特集 PR

渡辺俊美×木暮栄一の映画&文学談義 文豪たちの映画評にうなる

渡辺俊美×木暮栄一の映画&文学談義 文豪たちの映画評にうなる

『映画に魅せられた文豪・文士たち-知られざる珠玉のシネマガイド-』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

昭和の文人たちは、同時代の外国映画をどんなふうに観ていたのか? 谷崎潤一郎、川端康成、江戸川乱歩、三島由紀夫など、昭和の文人たちが、昭和初期から昭和30年代を中心に公開された外国映画について言及・寄稿した文章を集めたものを、当時の映画ポスターやプログラムとともに紹介する特別展『映画に魅せられた文豪・文士たち』が練馬区の石神井公園ふるさと文化館にて現在開催されている。

オール天然色のイラストで描かれた当時のポスターの美術的なインパクトやデザイン性はもとより、それらの映画について作家たちが語った言葉の端々から浮かび上がる、当時の映画を取り巻いていた時代的な雰囲気とは、果たしてどんなものなのだろうか。

キーワードは、「夢」と「憧れ」。今回は、映画と文学を愛する二人のバンドマン――TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美と、the band apartの木暮栄一に、実際に展示を見てもらいながら、その思うところ感じるところを、率直に語り合ってもらった。

色んな感情が入り交じった当時の様子が、作家たちの文章から透けて見えてくるようで面白い。(渡辺)

―今回の展示は3つのパートから構成されていますが、お二方は、どんなふうにご覧になられましたか?

渡辺:やー、すごく面白かったです。展示の最初のパート「文士・文豪たちの映画評」の序文で、夏目漱石の「元来私は活動写真と云うものを余り好きません」という言葉が引用されていて。

左から:渡辺俊美、木暮栄一
左から:渡辺俊美、木暮栄一

―同じ序文のなかに、「その後、映画は文芸や音楽、絵画などと並ぶ芸術、『第八芸術』と呼ばれるようになり……」という記述もありました。

渡辺:そう。だからこそ、「第八芸術」になるまでは、どこか「認めない」というか、「ひとつ、あら探しをしてやろう」みたいな感覚があったんじゃないかな。ただ、実際に書かれた映画評を見ていくと、否定から入りつつも、「どうやって撮ったんだろう?」とか技術的なところに興味を持ったり、最後は褒めていたりして(笑)。色んな感情が入り交じった当時の様子が、作家たちの文章から透けて見えてくるようで面白かったです。

「憧れ」っていうのは、すごく大事だと思うんです。(渡辺)

―木暮さんは、どんなふうにご覧になられましたか?

木暮:僕は、2つ目のパート「青春時代の憧れ、ヒロインへの恋文」が印象的でした。文豪・文士たちの女優に対する文章に、やっぱり時代を感じたというか。

―時代、というと?

木暮:当時の海外の映画女優って、映画館に映画を観に行かないと会えない人だったわけじゃないですか。しかも、一般の国際交流も、まだ全然ない時代ですよね。だからもう、まったく違う世界の美しい人に恋をしている感じが文章に出ていて、すごくロマンチックでいいなって思いました。

展示の2つ目のパート「青春時代の憧れ、ヒロインへの恋文」の展示の様子。映画ポスター界の第一人者・野口久光のデッサンによる女優たちの似顔絵と、文豪の恋文が並ぶ
展示の2つ目のパート「青春時代の憧れ、ヒロインへの恋文」の展示の様子。映画ポスター界の第一人者・野口久光のデッサンによる女優たちの似顔絵と、文豪の恋文が並ぶ

渡辺:それ、僕も思った。ソフィー・マルソー(フランスの女優。『ラ・ブーム』『ブレイブハート』などに出演)が好きだった、小学生の頃の自分を思い出したりして(笑)。雑誌の切り抜きを下敷きに挟んだりしていたんですよね(笑)。

―木暮さんも、そういう女優さんが?

木暮:僕は……ウィノナ・ライダーかな(笑)。『リアリティ・バイツ』(1994年)という映画で初めて見たんですよ。そのへんにいそうなんだけど、絶対いない感じですっげえかわいいなって思って。あれは、ちょっと恋だったのかもしれない(笑)。

渡辺:川端康成がベッティ・アマンという女優さんについて書いた文章も面白かったですよね。「アマンはほんとうの女である」とか言い切っていたりして。彼の小説そのままの感じがするというか、その一行だけで、「おおっ!」って惹き付けられました。

あと、恋文ではないけど、向田邦子さんのマリリン・モンロー評もよかったな。向田邦子さんとマリリン・モンローは実は同世代なんですよね。僕らは世代的に縦軸しか見られないものを、横軸で見る面白さがこの展示にはあります。

―確かに。それぞれの作品が公開された当時の雰囲気を、さまざまな文章からうかがい知ることができますよね。個人的には、外国に対する強い「憧れ」みたいなものを、今よりも強く感じました。

渡辺:うん、それは半端ない。だって、たとえば『ローマの休日』が日本公開されたのって、戦後10年も経っていない1954年とかですよね。その時代の日本人から見たオードリー・ヘプバーンって、ホント夢のように綺麗だったんじゃないかな。

『ローマの休日』のポスター。オードリー・ヘプバーンがメインに描かれている
『ローマの休日』のポスター。オードリー・ヘプバーンがメインに描かれている

―まさにヒロインですよね。

渡辺:うん。それは、モッズじゃなくてもベスパに憧れるわっていう(笑)。そういう外国文化に「やられてしまった」感じは、いろんな文章からにじみ出ていますよね。そういう「憧れ」っていうのは、すごく大事だと思うんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『映画に魅せられた文豪・文士たち-知られざる珠玉のシネマガイド-』

2017年4月22日(土)~6月11日(日)
会場:東京都 練馬区立石神井公園ふるさと文化館
時間:9:00~18:00
休館日:月曜
料金:一般300(200)円 高校生・大学生200(100)円 65~74歳150円
※中学生以下と75歳以上無料
※()内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は一般150円、高校生・大学生100円

講演会『出版人のひとりごと―映画と私―』

2017年5月27日(土)
会場:東京都 練馬区立石神井公園ふるさと文化館 多目的会議室
時間:13:30~15:00
出演:早川浩(株式会社早川書房 代表取締役社長)
定員:100名(抽選)
料金:無料
※申込は往復はがき、またはメールで受付中、5月16日必着

プロフィール

渡辺俊美
渡辺俊美(わたなべ としみ)

福島県出身。1990年代初頭「TOKYO No.1 SOUL SET」のボーカル&ギタリストとしてデビュー。福島県で生まれ育ち、福島県人バンド「猪苗代湖ズ」でも活動、2011年にNHK紅白歌合戦に出場。2014年にエッセイ本『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』を発表し、ベストセラーに。翌年にはNHK BSプレミアムでドラマ化。2016年、東日本震災から5年。震災復興の活動で大空に飛ぶ花と復興への想いを表現したANA“東北FLOWER JET オリジナルソング”の作詞・作曲を手掛ける。

the band apart
木暮栄一(こぐれ えいいち)

the band apartのドラマー、作詞作曲担当。現在までのバンドのリリース全てのアートワークを手がけている。また、DJとしても渋谷Organ Bar、三宿Webのレギュラーイベントを中心に活動中。2015年に eiichi kogrey 名義でのソロ7インチをNIW! Recordsからリリースし、現在までに3枚の7インチ・レコードを発表している。2016年には、同名義で東方神起、□□□(クチロロ)のリミックスなども手がけた。7月中旬リリース予定でthe band apartとして8枚目の新作アルバムを制作中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)