特集 PR

チャットモンチーは永遠の挑戦者?変わり続ける二人の核心を訊く

チャットモンチーは永遠の挑戦者?変わり続ける二人の核心を訊く

チャットモンチー『Magical Fiction』
インタビュー・テキスト
三宅正一
編集:山元翔一
2017/04/07
  • 477
  • 81

友だちにも「永遠の青コーナーやな」って言われました(笑)。(福岡)

―言い換えれば、その関係性がじつにチャットらしいですよね。だからというか、デジタルサウンドを作ってもDaft Punkみたいにはならないじゃないですか。

福岡:そうですね(笑)。今回、打ち込みを導入するにあたって「どういう系でいく?」って話になって。ドラムンベースとかいろんなハイファイなジャンルの音を聴いても、なんかチャットっぽくなくて、「やっぱりウチらはPet Shop Boysやな」って結論に至ったんです(笑)。

アナログっぽさに安心感を覚えたのと、ハイファイすぎないほうが生演奏を足しやすいというのも理由としてあって。今、私はベースを弾かずにほとんどシンセを弾いてるんですけど、生っぽい電子音にえっちゃんがギターを乗せると、人間っぽいよさが出ていい塩梅になるんですよね。そのバランスに気づいて自分たちでもうれしかったです。

橋本:ライブで過去の曲たちをリアレンジしなきゃあかんってなったときに、お客さんのことを考えると、そのバランスが重要になってくるんですよ。

―ある意味では全曲が新曲のような緊張感もあるだろうし。今回のツアーでは“シャングリラ”のような代表曲もやってるんですか?

福岡:はい、やってます。

橋本:アレンジは二転三転して。

福岡:うん。二転三転して、最終的にギター&ボーカル、ベース、あとは全部打ち込みでやってます。現時点で4本ライブをやりましたけど、4本とも微妙にアレンジが違うんです(笑)。それは、新しいアレンジの“シャングリラ”でも、お客さんには「“シャングリラ”を聴けた」っていう満足感を感じてもらいたいからこそなんですけど。やっぱりお客さんの顔を見れば、どれくらい満足してるかわかるんですよね。その反応を見てアレンジも微調整してます。

―あの、いつも思いますけど、チャットって自ら困難な道を選びますよね。

福岡:友だちにも「永遠の青コーナーやな」って言われました(笑)。

―赤コーナーはチャンピオンサイドで、青コーナーは挑戦者サイドという意味ですが、言い得て妙だと思う。なんでチャットは青コーナーに立ち続けるんですかね? 今回また二人編成に挑んでいること自体もそうだし。

橋本:二人編成に関しては、2016年の2月に地元の徳島で『こなそんフェス』(『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016~みな、おいでなしてよ!~』)を開催して、10周年シーズンに区切りをつけられたのが大きくて。『こなそんフェス』が終わったあとに、みんなで「次の体制どうする?」っていう話になったんですね。

『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016~みな、おいでなしてよ!~』より
『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016~みな、おいでなしてよ!~』より

橋本:「乙女団」と「男陣」とやる編成にも一端区切りがついたから、もう一度二人でやってみるのもいいんじゃないかという流れにどんどんなっていって。『変身』のときは、制作もライブも打ち込みをまったく使わずにやったけど、今回は使ってみてもいいんじゃないかという話になったんです。

「乙女団」編成で披露されたライブ映像 「男陣」編成で披露されたライブ映像

変身する理由はそのときどきで違うんですけど、よりワクワクするほうに気が向いちゃうというのはある。(橋本)

―またそこで曲をイチから再構築するという難儀な道が待ってるわけじゃないですか。でもあえてそうするのは、そのほうが自分たちもフレッシュに音楽を楽しめるし、お客さんにも楽しんでもらえると思うからなんですかね?

橋本:変身する理由はそのときどきで違うんですけど、よりワクワクするほうに気が向いちゃうというのはあると思います。体制を選ぶときは、自分たちのことしか考えてないかもしれないです。体制が第一にあって、次にライブに来てくれるお客さんの反応を見るというか。

福岡:「乙女団」と「男陣」の六人でやってみて、いろんなことを教えてもらったんです。自分たちの曲を客観的に見られるようにもなったし、みんなが「チャットのファンやで」っていう気持ちを私たちにストレートに投げてくれたのも大きくて。

バンドを長くやってると、いろんなことが当たり前になるし、そういう反応もだんだん少なくなってくるんですよね。だから、音楽をやってる人に「好き」って言ってもらえるのがシンプルにうれしかったし、ちゃんと自分たちの音楽をこれからも更新し続けたいなと強く思うようになって。だってずっと好きでいてほしいじゃないですか?

―音楽に向かう実際的な面でも精神的な面でも、「乙女団」と「男陣」の編成で得たものは大きかったんですね。

「乙女団」「男陣」体制に一区切りついたのちリリースされたシングル『majority blues / 消えない星』より

 

福岡:ただ、打ち込みは未知すぎましたけどね。今までのチャットと180度違うことをやるわけで。でも、数パーセントでも、よくなっていくイメージを持てたのが大きくて。

―それは感覚的に?

福岡:超感覚的にですね。だから、最初はグラグラしてた。

橋本:めっちゃグラついてたよな。

福岡:転覆しかけの船みたいな(笑)。穴があきまくって転覆しかけて、ツアー初日の前日にちょっと陸に降り着いたかなというところです。前日まではヤバかったもんな?

橋本:非常に危ない橋を渡ってますよ。……今の言い方、カッコよかったな?

一同:(笑)。

福岡:非常に危ない橋本です(笑)。だから、応援してくれるお客さんがめっちゃありがたい。えっちゃんもライブ中のMCで言ってましたけど、どんなライブをするのかわからないなかで、ある意味ふるいにかけられて残った人たちがチケットを買ってくれてるわけですから。

そもそも、新曲を出す前なのに「『チャットモンチー・メカ(仮)』でツアーをやります」ってなんやねんって話じゃないですか(笑)。それなのにライブハウスにいっぱいお客さんが集まってくれて。泣けるよな。

橋本:すごい人たちやと思う。

『チャットモンチーと機械仕掛けの秘密基地ツアー2017』より
『チャットモンチーと機械仕掛けの秘密基地ツアー2017』より

―でも、それは今までチャットが積み重ねてきた信頼であり、お客さんはずっとフレッシュなバンドであり続けるチャットにベットしたいという気持ちがあるからでしょうね。

福岡:そうだとありがたいですね。自分たちとしては、歳を重ねていって、音楽的にもずっと同じ場所にはいられないと思うんですよ。

Page 2
前へ次へ

リリース情報

チャットモンチー『Magical Fiction』初回生産限定盤
チャットモンチー
『Magical Fiction』初回生産限定盤(CD)

2017年4月5日(水)発売
価格:1,366円(税込)
KSCL-2884
1. Magical Fiction
2. ほとんどチョコレート
3. かわいいひと
4. やさしさ -seb remix-

チャットモンチー『Magical Fiction』通常盤
チャットモンチー
『Magical Fiction』通常盤(CD)

2017年4月5日(水)発売
価格:1,258円(税込)
KSCL-2885

1. Magical Fiction
2. ほとんどチョコレート
3. かわいいひと

チャットモンチー『Magical Fiction』(7inchアナログ)
チャットモンチー
『Magical Fiction』(7inchアナログ)

2017年4月19日(水)発売
価格:1,512円(税込)
KSKL-8531

[SIDE-A]
1. Magical Fiction
[SIDE-B]
1. やさしさ -seb remix-

イベント情報

『チャットモンチーと機械仕掛けの秘密基地ツアー2017』

2017年4月15日(土)
会場:青森県 青森 Quarter

2017年4月16日(日)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2017年4月23日(日)
会場:福島県 郡山 HIPSHOT JAPAN

2017年4月27日(木)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24

2017年4月28日(金)
会場:北海道 帯広 MEGA STONE

2017年6月4日(日)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2017年6月7日(水)
会場:福岡県 福岡 DRUM Logos

2017年6月8日(木)
会場:広島県 広島 CLUB QUATTRO

2017年6月15日(木)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2017年6月16日(金)
会場:大阪府 なんばHatch

2017年6月19日(月)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

2017年6月20日(火)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

プロフィール

チャットモンチー
チャットモンチー

橋本絵莉子を中心に2000年徳島にて結成。2004年春に橋本(Gt,Vo)、福岡晃子(Ba,Cho)、高橋久美子(Dr,Cho)の体制となり、2005年11月『chatomonchy has come』でメジャーデビュー。2011年10月より橋本と福岡の2ピース体制となり、楽曲ごとに担当楽器を変えるフリーフォームな形で録音したアルバム『変身』をリリース。それに伴う全国ツアーも2人のみで行われ、ファンのみならず、ミュージシャンからも熱い支持を得る。2013年5月、橋本が結婚及び妊娠を発表し、一時活動休止期間に入る。2014年8月に、恒岡章(Dr / Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、下村亮介(Key, Gt / the chef cooks me)という男性サポート2名を迎えた4人体制で活動を発表。2015年1月には、世武裕子(Pf,Synth)、北野愛子(Dr / DQS, nelca / ex.your gold, my pink)という女性2名を迎えた4人体制での活動もあらたに発表。結成10周年にあたる2015年の5月13日に、2年7か月ぶりとなる6枚目のアルバム『共鳴』をリリース。11月には、約7年半ぶりとなるデビュー10周年記念の日本武道館公演をソールドアウトさせ、2016年2月には郷里・徳島にて主催フェス『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2016~みな、おいでなしてよ!~』を2daysで初開催。大成功を収めた。2016年9月からは、再度2ピース体制でライブを行っている。チャットモンチーとしての活動の他、作詞提供やCM歌唱、絵本の作画や徳島観光ガイドブックの執筆など、個々でも多彩な活動を行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。