特集 PR

山縣良和×奥山理子が芸術で掘り下げる、社会と生きづらさの関係

山縣良和×奥山理子が芸術で掘り下げる、社会と生きづらさの関係

『TURNフェス2』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:野村由芽、飯嶋藍子

普段、接する機会のない文化や社会との出会いは、歴史上、つねにアーティストたちの創造性を刺激してきた。それは、その接触が、表現者に自らの属する世界のシステムや、ジャンルの本質を問い直す喜びを与えるものだったからだろう。

2015年に始まった「TURN」は、異なる背景を持った個人や社会コミュニティーの積極的な交流によって、アートの定義に揺さぶりを掛けようとしているプロジェクトだ。中核をなすのは、福祉施設やフリースクールなどにアーティストが通い、利用者や職員とのコミュニケーションを通して相互作用を生み出す「交流プログラム」。

今回は、このプログラムに参加しているファッションレーベル「writtenafterwards」のデザイナーであり、ファッション学校「ここのがっこう」を運営する山縣良和と、TURNのコーディネーターであり、障害者支援を行う社会福祉法人が運営する美術館「みずのき美術館」のキュレーターとして、福祉におけるアートとの関係を問い続けてきた奥山理子に話を訊いた。二人にとって、さまざまな背景を持った人々が交わす関係性の可能性とは何か? そこからは、人との違いをポジティブに捉え直す彼らの姿勢も見えてきた。

僕みたいに、既存のシステムにハマりたくてもハマれない子がたくさんいると思った。(山縣)

―はじめに、奥山さんが「TURN」に関わり始めた経緯を聞かせてください。

奥山:私が京都で拠点としている「みずのき」は、重度の知的障害のある方たちが暮らしている入所施設です。母の職場でもあったので、昔からよく遊びに行っていたのですが、この施設では1964年から絵画教室の取り組みが行われていて、1990年代には日本で最初のアウトサイダーアートの発信地のひとつとして注目を集めました。

左から:山縣良和、奥山理子
左から:山縣良和、奥山理子

―「みずのき」が草分けだったのですね。

奥山:はい。ただ、みずのきの取り組みは、選抜された入所者に、絵の先生が丁寧に描き方を教える、一般の美術教育に似たものだったんです。

―場所は異なるけれど、内容は美術大学などに近いものだったと。

奥山:そうです。でも、2000年代になると、制作者本人が独自に編み出したスタイルによって生み出された作品やそれを支える現場が全国に出てきて、同時に福祉も指導から支援へという転換期でもあったので、教育を行っているみずのきは方向性を見失いました。

2万点近い所蔵作品をどう扱うべきかも、職員だけでは見当がつかなくなってしまったんです。そんな中、2012年に「みずのき美術館」が開館したのですが、難しい領域を前に迷っていたところ、アーティストの日比野克彦さんに出会いました。

奥山がキュレーターを務める「みずのき美術館」(写真:阿野太一)
奥山がキュレーターを務める「みずのき美術館」(写真:阿野太一)

―日比野さんは、TURNプロジェクトの監修者ですね。

奥山:当時はまだTURNの枠組みはなく、日比野さんとは、アウトサイダーアートや障害のある人の表現について議論を重ねて。その中でアートと人生そのものとの関係まで視野を広げようとなり、「陸から海へ」というキーワードが生まれました。

人は海から陸に進化したけど、もう一度、海に戻ってみよう、息ができない不自由さの中でも、海に心地よさを感じる潜在的な可能性に気づけるんじゃないかと。そのイメージを言い換えたのが「TURN」です。

奥山理子

―なるほど。

奥山:TURNには「向きを変える」のほか、「生まれつき持っている」という意味もある。その考えを軸にした展覧会を、日比野さんを監修に迎えて行ったのですが、日比野さんから自分もTURNする現場に入りたいとの声があり、みずのきでショートステイに来ていただいて。そこで感じた手応えが東京での「交流プログラム」につながっていきました。

山縣:僕は今回日比野さんからお声がけいただいたのですが、アウトサイダーアートには、鑑賞者として心揺さぶられることが多く、もともと関心がありました。僕の運営している「writtenafterwards」も「ここのがっこう」も、ファッション業界や教育の中では完全にアウトサイダーとよく言われていたので(笑)、キーワードとしては身近だったんです。

―山縣さんはなぜここのがっこうを始められたんですか?

山縣:僕は日本とイギリスの学校でファッション教育を受けたのですが、雰囲気が全く違うんです。日本の学校では僕は挫折組だった。答えがあるものを作るのがすごく苦手で、馴染めませんでした。それがイギリスに行くと、みんなが予想していない変なものを「いいじゃん」と言う空気があって、すごく助けられたんですね。そんな場所を日本でも作ってみたかった。

山縣良和

―それがいまや9年も続き、注目されるデザイナーも輩出している。いわゆる「できる人」で周りを固めることもできるのに、そうされなかったのはなぜですか?

山縣:僕みたいに、既存のシステムにハマりたくてもハマれない子がたくさんいると思ったからです。そもそも僕自身、既存のイメージでのファッションデザイナーをやろうというより、この職業をもう少し広く考えているところがあります。生きづらかった自分が、ファッションを通して社会とどう関わるかということが活動のテーマとしてありました。そんな僕にとっては、彼らとの関わりから気づかされることが、とても多いんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『TURNフェス2』

2017年3月3日(金)~3月5日(日)
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
会場:東京都 東京都美術館1階 第1・第2公募展示室

プロフィール

山縣良和(やまがた よしかず)

1980年、鳥取県生まれ。大阪の服飾専門学校を中退、2005年にイギリスの名門セントラル・セント・マーチンズ美術大学ウィメンズウェア学科を首席卒業。2015年『LVMH Prize』に日本人初ノミネート。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。帰国後、2007年に自身のブランド「writtenafterwards」をスタート。自由で、本質的なファッションの教育の場として「ここのがっこう」を開催している。

奥山理子(おくやま りこ)

アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター、みずのき美術館キュレーター。1986年京都府生まれ。母の障害者支援施設みずのき施設長就任に伴い、12歳よりしばしば休日をみずのきで過ごす。2007年以降の法人主催のアートプロジェクトや、みずのきの農園活動にボランティアで従事した後、2012年みずのき美術館の立ち上げに携わり、現在企画運営を担う。企画、制作した主な展覧会に『ayubune 舟を作る』(2014年)、『TURN / 陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)』(2014-2015年)、『共生の芸術展「DOOR」』(京都府委託事業、2014年、2015年)、『みんなのアート -それぞれのらしさ-』(岐阜市委託事業、2015年)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。