特集 PR

シナリオアート×牧野惇が作った「ファクションワールド」とは?

シナリオアート×牧野惇が作った「ファクションワールド」とは?

シナリオアート『Faction World』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:山元翔一、柏井万作

牧野さんからイメージ写真をいただいたときは、メンバーみんなで「むちゃくちゃいいね!」って言い合って、「イエーイ!」みたいな感じでした(笑)。(ハヤシ)

―そもそもお二人は、去年の7月に出たシングル『エポックパレード』のアートワークとミュージックビデオを牧野さんに依頼したところからのおつきあいですか?

ハヤシ:そうです。シングルの世界観作りから手伝っていただいたので、それも含めて今回のアルバムをトータルで牧野さんに表現してもらいたいと思って、今回も依頼しました。

―『エポックパレード』を牧野さんに依頼した理由は?

ハヤシ:あの曲は、自分たちにとってもすごく大事な曲で、自分の再出発というか、改めて見つめる場所を示すような曲だったので、アートワークも新しい感じでやりたいよねっていう話になって。

で、スタッフから牧野さんを提案されて、いろいろ過去の作品とかを見せていただいたんですけど、その色彩感とかキャラクターも含めて、全部好きやなって思って。それでお願いした感じです。

ハヤシコウスケ

―なるほど。

ハヤシ:でも実は僕、その前に牧野さんの作品と出会っていたんですよね。2015年の7月だったかな。Mr.Childrenの『未完』ツアーを長居スタジアムに観に行ったんですけど、そこで流れた映像作品が実は牧野さんの作品で、すごく壮大で感動したんですよ。だから牧野さんと仕事ができるの、ちょっと運命的な感じやなって思っていて(笑)。

―今回のアルバムのアートワークは、そこからどのようにイメージをすり合わせていったのですか?

ハヤシ:まずは、シナリオアートのメンバーで打ち合わせをしました。ベースのヤマシタがリーダーなんですけど、彼に全部託して、アルバムのレコーディング中に、牧野さんのところに一度行ってもらって。

牧野:そうそう、最初はヤマシタくんひとりだったね。メンバーが話し合ったことを、ヤマシタくんからいろいろ教えてもらうみたいな感じで。で、ヤマシタくんが言うには、まずは「ドア」が出てくると。で、そのドアの前に、これから旅に出る人がいて、みたいなイメージを話してくれて。「星に扉がついている」や「星が楽器で構成されている」というようなキーワードも出ていたかな。その話を最初に聞いたとき、僕はイラスト的な感じなのかなって思ったんですけど、イラストってちょっとかわいい印象があるじゃないですか?

牧野惇

―シングル『エポックパレード』のアートワークは、牧野さんのイラストでしたよね。

『エポックパレード』のアートワーク
『エポックパレード』のアートワーク

牧野:そうなんです。でもあれを作ったあとに、シナリオアートはバンドだし、かわいい感じだけじゃない部分もしっかり出してあげたいなって思っていて。なので、ヤマシタくんの話を聞いたあと、もう僕のほうで勝手に考えて、今の完成ジャケットにかなり近いイメージ画像を、イラストではなく写真を加工して作ってみたんです。リュックが地球みたいにみえる、というイメージを。で、それをシナリオアート側に送って、ドキドキしながら感想を待つというか。

牧野がジャケット制作前にメンバーに見せた『ファクションワールド』のイメージ画像
牧野がジャケット制作前にメンバーに見せた『ファクションワールド』のイメージ画像

―牧野さんの判断で、今回はイラストではなく、敢えて写真でいこうと。

牧野:そう、アルバムのなかに封入される「地図」も、そのとき一緒にオーダーされたんですけど、地図は絶対に僕がイラストで描いた方がいいと思ったので、それとジャケットをどう分けるかっていうのもあって。

牧野が監督を務めた『Faction World』のトレーラー映像。ジャケット写真やアーティスト写真と連動した物語が描かれている

トレーラー映像撮影の模様
トレーラー映像撮影の模様

トレーラー映像撮影の模様

牧野:地図と同様、ジャケットもそのまま僕がイラストで描くのが、いちばん簡単な方法ではあったんですけど、さっきも言ったように、生身のバンド感みたいなものを出したいっていうのがあって。それで写真にしたんですよね。

ハヤシ:僕たちとしても、『エポックパレード』のようなイラストだけじゃなくて、そこに実写のものが加わっていたら、「ファクションワールド」っていう今回のアルバムのテーマにも、すごく合うなとは思っていたので。現実と非現実が、ちょうど重なるようなイメージというか。

だから、結果すごくバッチリなものが上がってきたというか、牧野さんからイメージ写真をいただいたときは、メンバーみんなで「むちゃくちゃいいね!」って言い合って、「イエーイ!」みたいな感じでした(笑)。

『Faction World』のジャケット写真
『Faction World』のジャケット写真(Amazonで見る

トーンが暗くて暴力的なものって、作っているときはちょっと興奮するんですけど、それは美大生の勘違いというか……卒業制作で一度大失敗をしました(笑)。(牧野)

―ここでちょっと、牧野さんの経歴についてもお聞きしたいのですが。

牧野:はい、いきなり(笑)。ええと、僕はずっとアートをやってきたわけじゃないというか、急にこっちの世界に飛び込んできた人間なんですよね。特に感性なんてことを考えたことのないような、すごく普通の田舎の子どもだったんです。

―意外ですね。小さいころからすごく変わった子どもだったのかと思いました。

左から:ハヤシコウスケ、牧野惇

牧野:いやいや(笑)。そもそも将来は、科学の教師になりたいと思っていて、理科系の大学に行こうと思っていたんですよね。美術系の勉強は、いっさいしてなかったんです。ただ、名古屋大学の芸術工学部っていうところは、英語と数学とデッサンだけで入れたので、結局その大学に進学することにして。

―そこでアートに目覚めたのですか?

牧野:いや、目覚めなかったですね(笑)。『ファイナルファンタジーIV』が好きだったので、そこでちょっとCGの勉強をしようと思ったんですけど、すぐに飽きてしまったというか、これは無理だなって思って。で、そのとき、たまたまThe Beatlesの『イエロー・サブマリン』のDVDを見直す機会があったんです。小学校のころ、友だちの家で見てめちゃめちゃ笑えたから、今見ても笑えるかなと思って。ところがそのときは、笑えるどころか、アートとアニメーションの融合がものすごくて、感動してしまったんですよね。

―かなりサイケデリックというか、全然子ども向けのアニメではないですよね。

牧野:そう。で、そこから自分も手書きのアニメーションを始めるようになったんですけど、そのときにちょうど、僕の通っていた大学に、京都造形芸術大で助手をしている人が教えにきていて。

その人が、僕が描いたアニメを面白がって、京都造形大の相原信洋先生っていう、田名網敬一さん(1936年生まれ、日本を代表するグラフィックデザイナーでありアーティスト)のアニメーションとかをやっている人に見せてくれたんです。そしたら相原先生も面白がってくれて、そこから週一で、名古屋から京都造形に通うようになって。

牧野惇

―ほう。

牧野:そういう意味では、運が良かったというか。京都造形の授業が終わりそうになったときに、もうちょっとアニメーションの勉強をしたいんですって言ったら、チェコのアニメーションについて相原先生が教えてくれて。

ちょうどそのころ、Mr.Childrenの“HERO”のミュージックビデオを作った村田朋泰さんの『朱の路』(2002年)っていう作品とかを見ていて、パペットアニメってすごいなと思っていたんですよね。で、パペットアニメを調べ出すと、チェコっていうのは避けては通れない国なので、それならばと思って、チェコに行くことにしたんです。

―チェコの映像作家というと、ヤン・シュヴァンクマイエルのイメージが強いですが。

牧野:あ、もちろん僕もシュヴァンクマイエルのことはすごく好きなんですけど、あの人はシュールレアリストなので、チェコのアニメ業界では、すごく異端の人らしくて。でもまあ、トーンとしては近いものがあるというか、チェコのアニメって、わりと暗い印象がありますよね。政治的なものだったり。

左から:ハヤシコウスケ、牧野惇

―そういう「チェコっぽさ」みたいなテイストは、牧野さんの作品からも感じますが。

牧野:ああ……僕が自分のオリジナル作品を撮ると、特にその傾向が強くなるんですよね。トーンが暗くて暴力的なものって、作っているときはちょっと興奮するんですけど、それは美大生の勘違いというか……卒業制作で一度大失敗をしました(笑)。

だから、そういう表現を脱してやり始めたのが、今の仕事なんです。そこからは見る人のことを必ず意識するようにしているし、誰かに見られることを大前提に作品を作っています。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

シナリオアート『Faction World』
シナリオアート
『Faction World』初回限定盤(CD+DVD)

2017年3月8日(水)発売
価格:3,996円(税込)
KSCL-2853/4

[CD]
1. ジャーニー
2. サンライトハーモニー
3. パペットダンス
4. ジンギスカンフー
5. ビューティフルパーティー
6. コールドプラネット
7. フランキーファンキー
8. イージーオーマツリ
9. ナナヒツジ(Album Mix)
10. ラブマゲドン
11. エポックパレード

[DVD]
『ワンマンツアー2016 [Scene #2] -シンカイヘ- @EX THEATER ROPPONGI (2016.07.14)』
1. シニカルデトックス
2. ナナヒツジ
3. ナイトフライング
4. カオティックダウナー
5. トウキョウメランコリー
6. ホワイトレインコートマン
7. エポックパレード

シナリオアート
『Faction World』通常盤(CD)

2017年3月8日(水)発売
価格:3,146円(税込)
KSCL-2855

1. ジャーニー
2. サンライトハーモニー
3. パペットダンス
4. ジンギスカンフー
5. ビューティフルパーティー
6. コールドプラネット
7. フランキーファンキー
8. イージーオーマツリ
9. ナナヒツジ(Album Mix)
10. ラブマゲドン
11. エポックパレード

イベント情報

『ワンマンツアー2017 [Scene #3]-World Journey-』

2017年3月25日(土)
会場:大阪府 心斎橋 BIGCAT

2017年3月26日(日)
会場:香川県 高松 DIME

2017年3月31日(金)
会場:岡山県 岡山 CRAZY MAMA 2nd Room

2017年4月1日(土)
会場:福岡県 福岡 BEAT STATION

2017年4月2日(日)
会場:広島県 広島 CAVE-BE

2017年4月8日(土)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2017年4月9日(日)
会場:新潟県 新潟 CLUB RIVERST

2017年4月16日(日)
会場:北海道 札幌 Sound Lab mole

2017年4月21日(金)
会場:愛知県 名古屋 CLUB QUATTRO

2017年5月7日(日)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

プロフィール

シナリオアート
シナリオアート

ハヤシコウスケ(Gt / Vo)、ハットリクミコ(Dr / Vo)、ヤマシタタカヒサ(Ba / Cho)による3ピースバンド。まぶしいメロディーで、絵本のような幻想世界の“物語”を奏でる。2013年4月にリリースされたタワーレコード限定盤シングル『ホワイトレインコートマン』は、瞬く間に店頭から姿を消し、オリコンウィークリーインディーチャートで2位を獲得。2013年6月には初の全国流通盤『- DRAMATICS -』をリリース。2014年1月でミニアルバム『night walking』でメジャーデビューを果たす。2015年6月、1stフルアルバム『Happy Umbrella』をリリース。2017年3月8日、1年9ヶ月ぶりとなるフルアルバム『Faction World』を発表した。

牧野惇(まきの あつし)

1982年生まれ。チェコの美術大学UMPRUMでアニメーションを学んだのち、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。実写・アートワーク・アニメーションの領域を跨ぎ、映像•アニメーションのディレクションからアートディレクション、キャラクターデザイン、イラストレーションまで総合的に手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも