特集 PR

ベルトラン・ラヴィエが語る園芸とコンセプチュアルアートの関係

ベルトラン・ラヴィエが語る園芸とコンセプチュアルアートの関係

ベルトラン・ラヴィエ展『Medley』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:森山将人 編集:木村直大

表参道のルイ・ヴィトン内には、現代美術を専門的に紹介する施設「エスパス ルイ・ヴィトン東京」が併設されている。これまで、数多くのアーティストが作品を発表してきたこの場所で現在行われているのが、フランスを代表するアーティスト、ベルトラン・ラヴィエの個展だ。

1969年から活動を始めたラヴィエの作品の特徴を端的に説明すれば、日常的な大量生産製品や、アニメやコミックなどの既存のイメージを流用する「レディメイド」と「アプロプリエーション」にある。それらは現代美術の祖として知られるマルセル・デュシャンから続く約100年の現代美術史の系譜に位置付けられるものだが、同時に現代の社会を反映させた軽妙さやアイロニーもあわせ持っている。園芸を学び、独自のルートを通ってアートの世界にやって来たラヴィエは、自身の芸術をどのようにとらえているのだろうか?

種を植えてから風景になるまで20年かかかるように、アートでも本当の反響が訪れるまでには相当な時間が必要です。

ーラヴィエさんのプロフィールを拝見すると、最初に勉強なさったのはアートではなく園芸だったそうですね。園芸に興味を持った理由は何だったのでしょうか?

ラヴィエ:高校を卒業して私が園芸学校に入学した理由はとても単純で、大学に行きたくなかったから(笑)。それで「どんな学校があるかな?」と調べてみて、田舎で生まれ育った私には園芸がぴったりだと思ったのです。

ベルトラン・ラヴィエ
ベルトラン・ラヴィエ

ー園芸学校の経験は、ご自身の作品にどのように関わっていますか?

ラヴィエ:園芸は、植物に触れることを通して「世界を正確に見る」ことを私に教えてくれました。また、学生のときは気づきませんでしたが、その経験は現在の私が制作において重視する「グレフ(接ぎ木)」というアイデアの根本になっていきました。

ー園芸学校ではどんな科目を専攻なさいましたか?

ラヴィエ:あらゆる分野ですね。最終的には庭園学を専攻しました。以前京都を訪ねたことがありますが、日本にも石庭や苔の庭などたくさんの種類の庭がありますね。どれも大好きです。

ベルトラン・ラヴィエ

ー庭の面白さとアートの面白さに共通するのはどのような点ですか?

ラヴィエ:庭園から得られる教訓は、何かの植物を植えて、それが大きく育って風景になるまでに20年かかるということです。これはアートでもほぼ同じことが言えます。何かの種になる提案を行って、本当の反響が訪れるにはやはり20年は待たないといけません。

今回の出品作に『ツァンカーの上にラ・ボッカ』という作品がありますが、誰も冷凍庫の上にソファを置くなんて予想もしないし、期待もしていないですよね。この意味が本当に伝わっていくまでには、相当な時間が必要です。

ベルトラン・ラヴィエ『ツァンカーの上にラ・ボッカ』2005年 冷凍庫の上に置かれたソファ Sofa on a freezer 174 x 215 x 81,5 cm © Adagp, Paris 2018
ベルトラン・ラヴィエ『ツァンカーの上にラ・ボッカ』2005年 冷凍庫の上に置かれたソファ Sofa on a freezer 174 x 215 x 81,5 cm © Adagp, Paris 2018

ー植物同様に、作品も、作品を取り巻く状況も成長していくわけですね。では、園芸からアートへと興味が移っていったきっかけは?

ラヴィエ:パリにあるDaniel Templonというギャラリーに入ったことです(現在は「Galerie TEMPLON」に改称。フランスを代表する現代美術画廊)。私はその前を通って、園芸学校に通学していたんです。

最初の頃は、その建物がいわゆる「アートギャラリー」だとはまったくわかりませんでした。そこに並んでいたのは絵画や彫刻ではなく、美術作品とは思えないものばかりでしたから! 普通の人なら、理解不能で「自分にはこんなもの関係ない!」と無視するか逃げていってしまうものでしたね。でも、私の反応はまるで逆で、とても興奮したんです。

ベルトラン・ラヴィエ

ー理解不能というと、どんな作品だったのでしょう。

ラヴィエ:Art & Language(1968年にイギリスで結成したコンセプチュアルアーティストのグループ。作品を通じて、批評的な理論の実践を行った)の作品です。下の方に機械が置かれていて、文字が壁に書かれていました。その他には、例えばガラスの破片が床面の全部を覆っていて、剥製の古ぼけた鳥が置かれていたりしました。おそらく初期のインスタレーションでしょう。理解しがたいけれど、とても面白かったですね。

ベルトラン・ラヴィエ

Page 1
次へ

イベント情報

ベルトラン・ラヴィエ

『Medley』

2018年4月19日(木)~9月24日(月・振休)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京
時間:12:00~20:00
休館日:ルイ・ヴィトン表参道店に準ずる
料金:無料

プロフィール

ベルトラン・ラヴィエ

1949年、シャティヨン=シュール=セーヌ(フランス)生まれ。1980年代および1990年代のアプロプリエーション(流用)アート運動に強い影響力を与えたアーティストであり、冷蔵庫やテーブルといった日常的な大量生産製品にペイントを何層も厚塗した、もしくは、ありふれた「物」を台座に置いたレディメイド作品でよく知られている。多種多彩な媒体を駆使するラヴィエの作品はこれまで世界各地で展示され、2012年にはポンピドゥーセンター(パリ、フランス)で大々的な回顧展が開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業