インタビュー

松居大悟の戦い 映画・演劇といったジャンルの境界線上をもがく

松居大悟の戦い 映画・演劇といったジャンルの境界線上をもがく

『アイスと雨音』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織 編集:久野剛士

世界には、一つのジャンルを極めるタイプと、さまざまなジャンルの境界線を横断して活躍するクリエイターがいる。クリープハイプのMVやドラマ『バイプレイヤーズ』、映画『私たちのハァハァ』(2015年)などで知られる松居大悟は、映画監督であると同時に、演劇シーンで活躍する演出家・劇作家でもある。そんな彼の新作映画は、まさに演劇を題材にした『アイスと雨音』だ。

とある作品の初舞台を前に、将来への希望に満ちた六人の若者たちが主人公。しかし、予想もしなかった上演中止という事態に直面し、彼女たちの夢は失われてしまう……そこから始まるストーリーを、松居は全編ワンカットの疾走感あふれる作品として形にした。

なぜ彼は、演劇を映画で描こうとしたのか? なぜ彼は、一度も止まることのない時間を捉えようとしたのか? 複数のジャンルに関わりながら、その境界線上で表現する気鋭のアーティストに話を聞いた。

僕は、これまで感じたことがないくらい悲しくて、つらくて、怒りを感じました。

—『アイスと雨音』で最も気になるのは、やはり全編ワンカット撮影、そして現実と演劇のシーンが瞬時に入れ替わる特殊な構成です。この手法を採用した理由はなんだったのでしょう?

松居:「狙ってやったんだよね?」ってよく聞かれるんですよ。でも、実はそうじゃないんです。自分の中ではかなりシンプルに「これしかない」って感じでたどり着いた。というのも、劇中の物語と同じように、僕が演出するはずだった舞台が実際に中止になったことがあるからです。

松居大悟
松居大悟

—そんなことがあったんですか。

松居:2017年の3月に上演予定だった作品が、その2ヶ月前に中止が告げられて……。映画では利重剛さんに言ってもらってますけど、「ガラガラの客席をみんなに見せるのは申し訳ないし、今後もみなさんとはよいお付き合いをしていきたいので」って、言われて。そのとき、僕は「この言葉は、一生忘れないぞ」と思ってました。これまで感じたことがないくらい悲しくて、つらくて、腹が立って……。

そのことを今回、音楽だけじゃなく出演もしてもらっているMOROHAのアフロに愚痴ったんです。そしたら、「いまのその感情って、半年くらい経って次の仕事が始まったらなくなっちゃうやつだよ。それでいいの?」と言われて、ハッとしました。いまの感情があるうちに何かしないと、きっと後悔するなって。ひょっとしたら全部忘れてしまうかもしれない。そういう思いから始まったのがこの『アイスと雨音』なんです。

『アイスと雨音』で音楽を担当し、出演もしたMOROHAのアフロ(左)とUK(右) / ©「アイスと雨音」実行委員会
『アイスと雨音』で音楽を担当し、出演もしたMOROHAのアフロ(左)とUK(右) / ©「アイスと雨音」実行委員会

—苦すぎる経験ですね……。

松居:もちろん、もしも自分に三谷幸喜さんくらい人を呼べる力があれば中止にはなってなかったはずで。だから、実力不足だったと思っています。とはいえ、使う予定だった劇場は2週間スケジュールが空いてしまっているので、何かできるかもしれない。時間もない中で、リーディング公演をするとか。

でも、それは負けを認めてしまったような気がするじゃないですか? だから、「舞台が中止になるって内容の映画を自主制作でもいいから作ってやろう」と思ったんですね。演劇って、そもそも始まったらカーテンコールまでノンストップの表現。だから、映画ももちろんワンカットになるだろう、と。

僕は「結局、映像の人なの? それとも舞台の人?」と、どっちつかずに思われている気がする。

—つまり本当なら上演しているはずの日程で、映画を撮られたということなんですね。でも、舞台の中止が決まったのが上演の2ヶ月前ですよね。スタッフやキャストのスケジュールをおさえるのもかなり大変だったのでは?

松居:演出助手、舞台監督、美術とか、舞台のスタッフには何人か残ってもらって、さらに映画の現場でお世話になっている撮影部や録音部などの映像チームにも声をかけました。混成チームですね。

キャストは、中高生限定・プロアマ問わずにオーディションを急遽行いました。技術は二の次。とにかく「やりたいことをやるんだ!」っていう気概を持っている人と出会いたかったんです。

『アイスと雨音』場面写真 / ©「アイスと雨音」実行委員会
『アイスと雨音』場面写真 / ©「アイスと雨音」実行委員会

—すごく不思議な質感の映画ですよね。映画だけど、演劇でもあるような。そして、そのどちらにも収まらない疾走感がある。

松居:完全に頭に血がのぼってたので、自分でも映画なのか演劇なのか、わからなくなってました(笑)。もちろん実際の製作段階に入れば、いかに作品をクオリティー高く形にできるかに気持ちはシフトしてますから、冷静に作ってもいるんですけど。

それでも、いまだにこの映画が何なのか、答えは出てなくて……。普段、僕は舞台と映像の仕事を切り離してるんです。それぞれのスタッフは自分の分野に誇りを持っていて、そのあいだを行き来している僕は「結局、映像の人なの? それとも舞台の人?」って、どっちつかずに思われている気がして、なおさら。

でも、今回は全員集合ですからね。稽古をした2週間は舞台モードだったし、撮影の段取りを考えて、撮影を終えるまでの後半は映画モードだった。奇妙な感覚ですけど、「いままでにないものを作れた」っていう確信ははっきりとあります。

松居大悟

Page 1
次へ

作品情報

『アイスと雨音』
『アイスと雨音』

2018年3月3日(土)から渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー

監督・脚本・編集:松居大悟
音楽:MOROHA
出演:
森田想
田中怜子
田中偉登
青木柚
紅甘
戸塚丈太郎
門井一将
若杉実森

プロフィール

松居大悟(まつい だいご)

1985年生まれ、福岡県出身。劇団ゴジゲン主宰。2009年、NHK『ふたつのスピカ』で同局最年少のドラマ脚本家デビュー。2012年に『アフロ田中』で長編映画初監督。その後、『スイートプールサイド』『自分の事ばかりで情けなくなるよ』など作品を発表し、『ワンダフルワールドエンド』でベルリン国際映画祭出品、『アズミ・ハルコは行方不明』は東京国際映画祭・ロッテルダム国際映画祭出品。枠に捉われない作風は国内外から評価が高く、ミュージックビデオ制作やコラム連載など活動は多岐に渡る。監督を務めるドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』が放送中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら