特集 PR

海外で戦うCrossfaithが語る、日米英豪におけるロックの違い

海外で戦うCrossfaithが語る、日米英豪におけるロックの違い

Crossfaith『FREEDOM』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:沼田学 編集:山元翔一
2017/08/09

俺、ロックはLoser(敗者)の音楽だと思うんです。(Koie)

―具体的にはどうでしょう、実際に世界各地をツアーで回っての実感は?

Hiro(Ba):アメリカでロックが弱まっているというのは、相対的に見てということですよね。バンドもフェスも、絶対数はアメリカのほうが多いんです。でも、ヒップホップとの力関係という点では、おっしゃった通りです。

Hiro
Hiro

Koie:イギリスは『Kerrang!』というロック誌が、どこのコンビニやガソリンスタンドにでも置いてあるんです。そういう状況があるから、『Reading & Leeds Festival』というメインストリームなフェスティバルでも、ロックバンドがヘッドライナーに立つし、お客さんもロックに共感してみんなでシンガロングする文化がある。日本も、アメリカに比べたらロックはまだ全然強いと思うんですよね。

―なるほど。アメリカはどうですか?

Koie:アメリカのロックは「オタク感」が増している気がします。誤解を恐れずに言うなら、「イケてるもの」ではなくなっているイメージが俺の中である。

でも、イギリスのロックバンドは尖ってるアーティストが多いですよね。アメリカのTwenty One Pilotsがイギリスでも受け入れられているのは尖ったところがあるからだと思いますし。時代とともにどんどん音楽の形は変わってるし、ロックの形も変わってるけど、イギリスではちゃんとロックが生きて残っていると思う。

日本はまた違う形でロックが生き残っているんですよね。これも変な言い方ですけど、俺、ロックはLoser(敗者)の音楽だと思うんです。周りに馴染めなかったヤツのためにあるような音楽なんじゃないかと。イギリスと日本で「馴染めなかったヤツ」のタイプが違うから、お客さんにも違いがあると思うんですけど。

―ちなみにオーストラリアはどうでしょう?

Hiro:完全にシーンは独立していますよね。

Koie:これも俺の主観ですけど、オーストラリアの人ってみんなイケイケなんですよ。景気もよくて、EDMも流行ってるし、気候もいいから住むには最高だし。あとはマリンスポーツが盛んだからか、オーストラリアのハードコアバンドしか持ってないグルーヴ感とかダイナミクスがあるんですよね。

Teru:オーストラリアは音楽が「スポーティー」なんですよ。イギリスの若者は、二言目には政治への不満を言ったりするんですけど、オーストラリアの若者はハッピーな印象があります。

―なるほど。確かに同じラウドミュージックの中でもPendulumとか聴くと、オーストラリアの音楽がスポーティーだというのはすごくわかります。一方で、イギリスの音楽には良くも悪くも鬱屈がある。

Pendulum『Immersion』(2011年)収録曲

2010年にリリースされたEnter Shikariのシングル曲

Koie:そう。イギリスのロックには、Loserの音楽っていう「ロックの根本的な精神」が残っているんじゃないかと思うんです。

―日本には長らく「洋楽」っていう言葉があるので一緒くたにしてしまいがちですけれど、各国でロックのあり方が全然違うと。

Koie:そうですね。アメリカとイギリスとオーストラリアだけでも全然違いますから。

俺たちの音楽って、アメリカのロックっぽい部分も、イギリスのロック的な哀愁もある。(Koie)

―Crossfaithには、いろんな国のいろんなジャンルの音楽が流れこんでくると思うんですけど、その影響を挙げていくとどうでしょうか。

Koie:やっぱりドラムンベースは大きいですね。PendulumやThe Qemistsを聴いてドラムンベースにハマったけど、イギリスに行ったときにChase & StatusっていうUKで爆発的に人気があるドラムンベースには「ちょっと違うなぁ」と思ったりして。

俺たちが、ダンスミュージックとヘヴィロックが好きだっていうのは、聴いてもらったらわかると思うんですけど、その2つに加えて、既存の方法論では表現できなかったサウンドを模索しているという感覚が近いのかもしれないです。

―ダンスミュージックとヘヴィロックって、スタイルは違うけれど、基本的には身体に溜まったエネルギーを発散させたい人たちの音楽という面では同じだと思っていて。そういう感覚はありますか?

Koie:Crossfaithの楽曲には二面性があると思っているんです。根本には、自分たちが影響を受けてきた「身体が動く音楽」があるけど、その一方で、すごく繊細な部分もある。衝動に突き動かされるんだけれど、その衝動のトリガーが、俺の場合はひねくれているというか。アメリカのロックっぽい部分も、イギリスのロック的な哀愁もあるんじゃないかと。

Crossfaith『XENO』収録曲

日本の音楽シーンは平和だと思います。(Koie)

―ここまでの話を踏まえて、日本の音楽シーンについてはどう見ていますか?

Koie:これはここ10年くらいの俺の主観ですけれど、たとえば、アメリカの黒人のヒップホップにはバックグラウンドがちゃんとありますよね。貧しさの中から成り上がるため、血を流さないためにラップをやるというリアルなものがある。自分の環境を変えるためには音楽しかないから、ヒップホップをやるのだという。

日本の場合、そういうことはないじゃないですか? だからといって俺は、日本が空っぽだと思わないんです。こういう国で生まれたからこそ自由な発想ができるだろうし、日本の場合は逆に「これはこうじゃなきゃいけない」みたいな変なルールが少ない気がしている。

―というと?

Koie:たとえばBABYMETALがそうで、メタルとアイドルをかけ合わせるアイデアは日本人じゃないと出てこないと思うんです。あれが特にイギリスで爆発的にヒットするなんて誰も思わなかったし、先見の明だと言えますよね。もしあのヒットを予想できていたら、誰かが既にやってるはずなので。

2012年に発表されたBABYMETALの1stシングル表題曲

Koie:日本という閉鎖された環境だから、自由にミックスできたと思うんですよね。俺らもそういう意味では雑食だし、いろんな音楽のいいところを取り込んだ上で、本当にかっこいいものをやりたい。

これはあまり感じのいい言い方じゃないかもしれないけど、日本の音楽シーンは平和だと思いますよ。平和で閉鎖的だからこそ、エンタメに関しては自由にいろんなことができるし、カオスなものも生まれてくるんじゃないかと思います。

―これは僕の持論なんですけど、「ミクスチャーロック」っていう言葉は和製英語なんですよね。向こうでは「ラップメタル」とか「ニューメタル」と言われていた。アメリカやイギリスではメタルのサブカテゴリーとして扱われていたものに、「ミクスチャーロック」という独自のラベルをつけて輸入したんですよね。誰が言い出したのかはわからないんですけど。

Koie:そうなんですよね(笑)。上手いこと言いましたよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Crossfaith『FREEDOM』初回限定盤
Crossfaith
『FREEDOM』初回限定盤(2CD)

2017年8月2日(水)発売
価格:1,600円(税込)
SRCL-9470/1

[CD1]
1. Freedom(ft. Rou Reynolds from ENTER SHIKARI)
2. Rockstar Steady(ft. JESSE from The BONEZ / RIZE)
3. Diavolos
[CD2]
1. Revolution(The Bloody Beetroots Remix)
2. Kill 'Em All(Shikari Sound System Remix)
3. Rx Overdrive(TeddyLoid Remix)

Crossfaith『FREEDOM』通常盤
Crossfaith
『FREEDOM』通常盤(CD)

2017年8月2日(水)発売
価格:1,300円(税込)
SRCL-9472

1. Freedom(ft. Rou Reynolds from ENTER SHIKARI)
2. Rockstar Steady(ft. JESSE from The BONEZ / RIZE)
3. Diavolos

Crossfaith『Crossfaith -LIVE IN JAPAN- AT MAKUHARI MESSE』
Crossfaith
『Crossfaith -LIVE IN JAPAN- AT MAKUHARI MESSE』(DVD)

2017年8月2日(水)発売
価格:4,980円(税込)
SRBL-1761

1. Opening : New Genesis
2. Monolith
3. We Are The Future
4. Jagerbomb
5. Kill 'Em All
6. Snake Code
7. Eclipse
8. Wildfire
9. Mirror
10. Madness
11. Photosphere
12. Tears Fall
13. Scarlett
14. System X VIP
15. Xeno
16. Raise Your Voice
17. Devil's Party
18. Astral Heaven
19. Rx Overdrive
20. Revolution
21. Drum Solo
22. Countdown To Hell
23. Leviathan

Crossfaith『Crossfaith -LIVE IN JAPAN- AT MAKUHARI MESSE』
Crossfaith
『Crossfaith -LIVE IN JAPAN- AT MAKUHARI MESSE』(Blu-ray)

2017年8月2日(水)発売
価格:5,980円(税込)
SRXL-131

1. Opening : New Genesis
2. Monolith
3. We Are The Future
4. Jagerbomb
5. Kill 'Em All
6. Snake Code
7. Eclipse
8. Wildfire
9. Mirror
10. Madness
11. Photosphere
12. Tears Fall
13. Scarlett
14. System X VIP
15. Xeno
16. Raise Your Voice
17. Devil's Party
18. Astral Heaven
19. Rx Overdrive
20. Revolution
21. Drum Solo
22. Countdown To Hell
23. Leviathan

イベント情報

『10th ANNIVERSARY TOUR ONE MAN SHOWS - FAITH LASTS FOREVER -』

2017年10月27日(金)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

2017年11月5日(日)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2017年11月10日(金)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2017年11月12日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2017年11月17日(金)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2017年11月18日(土)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2017年11月22日(水)
会場:青森県 Quarter

2017年11月24日(金)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年11月29日(水)
会場:香川県 高松 OLIVE HALL

2017年12月10日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2017年12月16日(土)
会場:沖縄県 桜坂セントラル

プロフィール

Crossfaith
Crossfaith(くろすふぇいす)

2006年11月、Koie(Vo)、Teru(Prog,Vision)、Kazuki(Gt)、Hiro(Ba)、Tatsuya(Dr)により地元・大阪で結成。ロックとエレクトロの2つの世界を融合させた音を武器にワールドワイドな活動を行う。欧米のバンドと同じ舞台に立ち、世界中のキッズを虜にしてきた彼ら。世界各国のフェスへ出演し、メインステージでのアクトを務め、40か国近くの国々でツアーを行うなどといった日本人アーティストとして前例のない偉業を果たし、ロック史に新たな歴史を刻んだ。2015年、メジャーデビューアルバム『XENO』をリリース。ゼロ世代アーティストとして、ひたすら日本から「今」のロック音楽を牽引している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優