特集 PR

白崎映美インタビュー 被災者や路上生活者も癒してきた歌手人生

白崎映美インタビュー 被災者や路上生活者も癒してきた歌手人生

『ミューズ達の歌謡祭 in あらかわ』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子
2017/04/27

「無国籍音楽」を奏でて国内外で大きな人気を誇った音楽集団・上々颱風(しゃんしゃんたいふーん)の主要メンバーであり、現在は様々な名義で活動する歌手、白崎映美が、6月24日に開催される『ミューズ達の歌謡祭 in あらかわ』に出演する。

上々颱風の活動休止後、東日本大震災を経験して「東北人の血」をたぎらせた白崎は、同じ東北出身のミュージシャンを中心に結成した「東北6県ろ〜るショー!!」を率いて、ロックやジャズ、歌謡、東北民謡などをぶち込んだエンターテイメント性の高いステージを全国各地で展開している。エネルギッシュでバイタリティーに溢れた彼女だが、実は上々颱風に加入するまでは、「東北人コンプレックス」を抱えた引っ込み思案な少女だったというから驚きである。

今回は、そんな彼女がどのようにコンプレックスを解消し、存在感溢れる歌手へと成長したのか、上々颱風時代から現在までの道のりをじっくり訊いた。

神様、妖怪、昔から伝わる芸能、全部で「東北を守ってくれ!」っていう気持ちだったんです。

―白崎さんの、現在の活動の最も大きな動機は2011年3月11日の東日本大震災からきていると思うので、まずはそこから伺いたいのですが、「東北6県ろ~るショー!!」はどのような経緯で結成されたのですか?

白崎:おっしゃる通り、震災がなければ今のような活動はやっていないと思います。震災直後はもうパニックになってしまい、どうしたらいいのかわからない状態だったんです。私自身が東北出身者ということもありますし、中学3年のときに「酒田大火」(1976年10月29日に山形県酒田市中心部で発生した大火)に遭って、実家が全焼してしまう出来事があったんですね。そのときは他の地方から救援物資をもらったり、仮設住宅を造ってもらったり、いろいろ助けてもらって。

白崎映美
白崎映美

―そのときの「恩返し」をしたいという気持ちもあったのでしょうか。

白崎:そうだと思います。昔から東北って、経済もあまりよくないし、天気もよくないから暗いし(笑)。そういう、積もり積もった気落ちもあったんですよ。そこに地震ばかりか原発事故まで起きて、頭の中が「うわー!」ってなっちゃったんですよね。「なんとかしなきゃ!」って。

―居ても立ってもいられなくなったと言いますか。

白崎:最初は東北出身のミュージシャンだけを集めて、「東北の言葉で、東北の体で歌う」っていうバンドをやろうと思ったんですけど、ドラマーの山口ともさんが、「映美ちゃん、自分は東京出身だけど、よその地域から東北を思うのじゃダメなのかな」って言ってくれたんですよね。それで、「あ、私は逆差別をするところだった」と気づいて、いろんな地域の人たちを誘って結成したのが、「白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ」(のちに「東北6県ろ~るショー!!」と改名)なんです。

『FUJI ROCK FESTIVAL '16』出演時の映像

―そこに至るまでに、木村友祐さんの『イサの氾濫』(未来社、2016年。初出は、文芸誌『すばる』2011年12月号)を読んだことも大きかったんですよね?

白崎:そうなんです。被災地のために「なにかしたい」と思っても、なにをしたらいいのかわからず、モヤモヤしたまま初めの一歩を踏み出せずにいて。そんなある日、朝日新聞の書評を見ていたら、青森県八戸出身の木村さんの『イサの氾濫』というのが紹介されていたんですよ。

それですぐに図書館に行って、『すばる』に載っている『イサの氾濫』を探して一気に読んだら、もう東北の血が逆流するような気持ちになってしまって。それを、周りの人に伝えまくり、「バンドやろう! やっぱりオラはバンドだ!」って。

白崎映美

―ライブの衣装が非常に特徴的ですが、これはどのようなイメージで作られたのでしょう?

東北6県ろ~るショー!!
東北6県ろ~るショー!!

白崎:この衣装は、『イサの氾濫』を読みながら、東北人が昔「蝦夷=まつろわぬ民(支配されない、迎合しない)」と呼ばれてたときに、どんな格好をしていたのか考えたんです。毛皮みたいなのを着ていた人もいたかもしれない、昆布をぶら下げていた人もいたかもしれない。

そんな蝦夷がもし現代にいたら、昆布の代わりにペットボトルをぶら下げていたり、ビニールシートを羽織ったりしていたかもしれない。蝦夷が馬に乗って、牛も鶏もみんな列になって、国会議事堂を包囲するシーンが小説の中にあるんですけど、それにシビレて、その小説のイメージを衣装デザイナーに伝えて作ってもらいました。人間や動物だけでなく、東北の神様、妖怪、東北に昔から伝わる芸能、そういうもの全部で「東北を守ってくれ!」っていう気持ちだったんですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『ミューズ達の歌謡祭 in あらかわ』

2017年6月24日(土)
会場:東京都 荒川区 サンパール荒川 大ホール
出演:
白崎映美
畠山美由紀
エミ・マイヤー
料金:全席指定5,000円

イベント情報

『演劇集団風煉ダンス「まつろわぬ民2017」』

2017年5月26日(金)~6月4日(日)
会場:東京都 高円寺 座・高円寺1

2017年6月10日(土)~6月11日(日)
会場:福島県 いわき芸術文化交流館アリオス

2017年6月16日(金)
会場:山形県 シベールアリーナ

作・演出:林周一
出演:
白崎映美
伊藤ヨタロウ
ほか
音楽:
辰巳小五郎
関根真里
ファン・テイル

書籍情報

『鬼うたひ』
『鬼うたひ』

2016年6月24日(金)発売
著者:白崎映美
価格:2,700円(税込)
発行:亜紀書房

プロフィール

白崎映美
白崎映美(しらさき えみ)

山形県酒田市出身。1990年、上々颱風(しゃんしゃんたいふ〜ん)のボーカルとして、メジャーデビュー。1991年、“愛より青い海”が大ヒット(JAL沖縄キャンペーンCMソング)。1994年スタジオジブリ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』音楽、主題歌担当。1996年シンディ・ローパーのアルバム『Sister of Avalon』にゲスト参加、武道館ライブにも出演。2007年ミュージカル『阿国』(木の実ナナ主演)音楽担当、出演。多岐に渡る活動で支持を集める。東日本大震災を経て、木村友祐・著『イサの氾濫』との出会いに東北人の血がたぎり、とうほぐまづりオールスターズ(東北6県ろ~るショー!!に改名)を結成。2014年9月にはアルバム『まづろわぬ民』をリリース。2016年6月、初のフォトエッセイ『鬼うたひ』(亜紀書房刊)を発売。2016年9月には、天皇・皇后両陛下がご臨席される『第36回全国豊かな海づくり大会~やまがた~』の進行役を務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談