特集 PR

片渕須直×西川美和対談 盛り上がる日本映画とその未来を語る

片渕須直×西川美和対談 盛り上がる日本映画とその未来を語る

『永い言い訳』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:中村ナリコ 編集:山元翔一

アニメーションだと、なにを描いても同じ「絵」なんですよ。(片渕)

―漫画と映画のいちばんの違いは時間の流れがあることだと。詳しくお話いただけますか?

西川:この映画を観たときに、本当にスピード感があるなあと思ったんです。まるで日記を読むように、どんどん日々が過ぎていく。だから、実はものすごい情報量なんですけれど、それがアニメーションならではの人物の動きであるとか、そういうものの重なりによって、すべてがスーッと入ってくる感覚があるんですよね。

―確かに。

西川:それでいながら、実写では表現できない視覚的な美しさや柔らかさも詰まっているような感じがして。私にはアニメーションはできないし、演出の仕方もわからないですけど、この世界観を表現するために、アニメという表現媒体があって、本当によかったんだろうなと思いました。

西川美和

片渕:アニメーションだと、なにを描いても同じ「絵」なんですよ。実写の場合だと、撮影できないところは、CGになって、はめ込みのようになってしまうじゃないですか。ところが、アニメーションの場合は、戦艦大和を描くのも、すずさんを描くのも同じなんですよね。それだけでも、この作品は、アニメーションがいちばん向いていると自分たちで思うには十分でした。

でありつつ、さっきお話したドキュメンタリー趣味みたいなものも持ち込めたかなとは思っていて(笑)。西川さんが、「日記を読んでいるみたい」とおっしゃられましたけど、実はすずさんの日記っていうのを書いていまして……。

西川:えっ、どういうことですか?

片渕:映画では描かれていない、原作にも描かれていない平坦な日々でも、その日なにがあったかっていうのを書き綴っているんです。そうすると、「今日は晴れ」で終わる日とかも、結構あるわけですけど、人生っていうのは、そういうものだなって思って。「今日は晴れ」とだけ書いて終わらせてしまっていたときに本当は目に映っていたものを覚えていられたら、どんなに幸せだろうって思うんですよね。

『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

西川:ああ……わかります。

片渕:そういうことが本当は描きたくて、ドキュメンタリー的な体裁を取り入れたんだろうなって感じていて。戦艦大和が入港してきたのを描くシーンで、その日の夕景が、どれだけきれいだったかを描けたらいいなあっていう気持ちはありました。そういう表現ができたのが、自分としては今回よかったところですね。

やっぱり、存在感ですよね。それを出すためには、事前調査と細かなディテールが必要で。(片渕)

―お二方の共通点として、事前の綿密なリサーチと細やかなディテールがあるように思いますが、それについてはいかがでしょう?

片渕:やっぱり、存在感ですよね。それを出すためには、事前調査と細かなディテールが必要で。

西川:そうですね。それをどこかで忘れなきゃいけない瞬間もあるんですけど、フィクションを作っていくうえでの基本姿勢として、なくてはならないものだと私は思っています。逆に言うと、取材したり調べていくことで発想が生まれてくることも多々あって。

さっき挙げていただいた『ディア・ドクター』の場合、なんらかのニセモノの話をやるにあたって、「どの職業だったら一般の人が身近に感じてくれるだろう?」と考えて、お医者さんになったんです。だから撮るまでは、僻地医療の問題を考えていたわけではなくて。取材をしていくなかで、どういったコミュニケーションがその現場にあるのかっていうことがわかっていったことが大きかったんです。

―なるほど。

西川:今回の『永い言い訳』も、「血の繋がっていない子どもと暮らす」という設定をとったのは、私自身は子どもがいないので、赤の他人の子どもと何日か暮らしてみたら、どんな感覚があるんだろうとか、保育園に行く子どもは、どういう生活をしているのかっていうことを、自分で実際に体験してみたのが大きかったんです。

©2016「永い言い訳」製作委員会
©2016「永い言い訳」製作委員会

西川:そこから、「血の繋がらない子どもに対して、大人はどういう感情を抱くのか?」「自分のなかからどんな感情が出てくるのか?」ということがわかってきて。そうやって、それを自分の物語作りの筋肉にしているんです。だから、そういう意味では、『この世界の片隅に』とは、まったく違うのかなって思っていて……。

小説を先に書いたのは、事前に細かく設計したかっただけなんです。(西川)

―『この世界の片隅に』が、西川さんの制作手法とはまったく違う作られ方をしているというのは?

西川:『この世界の片隅に』は、非常に綿密に調べられているんだろうなという信頼感があるんです。江波のほうでは、こんな暮らし方をしてたんだなとか、福屋のまわりは……福屋っていうのは、広島にあるデパートなんですけど、そのあたりは、こんな感じだったんだろうなというふうに見せてくれる。その裏にある綿密なリサーチに、全面的に頼りながら見ていく頼もしさのようなものがあって。それが本当に楽しかったんですよね。

片渕:それはやっぱり、リサーチしたうえで、それを自分たちの体感まで落とし込んだことが大きかったように思います。「広島とか呉に、何度もロケハンに行ったんですよね?」って訊かれるんですけど、調べもののためではなくて、広島の街の地理や歴史を頭に入れたうえで、現地に行っているんです。つまり、「ここからここまで歩くと、こんなにくたびれるんだ」とか、「ここは上り坂で結構息が切れるんだ」とか、そういうものを味わいに行ったように感じているんですよね。

左から:片渕須直、西川美和

―現地に行ったのは、実感値を高めるためだったと。

片渕:あと、あの原作漫画って、ちょっと変わっていて。広島のどこなのか、ほとんど明示してないんですよ。「中島本町」って書いてあるけど、そこがのちに平和記念公園になったとは、ひと言も書いてなくて。それは江波の町に関してもそうですけど、それがどこにあるのか、まったく読者に教えてくれないんです。

西川:ああ、なるほど。私は広島出身なのでわかりましたけど。

片渕:そう、広島出身者には、かなりわかるようなんですけど、僕らは最初まったくわからなかったんです。だから、漫画の読解だけで、ものすごく時間が必要だったんですよね。

―そういう意味では、西川さんの場合、今回は映画の制作に入る前に、原作小説を自らお書きになられているわけで。のちに小説化することはこれまでありましたけど、映画よりも先に小説を書くというのは今回が初めてですよね?

西川:そうですね。でもまあ、要は事前に細かく設計したかっただけなんです。最初にシナリオから入ると、どうしても氷山の一角を書くことになってしまうところがあって。シナリオを書くときは、いろいろ用意して取り揃えたものをあえて全部書かずに、限定されたものを書くことを目指すんですよ。映画なので、2時間前後の話にしなくちゃいけないし、いろいろ書きたいエピソードがあっても、尺にはまるように物語作りをするんです。

―なるほど。

西川:そういうことを今までずっとやってきたんですけど、今回が5作目の長編映画になるので、ちょっとこれまでとは違うアプローチをしてみたいなと思って。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『永い言い訳』
『永い言い訳』(DVD)

2017年4月21日(金)発売
価格:4,104円(税込)
BCBJ-4726

原作・脚本・監督:西川美和
原作:西川美和『永い言い訳』(文春文庫)

『永い言い訳』(Blu-ray)

2017年4月21日(金)発売
価格:5,616円(税込)
BCXJ-1054

原作・脚本・監督:西川美和
原作:西川美和『永い言い訳』(文春文庫)

作品情報

『永い言い訳』
『この世界の片隅に』

2016年11月12日(土)からロングラン上映中
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)

プロフィール

西川美和(にしかわ みわ)

1974年、広島県出身。2002年『蛇イチゴ』でオリジナル脚本・監督デビュー。2006年、長編第二作『ゆれる』を発表し、第59回カンヌ国際映画祭監督週間に出品。国内で9か月のロングラン上映を果たす。また撮影後に初の小説『ゆれる』を上梓した。2009年、僻地の無医村に紛れ込んでいた偽医者が村人からの期待と職責に追い込まれてゆく『ディア・ドクター』を発表。本作のための僻地医療の取材をもとに小説『きのうの神さま』を上梓。2011年、伯父の終戦体験の手記をもとにした小説『その日東京駅五時二十五分発』を上梓。2012年『夢売るふたり』を発表。2015年、小説『永い言い訳』を上梓、初めて原作小説を映画製作に先行させた。2016年、映画『永い言い訳』を発表。

片渕須直(かたぶち すなお)

アニメーション映画監督。1960年生まれ。日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。『魔女の宅急便』(1989年 / 宮崎駿監督)では演出補を務めた。TVシリーズ『名犬ラッシー』(1996年)で監督デビュー。その後、長編『アリーテ姫』(2001年)を監督。TVシリーズ『BLACK LAGOON』(2006年)の監督・シリーズ構成・脚本。2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。口コミで評判が広がり、異例のロングラン上映とアンコール上映を達成した。またNHKの復興支援ソング『花は咲く』のアニメ版(2013年 / キャラクターデザイン:こうの史代)の監督も務めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業