特集 PR

チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

チャットモンチー『誕生』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:タイコウクニヨシ 編集:矢島由佳子

チャットモンチーのラストアルバム『誕生』のリリースに向けてCINRA.NETでは複数の特集記事を掲載する(特集記事一覧)。今回は、かねてよりメンバーと親交の深い3人を招き鼎談を実施した。参加してもらったのは、2012年にgroup_inouとしてチャットモンチーと対バンしたことをきっかけに交流を重ねてきたimai、メジャーデビュー当初からチャットモンチーのファンであり福岡晃子(Ba)の友人でもあるFLAKE RECORDSオーナーの「DAWA」こと和田貴博、過去2度にわたりチャットモンチーのドキュメンタリー作品をディレクションした映像作家のMINORxU。この3人だからこそ語ることができるメンバーの実像、バンドとしての比類なき魅力と功績、ラストアルバムを聴いた率直な感想をここに記録する。

今でも脱退の話をした日のことはすごく覚えています。(MINORxU)

—まずはそれぞれのチャットモンチー(以下、チャット)との出会いから教えてください。DAWAさんからお願いできますか?

DAWA:メジャーデビューのタイミングで“ハナノユメ”(2005年11月リリース、メジャー1stミニアルバム『chatmonchy has come』のリード曲)がFM802のヘビロテで流れていて、それを聴いたのが最初でした。曲がよかったからファンになったという感じですね。

チャットモンチー“ハナノユメ”を聴く(Spotifyを開く

—FLAKE RECORDSとしての繋がりは?

DAWA:最初は本人たちとの接点は特になかったんですけど、ライブに行ったときに挨拶をさせてもらう機会があって、そのあと(元ドラマーの高橋久美子を含む)3人とも店に来てくれたりして。基本的に僕がライブを観に行ってワーワー言って帰るだけなんですけど(笑)、あっこ(福岡晃子)とは気づいたら友人になってましたね。

左から:DAWA、imai、MINORxU
左から:DAWA、imai、MINORxU

—imaiさんは?

imai:最初は対バンですね。2012年7月にチャットとgroup_inouの2マンがあったんです。チャットが2人組になった頃で、こっちも2人組ということで。僕、実はそれまでリスナーとしてチャットの曲を全然聴いたことがなかったんです。テレビや街で流れている曲を知ってるくらいで。ただ、ぼんやりと「歌詞がすごいな」とは思ってたんですよ。

それで対バンすることになって、当日までにちゃんと聴いておこうと思ってベストアルバムをTSUTAYAで借りたんです。で、聴いたらめちゃくちゃ好きになって、気持ちが最高の状態で対バン当日を迎えたみたいな(笑)。

—2人になったばかりのチャットのライブって、マインドがパンクスというか、ある種のすごみみたいなものを発していましたよね。

imai:そうですね。僕らも2人組で特殊な感じで曲を作っていたので、こう言うとおこがましいですけど、2人組のチャットにシンパシーを感じたというか。

基本的にはメインボーカルの人が作った曲をみんなで膨らませていくバンドが多いと思うんですけど、2人組だと関係性がイーブンになるんですよね。チャットも2人組になって、特にそうなったと思うんです。僕らも2人で曲を作っていたし、そういうところもあって、仲よくさせてもらうようになったのかなと思います。

imai
imai

—MINORxUさんは?

MINORxU:僕は普段から音源を聴いていて好きだったんですよね。で、新宿MARZであったDAWAくん主催のイベントにCOMEBACK MY DAUGHTERS(以下、カムバック)が出てたときに、あっこちゃんが遊びに来ていて。僕がカムバックのドキュンタリーDVD(2009年6月リリース、『KEEP THE FLAME / EXPerience TOUR FINAL』)を撮ったということを、DAWAくんがあっこちゃんに話して、紹介してくれたんです。

DAWA:あっこはカムバックのことが好きやったんよね。

MINORxU:そうそう。そのときすでに僕が撮ったカムバックのドキュンタリーも見てくれていて。その数か月後に「チャットのドキュンタリーを撮ってもらえませんか?」という連絡が来たんです。それが1本目のドキュメンタリー(2011年12月にリリースされたライブ映像作品『鳴るほど』のディスク2として収録された『全国ツアー“YOU MORE 前線”ドキュメンタリー』。後に映画版『鳴るほど』としても公開された)で。

MINORxU
MINORxU

MINORxUが監督を務めたミュージックビデオ

—チャットはドラマティックな歩み方をしてきたバンドだと思うんですけど、ある意味では一番困難を迎えていた時期を映像で収めたわけですよね。

MINORxU:そうですね。最初は3人ののほほんとした姿を撮るドキュメンタリーになるかなと思ったんですけど、僕が撮ってるツアーの途中で(高橋)久美子ちゃんが脱退するという話になって。今でも脱退の話をした日のことはすごく覚えています。

—差し支えのない範囲でそのときの状況をもう少し詳しく教えてもらえますか?

MINORxU:大阪のライブの日だったんですけど、リハ後に楽屋でメンバーとスタッフだけで話をするということで、そのときはカメラもまわしていなくて。話し合いが終わったあと、シリアスな感じになっていたんですよね。ライブが終わって車でホテルに帰るときも、みんなあんまりしゃべってなくて。あっこちゃんだけはわざとテンションを上げるような感じで、僕ととりとめのない話をして。

そのあと、あっこちゃんはラジオの出演があったからいなかったんですけど、久美子ちゃんとご飯に行こうって話になったとき、後にも先にもないんですけど、えっちゃん(橋本絵莉子)が「私も行く!」って言ったんです。それで3人でご飯に行って、店でも脱退についての話はしなかったんですけど、ちょっとなにか起こってるなとは思ってました。

—2本目のドキュメンタリー映画『ふたりじゃない』(2013年)の撮影中も橋本さんの妊娠が発覚するなど、MINORxUさんは大きな出来事に立ち会っていますよね。

MINORxU:そうですね。メンバーにも俺がいるといろんなことが起こるって言われます(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

チャットモンチー
『誕生』初回生産限定盤(CD)

2018年6月27日(水)発売
価格:3,240円(税込)
KSCL-30062/3
※ 三方背ケース、ハードカバーブック仕様

1. CHATMONCHY MECHA
2. たったさっきから3000年までの話
3. the key
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
5. 裸足の街のスター
6. 砂鉄
7. びろうど

チャットモンチー『誕生』通常盤(CD)
チャットモンチー
『誕生』通常盤(CD)

2018年6月27日(水)発売
価格:2,592円(税込)
KSCL-30064

1. CHATMONCHY MECHA
2. たったさっきから3000年までの話
3. the key
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
5. 裸足の街のスター
6. 砂鉄
7. びろうど

チャットモンチー『たったさっきから3000年までの話』(7インチアナログ)
チャットモンチー
『たったさっきから3000年までの話』(7インチアナログ)

2018年6月6日(水)発売
価格:1,512円(税込)
KSKL-8534

イベント情報

『チャットモンチー完結展』

2018年6月27日(水)~7月10日(火)
会場:東京都 渋谷 GALLERY X BY PARCO
時間:11:00~20:00(最終日は18:00まで)
料金:500円

プロフィール

imai(いまい)

2003年結成、group_inouのTRACK担当。これまでに4枚のアルバムを発表。その音楽性はエレクトロミュージックやヒップホップ、ハードコア、ポップス等の要素やアティテュードを内包しながら、どこにも属さないサウンドとグルーヴを確立している。4thアルバム『MAP』収録“EYE”のMVが『文化庁メディアアート芸術祭新人賞』『アジアデジタルアート大賞展優秀賞』を受賞。音楽シーンだけに留まらず、グラフィックから映像作品に至るまで、各界のクリエイターと呼応した自由で多彩な活動にも注目が集まる。2016年に活動休止を発表。2017年より本格的にソロ活動を開始。2017年7月17日に『PSEP』をリリースした。

MINORxU(みのる)

映像像作家、Videographer。1978年東京生まれ。多摩美術大学卒業。チャットモンチー“majority blues”のミュージックビデオや、ツアードキュメンタリー『鳴るほど』(2011年)、『ふたりじゃない』(2013年)の監督を務める。その他、Gotch、HARUHI、Ken Yokoyama、LOSTAGE、My Hair is Bad、SLANG、WANIMAなどの映像作品を手がける。

和田貴博(わだ たかひろ)

1973年生まれ、大阪府出身。大阪・南堀江のレコードショップFLAKE RECORDS代表。愛称は「DAWA(ダワ)」。シフトレコードなどのショップスタッフを経て2006年に独立、開業。新譜の洋楽レコードをメインに、交流のある邦楽アーティストの新譜も取り扱う。店内にある商品のポップ原稿を全て自らで手がけ、自主レーベル「FLAKE SOUNDS」を主催し、さらに自主イベント『TONE FLAKES』のオーガナイズに、イベントDJまで仕事は多岐に渡る。FLAKE RECORDSは関西の音楽発信の場としても注目され、海外でも「あなたが死ぬ前までに訪れるべき魅力的な世界のレコード店 27選」にも選出されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開