に描かれている豊かさは、僕のイメージをはるかに超えた圧倒的なものだった。僕も豊かな作品を作りたいと強く思っているのですが、今の生活をしていてもこういうものが作れるわけがないと思ったんです。

―では、豊かさみたいなものを想像して、田舎に引っ越したということですか?

高木:いえ、引っ越す前は田舎暮らしについて具体的に想像していなかったです。というか、田舎がこんなに面白いということを知りようがなかった。おばあちゃんと付き合うことがこんなに面白いことなんだとか、村の集会に出たらみんな歌うんだとか、季節の移ろいがこんなにも細やかなんだとか、祭りってこういう気分になるんだとか。祭りも観光気分で見ていても意味がなくて、参加してみて初めて感じられること、分かることがたくさんありました。

―実際に体験するまでは知りえない「こんなものがあったのか!」という感覚があったと。人との関わりの面白さも新鮮だったのでしょうか。

高木:そうですね。僕もそうでしたけど、住宅地に住んでいると隣の家の人のことを苗字くらいしか知らないし、家にも上がったことがない場合が多いと思うんです。でも、この村では道で出会ったら話をするし、お互いの家に遊びに行ったり、一緒に晩ご飯を食べたり。さらに村の集会や行事に参加したら、関わる人が一気に増えました。たとえば、手入れする人がいなくなって草が伸び放題になっている土地も、みんなで草刈りをするとちょっとしたお祭り騒ぎになります。打ち上げの宴会をしたり、楽しいものなんですよ。村も綺麗になりますしね。

Page 1
次へ

作品情報

『TOMORROW パーマネントライフを探して』

2016年12月23日(金・祝)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督:シリル・ディオン、メラニー・ロラン
出演:
シリル・ディオン
メラニー・ロラン
ロブ・ホプキンス
ヴァンダナ・シヴァ
ヤン・ゲール
ほか
配給:セテラ・インターナショナル

プロフィール

高木正勝(たかぎ まさかつ)

1979年生まれ、京都出身。2013年より兵庫県在住。山深い谷間にて。長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した「動く絵画」のような映像、両方を手掛ける作家。美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。『おおかみこどもの雨と雪』やスタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』の映画音楽をはじめ、コラボレーションも多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」