特集 PR

関ジャニ∞番組や湖池屋CM出演、鈴木瑛美子が語る歌への意識変化

関ジャニ∞番組や湖池屋CM出演、鈴木瑛美子が語る歌への意識変化

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:八田政玄 編集:久野剛士、野村由芽

2017年の初め、湖池屋のテレビCMに突如登場し、その圧倒的な歌声によって多くの人々を驚かせた「歌うま高校生」鈴木瑛美子。その後、LINE RECORDSの第1弾シンガーとして、絢香“みんな空の下”やBeyonce“Listen”のカバーをリリースしてきた彼女が、「君の瞳に恋してる」の邦題でお馴染みの“Can't take my eyes off of you”カバーをLINE RECORDSからリリースする。

この春、いよいよ高校を卒業する彼女は、どんな環境のもと、どのような思いで歌を続けてきたのだろうか。そして、レーベルから引く手あまたの状況の中、LINE RECORDSから曲をリリースした理由とは? 「2020年の東京オリンピックで歌うのが夢」という彼女に話を聞いた。

中学時代、私のコートネームは「負けてたまるか」の「ルカ」でした。

—いまから約1年前、湖池屋「KOIKEYA PRIDE POTATO」のテレビCMに登場し、制服姿でワイルドな歌声を響かせた鈴木さんですが、そのCMの印象とは、だいぶ違いますね。

鈴木:え、そうですか? 歌になると、ガラッと変わるんですよ(笑)。

鈴木瑛美子が出演し、その歌のうまさが話題を集めた湖池屋のCM

姉の鈴木梨紗子とともに歌った湖池屋CM

—当初は、ごく普通の「歌うま高校生」という触れ込みだったように思いますが、よくよく知っていくと、いわゆる普通とはちょっと違う環境で育ったそうですね。

鈴木:環境的には、全然普通ではないですね(笑)。4、5歳の頃から、ゴスペルディレクターを務める両親と3歳年上の姉と一緒にステージで歌っていたので。それくらい音楽は常に身近にあって、物心つく前からずーっと歌っていました。

ただ、ちゃんと学校に行ったり勉強したりという意味では、普通ですよ。歌はやってましたけど、いわゆる「芸能界」は、まったく意識してなかったので。

鈴木瑛美子
鈴木瑛美子

—学校では何をやられていたのですか?

鈴木:中学校から、ずっとバレーボール部です。髪もベリーショートだったし、いかにも「バレー少女」という感じで(笑)。私が中学に入ったとき、ちょうど全日本中学のコーチだった人が顧問の先生として入ってきて、ガッツリ練習に取り組んでました。

ただ、2年生に上がるときに、私が腰を痛めてバレーができなくなってしまって……。治す期間が半年ぐらい掛かったんですよね。LINE RECORDSからカバーを出させてもらった絢香さんの“みんな空の下”は、その時期に聴いていて、すごい勇気をもらった曲なんです。

—中学時代を振り返ると、どんな学生でしたか?

鈴木:とりあえず、めちゃくちゃうるさい子だったと思います(笑)。私、生活の中でも、ずーっと歌っているので。周りから見ると「なんか歌ってる子」って感じだったんじゃないかな。

あと、負けず嫌いなんだと思います。中学校の頃、顧問の先生がバレー部の生徒に、練習や試合で呼びやすいように、大体2文字でその子に合うコートネームをつけてくれたんです。たとえば、背は小さいけど頑張り屋さんのキャプテンには、視野や心を大きく持つように「ダイ」っていうコートネームをつけたり、他の子には「昨日より今日、今日より明日」っていう意味で「ヨリ」ってつけたり。で、私は「ルカ」って呼ばれてたんです。「負けてたまるか」の「ルカ」(笑)。

鈴木瑛美子

—すごい勝ち気ですね(笑)。

鈴木:先生からは、そう見えてたみたいで(笑)。ただ、自分でもピッタリだなって思ったし、その名前で生きてこられた感じがあって。それまでは、自分のことをあまり負けず嫌いとか思ってなかったんですけど、他人からそう見られているんだったら、「ここは頑張るしかないっしょ」って思ったり。このコートネームのおかげで、「負けてたまるか」にどんどん自分が近づけた感じがありますね。その名前には、いまも助けられています。

(左から)ブラウンと鈴木瑛美子
(左から)ブラウンと鈴木瑛美子

Page 1
次へ

リリース情報

鈴木瑛美子『Can't take my eyes off of you』
鈴木瑛美子
『Can't take my eyes off of you』

2018年3月23日(金)配信リリース

プロフィール

鈴木瑛美子(すずき えみこ)

4歳の時から毎年、保育教材CDに歌手として参加、また実の家族のコーラスグループ「スギモト・ファミリー」の一員としてステージで歌ってきた。7歳の時には、自作(作詞・作曲)で「ヤマハ・なかよしソングフェスティバル」に3年連続で出場するなど才能を発揮。2012年3月フジテレビ「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦SP」では、The Jackson 5「I Want You Back」を歌い、全国の話題に。2015年には「全国ゴスペルコンテスト(ゴスペル甲子園)」でボーカル部門優勝に輝き、次世代を担うシンガーとして脚光を浴びた。2016年9月、テレビ朝日「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」では高得点を連発し「最強アマチュア女子高生」として大注目を集めた。2017年、スナック菓子メーカー「湖池屋」のTVCMに起用され、テーマ曲である「100% SONG」のMUSIC VIDEOが動画共有サイトで100万回再生を超え話題となった。その後、世界的デザイナー山本寛斎氏がプロデュースするファッションイベント「日本元気プロジェクト2017 スーパーエネルギー!!」に出演。圧倒的な歌唱力を披露した。そして7月、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」第一弾シンガーとして「みんな空の下」カバーを発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く