インタビュー

荒木経惟インタビュー 77歳でなお勢いを増すアラーキーの生き方

荒木経惟インタビュー 77歳でなお勢いを増すアラーキーの生き方

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:森山将人 編集:宮原朋之

アラーキーこと荒木経惟の爆進がとまらない。今年5月に喜寿=77歳を迎え、国内外で数多くの個展が目白押し。まさにアラーキー・イヤーとでもいうべき勢いだ。近年の前立腺ガンや右目失明も乗り越える、そのパワフルさを支えるものを探ろうと、このインタビューははじまった。

開口一番に語られたのは、自らのデジタル嫌いの告白だった。しかし、それは変化に追いつけないという意味での「老い」ではなく、むしろ鋭敏さゆえの流儀。陽子夫人ら愛する者との死別さえ写真の糧にした生き方は、非情の天才というより、写真とは人生だと覚悟した「私写真家」の道のりだった。

荒木の写真には、進行形の愛と情、そしてより濃厚になった生と死があふれている。優しさは弱さではないし、センチメント=関わりから生まれる感情こそ人生を豊かにする、と語りかけるかのように。

スマホや最新機器は、便利だからこそ使わない。いまの「才能あふれるカメラ」では、被写体の女たちがちゃんと見えにくいから。

―遅ればせながら、77歳のお誕生日おめでとうございます。今回は荒木さんの「生きざま」というか、この年齢になってさらに前進し続ける生き方について伺えたらと思っています。より若い世代が、元気がないと言われたり、いろいろ諦めてしまったりすることも多いように思うので……。

荒木:無理に元気だすことないし、諦めるときはそうしたらいいじゃない? 神様じゃないから、アドバイスみたいなこと言えませんよ、ハッハッハ。でもなにか言えっていうなら、そうだな、例えばアタシの場合、そこに置いてあるスマホみたいな最新機器をさ、使わずにいこうってことがある。もちろん長所もわかってるよ。写真だって、前なら10年修行して得るような技術が、いまはカメラのなかに機能として入っちゃってるからね。

荒木経惟
荒木経惟

―でも、それを使わない?

荒木:だからこそ、使わないの。いまの「才能あふれるカメラ」では、被写体の女たちがちゃんと見えにくいから。いや、カメラ自体には見えてるかもだけどさ、人間側に気づかせてくれない。みんな「こんなに整ってるはずない」ってくらい、おんなじ可愛さになっちゃうから。

それに、手の平に乗せたこの薄くて便利なのが自分の力みたいに感じはじめちゃうと、人の内側にある才能にも気付きにくいんじゃないかな。俺なんかは、ダメゆえのよさっていうか、綺麗なだけじゃないから人間は魅力的だって思う方だから。ま、俺もたまにコッソリ使うこともあるけどさ(笑)、デジタルカメラとかを。

―荒木さんの初期の写真に、銀座線の客席で思い思いに過ごす乗客を撮ったシリーズがありますね。あれも独特でしたが、いまは車内で揃ってスマホをいじる人だらけで、気づくと自分もそうだったり、違う奇妙さを感じたりしますね。

荒木:ちょっと危ないんだよ。精神的にも、価値観なんかにまで及ぶ勢いがあって。(スマホを指して)こういうのが持ち込んでくる、妙なスピード感もそうでね。ひと眠りしてからとか、トイレ行ってからもういちど見る、考えるって隙間さえなくなってくる。まあ俺も相当せっかちだけどさ、これはせっかち過ぎるっていうか。で、気づいたらそっちが普通になっちゃう。

―そうですね。本来もっと考えていいことが、いつのまにか「ふつう」になりがちだと感じます。

荒木:便利って、大変なんだよ。写真もさ、それを撮る、見るってことは、ホントはもっと深いはず。うわっつらの表皮だけじゃなくて、その裏まで見えるはずなんだ。

荒木経惟

―写真を見ることって、本来はどういう経験だと思いますか?

荒木:アタシの写真について言えば「これはこういう写真だ」「これが真実だ、大切だ」なんて説明は押し付けない。どう解釈してもいいし、ぜんぜん違うことを思っても間違いじゃないから。なにか感じて、考える「とっかかり」になればそれでいいの。

でもたとえば裸の写真でも、やっぱりバランス取れてて足が長くて、ってのがイイ女だとか、世間があまりに同じ向きだけに走ってる。しかも、それがどんどん加速してるでしょ? 写真も補正機能で、とにかくツルんとした白い肌に撮れたりさ。でもそれ、もしかしたら間違った方向かもしれないじゃない?

―その反動なのか、修正しない、自然な美しさを見直す動きもあったりしますね。

荒木:同じように、人の考え方なんかも知らないうちにどんどん「違うメイク」をされちゃうかもしれない。自分が修正されちゃう快感みたいなものさえある。使い方によっては怖い道具だよ、いまのデジタルの流れは。だから使うなら気をつけないとね。

Page 1
次へ

イベント情報

『荒木経惟 写狂老人A』

2017年7月8日(土)~9月3日(日)
会場:東京都 初台 東京オペラシティアートギャラリー
時間:11:00~19:00(金、土曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,200円 大高生800円
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料

『荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-』

2017年7月25日(火)~9月24日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜)
料金:一般900円 学生800円 中高生・65歳以上700円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜は65歳以上無料
※7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00~21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般720円 学生・中高生無料 65歳以上560円)

ふたつの荒木展を楽しめる! 東京オペラシティ アートギャラリー『荒木経惟 写狂老人A』と東京都写真美術館『荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-』の相互割引

東京都写真美術館『荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-』にて、東京オペラシティ アートギャラリー『荒木経惟 写狂老人A』の入場券をご提示いただくと、本展入場券が団体料金になります。
また東京オペラシティ アートギャラリー『荒木経惟 写狂老人A』へご入場の際に東京都写真美術館『荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-』の入場券をご提示いただいた場合も団体料金になります。(ほかの割引との併用不可、ご本人様1回限り有効)

『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』

2017年6月22日(木)~7月23日(日)
会場:東京都 銀座 シャネル・ネクサス・ホール
時間:12:00~20:00
料金:無料

プロフィール

荒木経惟(あらき のぶよし)

1940年東京三ノ輪生まれ。おもな代表作に『センチメンタルな旅』『愛しのチロ』『東京物語』『エロトス』『花曲』『荒木経惟写真全集』(全20巻)『東京ラッキーホール』『人妻エロス』シリーズ、『ARAKI by ARAKI』『花緊縛』『愛のバルコニー』『72才』など、写真集約400冊。東川賞、日本文化デザイン会議賞、織部賞、オーストリア国最高位の科学・芸術勲章、安吾賞、毎日芸術賞特別賞など受賞多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。