特集 PR

被災地はどんどん変わっている?石巻滞在中のキュンチョメが語る

被災地はどんどん変わっている?石巻滞在中のキュンチョメが語る

『Reborn-Art Festival』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:関口佳代 編集:矢島由佳子

7月22日より、アート・音楽・食で彩る総合祭『Reborn-Art Festival』が、宮城県石巻市を中心に開催される。ミュージシャンのライブや、人気シェフの作る地産地消の食が、直接的に東北の地の恵みを体感する機会だとすれば、アートは少し変化球の体験を与えてくれるかもしれない。今回の記事では、見たこともない球を投げつけてくる1組のアーティストを紹介したい。

その名はキュンチョメ。ホンマエリとナブチが結成したアートユニットは、震災以降の日本を、独自の目線、独特のセンスで見つめ続けている。『第17回岡本太郎現代芸術賞』において、最高賞である「岡本太郎賞」を受賞したことでも注目を集めた。『Reborn-Art Festival』開催の2か月前から現地に入り、石巻の人々と共に作品制作に取り組む二人に話を聞いた。

結成は2011年。やっぱり東日本大震災が大きな契機です。(ホンマ)

―キュンチョメは、今回石巻市内で作品展示を予定されていますが、まずどうしても気になるのは、その変わったチーム名ですよね。

ホンマ:なんだそれ、って感じですよね。「キュンキュン、チョメチョメ」の略です(笑)。

―それってまさに、下ネタ的な意味ですか?

ホンマ:「愛と死」という意味合いですね。

左から:ホンマエリ、ナブチ。作品展示予定場所である、石巻市の「ビューティーサロン ベル」前にて
左から:ホンマエリ、ナブチ。作品展示予定場所である、石巻市の「ビューティーサロン ベル」前にて

―結成時期は?

ホンマ:ほぼ2011年です。やっぱり、東日本大震災が大きな契機です。実際の出会いはもう少し前で、出身校が一緒だったんですよ。創形美術学校というアートとデザインの専門学校があって、私よりナブチのほうが年上なんですけど、彼は人生をこじらせていて、後輩として入学してきました。

ナブチ:6年間くらい引きこもりをしていて、それの明けだったんです。言ってみれば、ずっと土のなかにいた蝉が地上に出てきたみたいな、すごくグロテスクな状態(笑)。

ホンマ:人相がマジでやばかったですからね。絶対にこいつは人を殺すか死ぬかして終わるんだろうな、って感じ。そんな出会いです(笑)。

ホンマエリ

ナブチ

―6年間引きこもっていた人が、突然アートの学校に行こうと思ったのはなぜですか?

ナブチ:創形美術学校って、アートに特化した学校ではないんですよ。もともとは商業系の萌え萌えアニメーターになりたくて、アニメの勉強をしようと思って入学したら、現代美術も学ぶことになって。在学中は特にアーティストとしてやっていく意思もなかったんです。

でも、卒業後に入った美学校(東京神保町にある前衛アートスクール。長い歴史を持ち、小説家の村上龍やChim↑Pomらを輩出している)で、アートの方法みたいなものをChim↑Pomの卯城(竜太)さんの教室で教わって(関連記事:Chim↑Pom×大森靖子 異ジャンル対談で話す、表現ってなんだ?)。それで「じゃあ(キュンチョメを)やろう」ってはじまりました。

ホンマ:創形にいたときからつるんではいたけどね。2008年に『横浜トリエンナーレ』の会場でゲリラパフォーマンスをやったり。

ナブチ:「キュンチョメ」のグループ名自体はあったものの、実際の活動はまるでなし、という状況が1年くらい続いて。でも美学校に入って奮起して、2011年3月にはじめて展示をやる予定だったんです。

ナブチ

―まさに震災のタイミングで。それは偶然ですか?

ナブチ:偶然です。当然展示も開催中止になったし、どうやら激しく変わっていくであろう世界情勢のなかで、それまで作っていたもの、これから作ろうとしていたものについても考え直さないといけなくなった。でも、それこそが本当の意味でのキュンチョメの「結成」でした。

―震災からすべてが動きはじめた。

ホンマ:そうですね。

ナブチ:ホンマさんは震災の直前まで某企業で働いていたんですけど、震災が起きてビックリして、会社を辞めましたからね。

ホンマ:「働いている場合じゃないよ!」と思って。震災で電車が止まっているのに、上司に「今日は社員面接の日だから、本社に来い」と呼び出されたときに、頭がおかしいんじゃないかと驚愕したんですよね。

自分たちにかけた「呪い」だったと思います。(ナブチ)

―キュンチョメは、震災を題材にした作品をずっと作り続けていますね。

ホンマ:かなり多いです。「一回やって終わり」ではなくて、ずっと追っています。震災以降の日本を定点観測している感じ。震災直後の感覚、2年後の感覚、そして今の感覚の違いを肌で感じている。

ナブチ:作品自体に、それぞれの時期に自分たちがいちばんビビッドに感じていることや欲望が出ているんですね。その流れ自体が、震災後のリアルな現状とリンクしている気がします。

―震災後最初の作品はどんな内容でしたか?

ホンマ:『指定避難区域にタイムカプセルを埋めに行く』という、タイトルどおりの作品です。2011年3月末はちょうど原発事故の放射能被害がいちばんヤバい時期だったのですが、まだ完全に封鎖されていない場所もあって、住民も多少は住んでいたんですね。そこで、将来封鎖が解かれたときに、タイムカプセルを掘り出して、そのなかに入れたパーティーグッズでパーティーをしよう、というプロジェクトでした。

『指定避難区域にタイムカプセルを埋めに行く』(2011年)
『指定避難区域にタイムカプセルを埋めに行く』(2011年)

―もちろん、そのタイムカプセルは今もまだ埋まっている?

ホンマ:埋まっていると思うのですが、封鎖された後、除染のためにかなりの土が除去されたらしいんですよね。目印になるように、大木の下に埋めたんですけど、ひょっとすると木自体もなくなっているかもしれない。

―いつか被災地が復興してほしい、という祈りや願いを込めて埋めたのでしょうか?

ホンマ:願いっていうよりも……。

ナブチ:たぶん、自分たちにかけた「呪い」だったと思います。

ホンマ:私は横浜生まれで、東北という土地とまったく縁がなく、率直に言って震災を遠くに感じた人間の一人だったんです。だからこそ、痕跡を残すことで、震災から離れられなくなるという自分自身へのマーキングだったのかもしれません。

Page 1
次へ

イベント情報

『Reborn-Art Festival』

2017年7月22日(土)~9月10日(日)
会場:宮城県 石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
参加作家:
宮永愛子
ハスラー・アキラ
バリー・マッギー
ブルース・ナウマン
カールステン・ニコライ
カオス*ラウンジ
キュンチョメ
草間彌生
Chim↑Pom
コンタクトゴンゾ
デビッド・ハモンズ
ファブリス・イベール
ギャレス・ムーア
齋藤陽道
Zakkubalan
さわひらき
インサイドアウト・プロジェクト
クー・ジュンガ
ヨーゼフ・ボイス
JR
有馬かおる
名和晃平
マーク・クイン
岩井優

ナムジュン・パイク
パルコキノシタ
皆川明(mina perhonen)
ルドルフ・シュタイナー
青木陵子+伊藤存
増田セバスチャン
増田拓史
島袋道浩
SIDE CORE
八木隆行
宮島達男
金氏徹平
鈴木康広
Yotta
参加シェフ・生産者:
渡邉篤史(ISOLA)
岩永歩(LE SUCRE-COEUR)
楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)
目黒浩敬(AL FIORE)
手島純也(オテル・ド・ヨシノ)
小林寛司(villa AiDA)
藤巻一臣(サローネグループ)
松本圭介(OSPITALITA DA HORI-NO)
今村正輝(四季彩食 いまむら)
奥田政行(アル・ケッチァーノ)
緒方稔(nacree)
小野寺望(イブキアントール)
堀野真一(OSPITALITA DA HORI-NO)
生江史伸(L'Effervescence)
石井真介(Sincere)
今村太一(シェフズガーデン エコファームアサノ GOEN)
佐藤達矢(nacree)
安齊朋大(La Selvatica)
成瀬正憲(日知舎)
川手寛康(Florileges)
菊池博文(もうひとつのdaidokoro)
ジェローム・ワーグ(RichSoil &Co.)
原川慎一郎(RichSoil &Co.)

『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』

2017年7月28日(金)~7月30日(日)
会場:宮城県 国営みちのく杜の湖畔公園
7月28日出演:
Bank Band
エレファントカシマシ
Awesome City Club
大森靖子
KICK THE CAN CREW
水曜日のカンパネラ
スガシカオ
秦基博
back number
Mr.Children
7月29日出演:
Bank Band
ART-SCHOOL
ACIDMAN
きのこ帝国
ゲスの極み乙女。
TK(凛として時雨)
Chara
藤巻亮太
ぼくのりりっくのぼうよみ
Mr.Children
LOVE PSYCHEDELICO
7月30日出演:
Bank Band
銀杏BOYZ
Salyu
竹原ピストル
七尾旅人
NOKKO
ペトロールズ
Mr.Children
Mrs. GREEN APPLE
WANIMA
料金:1日券11,000円 2日券19,500円 3日券28,000円(全てアートパスポート1日券付)

プロフィール

キュンチョメ
キュンチョメ

2011年から活動している男女のアートユニット。メンバーはホンマエリとナブチ。国内外のシリアスな現場に詩的な行動やユーモアで切り込み、加害者と被害者、当事者と非当事者の境界を曖昧にしていく作品を制作。主な作品は、展示会場入口に花畑をつくり、来場者は花を踏み進まないと展示空間には入れない「Flower XX」、日本まで逃げて来た難民の人々と観客が目隠しをして一つの顔をつくる「ここでつくる新しい顔」など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)