特集 PR

ラッキーオールドサンが歌う、「今」という時代を肯定する歌

ラッキーオールドサンが歌う、「今」という時代を肯定する歌

ラッキーオールドサン『Belle Époque』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影・編集:山元翔一

気持ちとしては「最小単位のバンド」をやっているつもりなんです。(篠原)

―お二人がやりたいことって、一致しているのでしょうか。意見の衝突などもある?

篠原:今のところ衝突はないですね。たまにナナさんは、「うるさい音楽がやりたい」と言っていて、困惑することはあります(笑)。

ナナ:ラッキーオールドサンに、「うるさい」というイメージはあんまりないかもしれないですけど、もともとパンクも好きだし、無性にやりたくなる。やったとしても、たぶん「あれ? ラッキーオールドサンらしくないなあ」というふうにはならないんじゃないかなと思っていて。

ナナ

篠原:もともとの前身バンドがパンクだからね。たぶんそのときにやりたかったことを今やると、「うるさい音楽」になると思いますね。問題なくできると思います。

―サウンドこそ1970年代のシンガーソングライター然としていますけど、コアな部分はパンク / オルタナティブな魂が宿っているのですね。

篠原:オルタナはひと通り聴いていますし、二人とも「バンド」というものが好きで、僕らの形態も「男女デュオ」というのはちょっと気恥ずかしいところはあるんですよ。気持ちとしては「最小単位のバンド」をやっているつもりなんです。

―最小単位ということは、なんでもできるということでもあるわけですからね。“フューチュラマ”の、<こんなはずじゃなかったと 言いたいわけじゃない>と歌うところ。篠原さんの声がシャウト気味になって、なんていうか「男女デュオ」という枠組みをぶっ壊すパワーがありますよね。とても聴き流せない「イビツな魅力」があるというか。

篠原:あ、うれしいです(笑)。僕は、特別「歌を歌いたい」っていう気持ちはないんですけど、なにか発露したいという思いはある。あのときはマイクの向こう側にいる人たちへ、言葉を投げかけているテイクが録れたと思ったんですよね。なので、それを聴いてハッとしてもらえたなら本望です。

―このフレーズにも、今という時代を肯定したいという強い想いを感じます。覚悟を決めて「今」を肯定すれば、世界はもっとシンプルになるし、過去を後悔したり、未来を不安に思ったりする気持ちも減るんじゃないかと。それが、先ほどおっしゃっていた「It's gonna be alright」の精神なのかと思います。

篠原:確かにそうですね。

左から:篠原良彰、ナナ

「歌」っていうのは、最も本質的なことを、最も簡素かつダイレクトに届けることができるし、歌うことで残すことも、自分で復唱することもできる。(篠原)

―今後の展望についてはいかがですか?

篠原:もっと大きいところでやりたいです。今は外に向かって風が吹いているので、いろんな場所へ行って演奏したいし、いろんな人に会いに行きたい。

ナナ:私もいろんなところに行きたいです。全然違う音楽もやってみたい。レゲエとか……。

篠原:レゲエ!(笑) いいですね。最近思うのですが、僕は、「歌」を感じないものはあまりピンとこなくて。別に歌が入ってなかったとしても、歌心みたいなものが見え隠れする音楽が好きなんですけど、今はそういう歌心みたいなものが、ちょっと息を潜めているような感じもしていて。それがちょっと、個人的には寂しいんですよ。

―「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますからね。ともあれ、ラッキーオールドサンの音楽は「歌心の塊」のようですし、「歌うこと」と「生きること」が密接につながっているように感じます。そこが最大の魅力と言えるかもしれません。

篠原:そう思ってもらえたらうれしいです。以前作った“ゴーギャン”という曲に、<生きることは絶やさない灯 歌うことは花を飾るように>という歌詞があるんですけど、「歌うこと」と「生きること」は、かなり密接なものだと自分も思っています。

『Caballero』収録曲

篠原:「歌」っていうのは、最も本質的なことを、最も簡素かつダイレクトに届けることができるし、歌うことで残すことも、自分で復唱することもできる。お風呂で歌っていることも含めて、すごく大事なことだと思います。

―今、「届ける」っておっしゃいましたけど、歌を通じて聴き手になにかメッセージを伝えたいという想いはありますか?

篠原:僕らの歌が届いて、「明日も頑張れる」と言ってもらえることもあって、それはすごく嬉しいことだし、そういう言葉を聞いて僕らもまた頑張れる気もします。とはいえ、「人のために歌う」という気持ちはないかな。ただがむしゃらに曲を作り、歌い続けて、その熱量が相手に伝わったらいいなとは思う。でも、それをどんなふうに解釈するかは、受け取ってくれた人の自由で。それこそ、「歌は世につれ世は歌につれ」ということじゃないでしょうか。

Page 3
前へ

リリース情報

ラッキーオールドサン『Belle Époque』
ラッキーオールドサン 『Belle Époque』(CD)

2017年4月12日(水)発売
価格:2,268円(税込)
ARTKT-014

1. さよならスカイライン
2. ベースサイドストリート
3. フューチュラマ
4. 写真
5. 夢でもし逢えたなら
6. ツバメ
7. I want you baby
8. すずらん通り
9. Railway
10. Tokyo City Brand New Day

イベント情報

『2nd full album『Belle Époque』Release Tour~佳き時代に生まれたね~』

2017年5月5日(金・祝)
会場:京都府 Live House nano

2017年5月6日(土)
会場:大阪府 HOPKEN

2017年5月7日(日)
会場:愛知県 名古屋 K.Dハポン

2017年6月3日(土)
会場:東京都 下北沢 SHELTER

2017年6月24日(土)
会場:宮城県 SENDAI KOFFEE CO.

プロフィール

ラッキーオールドサン
ラッキーオールドサン

ナナ(Vo)と篠原良彰(Vo,Gt)による男女二人組。ふたりともが作詞 / 作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2014年12月にkitiより1stミニアルバム『I'm so sorry,mom』でデビューし、2015年7月には1stフルアルバム『ラッキーオールドサン』をリリース。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。2016年4月にはカントリーやブルースといったルーツミュージックの匂いを纏った2ndミニアルバム『Caballero』をリリース。2010年代にポップスの復権を担うべくあらわれた、注目のポップデュオ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優