特集 PR

満島ひかり主演『海辺の生と死』が描いた奄美という特別な場所

満島ひかり主演『海辺の生と死』が描いた奄美という特別な場所

『海辺の生と死』
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子、宮原朋之

満島ひかりを主演に迎え、島尾ミホと島尾敏雄という伝説的な作家夫婦の瑞々しい出会いの日々を描いた話題の映画『海辺の生と死』。島尾ミホの原作小説群と実際に夫婦が出会った昭和10年の奄美群島・加計呂麻(カケロマ)島をモデルに、満島ひかり演じる国民学校教員のトエと、永山絢斗が演じる海軍特攻艇隊の隊長・朔(さく)中尉の二人が、奄美の麗しい風景のなかで、若き生を燃やそうとする。太平洋戦争末期のリアリティーに満ちていながら、私たちが暮らすいまの社会にも、彼らのような恋人たちがいるだろうと思わせるほどの、ビビッドな現代性をたたえている力作だ。

その胸に迫る様を、そして彼らをとりまく奄美の手ざわりそのものを、画面と音に見事に捉えた本作で監督2作目となる越川道夫。『海辺の生と死』の作品の核心を担う“奄美島唄”の歌唱指導にあたった、奄美出身の唄者(ウタシャ)のレジェンドにして、同じく奄美にルーツをもつ満島ひかりに島唄の魂を注ぎ込んだ朝崎郁恵。

物心ついたころから唄と共に生き、御年80を超えた島唄界の母と、越川監督の間で紡がれた対話は、なぜこの映画がこんなにもいまを生きる私たちの心に訴えかけるのかを明らかにし、そして島唄と奄美から世界を捉えることが、現代を真摯に生きることにつながるのだということを、優しく教えてくれるだろう。

思い入れの強さゆえなのか、奄美はあまりうかうかと行ってはいけないところだと思ってきたんです。(越川)

―『海辺の生と死』はかねてより越川監督がお好きで、映画化のお話が出る前から、満島さんに「この主人公はあなたの役だ」とお話しされていたそうですね。昨年に発表されたノンフィクション(梯久美子『狂うひと――「死の棘」の妻・島尾ミホ』2016年 新潮社)によって、島尾敏雄・ミホ夫婦の情念に満ちたあり方に新たにスポットがあてられるようにもなっていますが、まずは監督の長年の思いから伺えますか。

越川:島尾敏雄と島尾ミホの小説は、20代のころから大好きで読んできたんです。特に原作の『海辺の生と死』のように、島尾ミホさんの故郷である加計呂麻島の押角(オシカク)という地域を舞台に描いたものが、なぜか本当に好きで。若いころに奄美大島のほうに立ち寄ったことはあるのですが、それ以来、思い入れの強さゆえなのか、奄美はあまりうかうかと行ってはいけないところだと思ってきました。

朝崎:そうなんですか? そんなところでもないですから、大丈夫ですよ(笑)。

左から:越川道夫、朝崎郁恵
左から:越川道夫、朝崎郁恵

越川:覚悟がないと行けない場所だと思い込んでいて……(笑)。加計呂麻島には今回の映画で、はじめて行くことができました。いずれにしても、それくらい島尾ミホの作品も、奄美の島々も僕にとっては大事なものでしたし、この映画にもそうした思いを込めて作りました。

朝崎:島尾ミホさんの作品は、島に住み、島のご飯を食べて、島の水を飲んで生きたことがある人でないと描けない感覚が書かれているなあと思います。島尾ミホさんは私より10歳以上年上だと思うんですが(島尾ミホは1919年生まれ、朝崎は1935年生まれ)、私たちがまだ幼くて右も左もわからなかったころに、いろんなことを経験されたのではないかと感じますね。

作品のなかに書かれている唄にしても、手毬唄なんかは、私の母の世代がうたっていたものがあるんですね。島の水を飲んで暮らしていた人が書いた、私たちがまだ幼かったころの、島尾ミホさんたちの時代——そんな感触があるんです。そうした奄美ならではの感覚を、満島さんは本当によく体現してくれていましたね。

『海辺の生と死』場面写真 満島ひかり演じる国民学校教員のトエと、永山絢斗が演じる海軍特攻艇隊の隊長・朔(さく)中尉 ©2017島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』場面写真 満島ひかり演じる国民学校教員のトエと、永山絢斗が演じる海軍特攻艇隊の隊長・朔(さく)中尉 ©2017島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

以前に一緒にうたったUAのことを思い出しました。やっぱり、「血」というのはそういうところがありますね。(朝崎)

―そもそも、越川監督は映画化の話以前から満島さんを想定されていたわけですが、なぜ満島さんだったのでしょうか。

越川:なぜといわれても、わからないですね……、だってなにをどう考えても、満島さんしかいないでしょう?(笑)そう思っていました。もちろん演技力もふくめていろんな要素がありますが、そうしたことを抜きにしても、僕のなかでは最初から満島さんでしか、この映画はありえませんでした。

朝崎:あの子はね、やっぱり「血」ですね。これは本当にすごいものなんですよ。お稽古で唄を覚えるのも、とても早かったですね。

『海辺の生と死』場面写真 ©2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
『海辺の生と死』場面写真 ©2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ

―現在、横浜にお住いの朝崎さんのもとに、満島さんが何度も通われたようですね。

朝崎:一曲を覚えるのに、1年かけてもうたえない子もいるんですが、あの子はとにかく早かった。映画には出なかった唄も含めて、10曲は覚えたんじゃないかしら。

そして熱心。以前に一緒にうたったUAのことを思い出しました。やっぱり、「血」というのはそういうところがありますね。(満島)ひかりちゃんも、島唄と心も体も合っている気がしましたね。

Page 1
次へ

作品情報

『海辺の生と死』

テアトル新宿ほか全国順次公開中

監督・脚本:越川道夫
原作:島尾ミホ『海辺の生と死』(中公文庫)、島尾敏雄『島の果て』ほか
出演:
満島ひかり
永山絢斗
井之脇海
川瀬陽太
津嘉山正種
上映時間:155分
配給:フルモテルモ、スターサンズ

プロフィール

朝崎郁恵(あさざき いくえ)

1935年11月11日、奄美・加計呂麻(カケロマ)島・花富生まれ。奄美群島で古くから唄い継がれてきた奄美島唄の唄者(ウタシャ)。島唄の研究に情熱を傾けた父・辰恕(たつじょ)の影響を受け、また、不世出の唄者と謳われる福島幸義に師事し、10代にして天才唄者といわれた天性の素質を磨きかける。千年、あるいはそれ以上前から唄われてきたともいわれる奄美島唄の伝統を守り、その魂を揺さぶる声、深い言霊は、世代や人種を超えて多くの人々に感動を届けている。

越川道夫(こしかわ みちお)

1965年生まれ、静岡県浜松市出身。立教大学を卒業後、助監督、劇場勤務、演劇活動を経て、映画の宣伝・配給に従事。1997年に映画製作・配給会社スローラーナーを設立。『洗濯機は俺にまかせろ』(1999、篠原哲雄)、『孤高』(1974、フィリップ・ガレル)、『太陽』(2005、アレクサンドル・ソクーロフ)などの配給・宣伝に携わる。主なプロデュース作品に、『路地へ 中上健次の残したフィルム』(2001、青山真治)、『幽閉者 テロリスト』(2007、足立正生)、『海炭市叙景』(2010、熊切和嘉)、『ゲゲゲの女房』(2010、鈴木卓爾)、『かぞくのくに』(2012、ヤン・ヨンヒ)、『ドライブイン蒲生』(2014、たむらまさき)、『白夜夜船』(2015、若木信吾)など。本作『アレノ』は第28回東京国際映画祭にてプレミア上映された。新作『月子』も8/26から新宿K’s cinemaにて公開される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

NIHA-C“リーダー”

ヒップホップに屋上はよく似合う。それがたとえグラフィティーが描かれていない、日本の屋上だとしても。決して絵に描いたような不良ではないNIHA-Cも、それは例外ではない。むしろ、彼から出てくる<お前がお前のリーダーだろ やりたいことやって良いんだよ>と「自由」をピースフルに語る言葉には、背景に広がる青空がとてもマッチしている。(久野)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言