インタビュー

北野武×西田敏行 現実が映画を凌駕しつつある世界に向けて

北野武×西田敏行 現実が映画を凌駕しつつある世界に向けて

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:タイコウクニヨシ 編集:山元翔一

北野武監督の最新作『アウトレイジ 最終章』が、10月7日に全国公開される。世界的な評価と大ヒットを両立し、近年の代表作となったバイオレンスエンターテイメント映画「アウトレイジ」シリーズの完結作だ。強烈な暴力描写や「バカヤロー!」「コノヤロー!」と無数の罵詈雑言が織り成すかけ合いが話題となってきた同シリーズ。「全員暴走」というキャッチフレーズがつけられた今作は、これまで以上に裏切りや騙し合いの駆け引きがクローズアップされたスリリングな一作だ。

暴力団同士の抗争を描いた同作だが、どこか我々の生きる現実社会と通じ合うようなところがあるのも印象的である。前作『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)のインタビューにて、「世界のあらゆるものが崩壊しだしている。この状況にみんなイライラしていると思う」と語っていた北野監督。そこから5年、緊迫度を増す国際関係や昨今の政治状況を見渡しても、その言葉はひとつの予言となったとも言えるだろう。北野監督と西田敏行に『アウトレイジ 最終章』について、そして同作から見えてくる今の社会について、話を訊いた。

喋りの達者な人を配役に考えてたら西田さんが「やりたい」って言うから、「こりゃあ儲けたな」と思って(笑)。(北野)

—西田敏行さんはシリーズ第1作の『アウトレイジ』(2010年)を見て次作への出演を熱望されたそうですが、どんな魅力を感じられたんでしょうか?

西田:これまでいろんなバイオレンス映画を見てきましたけれど、初めて『アウトレイジ』を見たときに、それまでにない印象を抱いたんです。「これだけ発散できるのはすごいな」と。役者としてスクリーンのなかに俺も混じってみたいと思った。それで、次回作を撮られると聞いたので、直訴しました。まあ、それまで善人の役柄ばっかりやっていたのでストレスも溜まっていたんでしょうね(笑)。

北野:「そんなに『いい人』の役ばっかしやってたっけなぁ?」って俺は思ったけどね。すんなりと「ヤクザ」として現れてくれたから。

西田敏行
西田敏行

北野武
北野武

北野:『アウトレイジ』は拳銃の撃ち合いだけど、『ビヨンド』は基本的には罵り合いで、漫才のかけ合いみたいなもんだから、早口で、迫力があって、喋りの達者な人を配役に考えてたんだ。そうしたら西田さんが「やりたい」って言うから、「こりゃあ儲けたな」と思って(笑)。塩見さんもいたし、「花菱会」(西田敏行が演じる西野、塩見三省が演じる中田が所属する巨大暴力組織)の二人が揃ってバンバン言い合ってくれるのは、すごく面白かったよ。

—『アウトレイジ 最終章』でも、西野は重要な役どころとしてフィーチャーされています。そこには『ビヨンド』での手応えも影響していたんでしょうか。

北野:『ビヨンド』のときに『最終章』の脚本は書いてたんだ。結局、延々とシリーズが続いちゃうからね。「一度休みたい」「違う種類の映画も撮りたい」っていう気持ちがあった。(脚本としては)まず花菱会をどうにか掻き回す方法を考えた。だから、前の会長の娘婿だったカタギの株屋が入ってきていきなり会長になっちゃうっていう。

『アウトレイジ 最終章』 ©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
『アウトレイジ 最終章』 ©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

—大杉漣さんが演じた元証券マンの野村ですね。

北野:盃をもらった以上しょうがないんだけど、叩き上げのヤクザにとっては当然面白くないわけだよね。「いずれこの野郎をブチ殺してやる」って西野は思ってる。で、大友(ビートたけし)は済州島に逃がしてくれた張会長(金田時男)を心のなかの親分と思っていて、会長のためにいつでも命をさし出さなきゃいけないと考えてる。

それが偶然、済州島で花菱の若いヤクザと揉めごとになって、そこから抗争になっていくっていうのが今作。だから、今回の大友は筋回しみたいなところがあって、あんまり重要視してないんだよね。

—むしろ今回は西野がなかば主役級の働きをしていると感じました。

北野:そうそう。見せ所は花菱の会長、若頭の西野と中田、それと花田(ピエール瀧)がいろいろ画策するところなんだよね。

『アウトレイジ 最終章』 ©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
『アウトレイジ 最終章』 ©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

芝居の上手さと漫才の上手さって、共通のところがあるんだよね。(北野)

—西田さんはどういう意識で西野を演じましたか。

西田:ともかく、俺が監督からもらったミッションは、きっちりと西野を演じるということ。だから台本に描かれている西野としての生き様を、忠実に、血肉を投入して、生きた人間として演じようと思っただけですね。

—先ほど監督がおっしゃったように、西野と大友は対照的な描かれ方をしています。筋を通す昔気質のヤクザである大友に対し、西野は計算高くエゴイスティックなところがある。こういうキャラクターはどう位置づけていましたか。

北野:基本的には、西野も大友も叩き上げのヤクザなんだよね。自分の親分と決めた人に盃をもらったら、ちゃんと命をかける。だけど、西野は修行もしてないやつが急に会長になったことが気に入らないんだよ。そんなやつに「俺が会長だ、てめえらみたいなのはもっと頭使え、バカヤロー」って言われたら、刑務所に入ったり組のためにずっと尽くしてきた自分たちが馬鹿にされたようで腹立たしい、と。だから、実質的には同じなんだ。

—演技の技術論というところについてもお伺いしたいと思います。別のインタビューでも監督は西田さんを「芝居が上手い」と評していましたが、どういった技術やポイントを評価してらっしゃるんでしょうか。

北野:芝居の上手さと漫才の上手さって、共通のところがあるんだよね。

Page 1
次へ

作品情報

『アウトレイジ 最終章』

2017年10月7日(土)から全国公開
監督・脚本・編集:北野武
音楽:鈴木慶一
ビートたけし
西田敏行
大森南朋
ピエール瀧
松重豊
大杉漣
塩見三省
白竜
名高達男
光石研
原田泰造
池内博之
津田寛治
金田時男
中村育二
岸部一徳
配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野

「今月の顔」とは?

日々数多くの情報を発信しているCINRA.NET編集部が毎月1組だけ選出する、「今月のカルチャーの顔」。ジャンルや知名度を問わず、まさに今、読者の皆さんに注目していただきたいアーティストや作家を取り上げます。

プロフィール

北野武(きたの たけし)

初監督作の『その男、凶暴につき』(1989)以降、『3-4×10月』(1990)、『あの夏、いちばん静かな海。』(1991)、『ソナチネ』(1993)、『みんな~やってるか!』(1995)、『キッズ・リターン』(1996)と続けて作品を発表し、『HANA-BI』(1997)では第54回ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞の他、国内外で多くの映画賞を受賞、評価を不動のものにした。その後、『菊次郎の夏』(1999)、日英合作の『BROTHER』(2001)、『Dolls』(2002)に続き、『座頭市』(2003)では自身初の時代劇に挑戦し、第60回ベネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞。芸術家としての自己を投影した三作『TAKESHIS'』(2005)、『監督・ばんざい』(2007)、『アキレスと亀』(2008)を発表。「全員悪人」のバイオレンスエンターテイメント『アウトレイジ』(2010)と続編の『アウトレイジ ビヨンド』(2012)が大ヒットを記録、シリーズ完結編『アウトレイジ 最終章』が10月7日より全国公開。

西田敏行(にしだ としゆき)

1947年11月4日生まれ。福島県郡山市出身。中学卒業後、上京、明大中野高校から明治大学進学。その後中退し、1970年、劇団青年座入団。同年「情痴」で初舞台。1971年、舞台「写楽考」初主演。以降、舞台、テレビ、映画など出演多数。2003年12月31日、劇団青年座退団。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら