特集 PR

鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

『内藤正敏 異界出現』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:木村直大

放送コードぎりぎりの笑い(という名の狂気?)でお茶の間の視聴者を戦慄させる鳥居みゆき。マジなのかネタなのかメタなのか判別しないその独自の世界観は、全国デビューから約10年が経ったいまも他の追随を許さず、演劇、ドラマ、小説、絵本と、多種多彩なジャンルへ活動の場を侵食し続けている。

そんな鳥居が、東京都写真美術館で開催中の『内藤正敏 異界出現』展に降臨した。青森県恐山のイタコ、1970~80年代の東京の闇、東北に伝わる山岳信仰、そして顕微鏡で覗くことのできるミクロの世界。日常の向こう側にある「異界」とカメラを通じて交信するような内藤の作品は、これまでその全貌を広く知られる機会をほとんど持たなかった。

そんなミステリアスな世界と、現代の巫女とも呼ぶべき鳥居みゆきの遭遇は、どんな反応となって現れるのだろうか? 誰も予想できない展覧会ツアーの幕が上がる……。

蝶々はパッと見るだけだと美しいけど、胴体は超絶グロい。それを隠しながら生きているのが好き。(鳥居)

鳥居みゆきに『内藤正敏 異界出現』展を案内するのは、同展を担当した石田哲朗学芸員。これまでにも、CINRA.NETの紹介記事ではたびたび著名人を案内してきた石田学芸員だが、リアクションの予想がつかない鳥居にいささかビビり気味に見える。

石田:内藤さんは、今年80歳の写真家なんですね。

鳥居:おじいちゃん!? おばあちゃん!?

石田:えっと……内藤さんは男性ですね。

鳥居:そうなんだ! だいぶ、おじいちゃんなわけですね!

鳥居みゆき
鳥居みゆき

アップダウンの激しい鳥居のリアクションにたじろぎながら、石田学芸員はこの展覧会についての説明を始めた。

1938年生まれの内藤正敏は、早稲田大学理工学部で応用化学を専攻し、一時期は化学製品会社に就職した。だが、高校時代から続けていたカメラ雑誌への応募をきっかけに本格的に写真家に転身。SF的な世界観の作品や、東北の信仰や習慣に基づく民俗学的なドキュメンタリー写真のシリーズを制作してきた。

現在は療養中のため撮影を休止しているが、本展には50年を超える活動の全貌が収められている。そして最初のコーナーには、内藤の最初期のシリーズが展示されている。

鳥居:これって写真なんですか? 骨みたいに見えるけど……絵なのかな?

鳥居みゆき

鳥居みゆき

首をかしげて凝視するのは、「トキドロレン」という1962年~63年にかけて作ったシリーズ。気泡の混ざったような有機的な質感と、漫画チックな手足が特徴的だ。

『トキドロレン』1962-63年 ゼラチン・シルバー・プリント 清里フォトアートミュージアム蔵
『トキドロレン』1962-63年 ゼラチン・シルバー・プリント 清里フォトアートミュージアム蔵

『トキドロレン』1962-63年 ゼラチン・シルバー・プリント 清里フォトアートミュージアム蔵
『トキドロレン』1962-63年 ゼラチン・シルバー・プリント 清里フォトアートミュージアム蔵

石田:「トキドロレン」は、内藤さんが考えた造語で「時間泥棒連合」という架空の生物群を造形化したものです。高分子物質(ハイポリマー)と有機溶剤などをガラス板の上で混合して化学反応を起こし、それを接写したもので……。

鳥居:よくわかんないな!

石田:うーんと、化学反応しつつある物質を人型に整えて撮ったものなんです。

鳥居:……つまり絵なんですか?

石田:絵というわけではなくて……。

左から:鳥居みゆき、石田哲朗(東京都写真美術館学芸員)
左から:鳥居みゆき、石田哲朗(東京都写真美術館学芸員)

鳥居みゆき

鳥居ワールドの独特なバイブスに「たじたじ」な石田学芸員だが、その後の説明を要約すると、内藤は応用化学の知識とSF的な興味を持っていて、地球から時間を消滅させる架空の生命体を創造し、このシリーズをカメラ雑誌に投稿していたのだという。

展示室には、作品が掲載された当時の雑誌も出品されている。「キメラ」と題された連作では、実父の目を撮影して素材にした巨大な一つ目の生き物を作った。

『キメラ』 『アサヒカメラ』1964年4月号より
『キメラ』 『アサヒカメラ』1964年4月号より

鳥居:あ、可愛い目玉! 大きさを変えたり反転したりしてるのが面白いですね。私もよく反転させてるんですよ、目玉。左目が気に入ってるので、反転させて右に移したり!

鳥居みゆき

雑誌の横には、同じく参考資料として内藤が表紙写真を提供したSF小説も並んでいる。レイ・ブラッドベリ『華氏451度』(1953年)、ロバート・A・ハインライン『夏への扉』(1956年)、小松左京『復活の日』(1964年)など、古典SFの名作ばかりで、1960年代当時の内藤とSF界の距離の近さがわかる。

小松左京『復活の日』早川書房刊「ハヤカワ・SF・シリーズ」の表紙(写真:内藤正敏)  1963-64年 作家蔵
小松左京『復活の日』早川書房刊「ハヤカワ・SF・シリーズ」の表紙(写真:内藤正敏) 1963-64年 作家蔵

1962年発行の『カメラ芸術』では、内藤の写真にSF作家の巨匠・星新一が文章を寄せるというコラボレーションも行なっている。

鳥居:このセミと日蝕みたいな『黒い太陽』は美しいですね。私、昆虫の内側や裏側が好きなんです。蝶々はパッと見るだけだと美しいけど、胴体は超絶グロい。それを隠しながら生きているのが好き。オモテと裏があったら、裏の部分を私は見たいんです。それに、イモリとか見た目が負け組のやつほど内側は綺麗なんですよ!

『黒い太陽』 『カメラ芸術』1959年11月号より
『黒い太陽』 『カメラ芸術』1959年11月号より

鳥居みゆき

支離滅裂かと思えば、哲学的な深みも感じさせる鳥居のコメント。内藤の作品と同じくらいの「謎」をはらんだ彼女を先頭に、一同は次の章へと歩みを進める。

Page 1
次へ

イベント情報

『内藤正敏 異界出現』

2018年5月12日(土)~7月16日(月・祝)

会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 2階展示室

時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜(7月16日は開館)

料金:一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円

※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害をお持ちの方とその介護者は無料

※第3水曜は65歳以上無料

トーク『内藤正敏の世界』

2018年6月29日(金)
会場:東京都 東京都写真美術館 1階スタジオ
時間:18:00~19:30
登壇:
赤坂憲雄(民俗学者、学習院大学教授)
定員:各回50名
※当日午前10時より1階総合受付にて整理券配布

担当学芸員によるギャラリートーク 2018年6月22日(金) 14:00~
2018年7月13日(金) 14:00~
※要展覧会チケット(当日消印)

鳥居みゆき単独ライブ狂宴封鎖的世界『Hotel La.Coffin』

2018年9月14日(金)~16日(日)
会場:東京都 新宿村LIVE
2018年10月6日(土)、7日(日)
会場:大阪府 近鉄アート館

プロフィール

鳥居みゆき(とりい みゆき)

お笑い芸人、女優、映像作家、小説家、絵本作家。1981年3月18日生。秋田県生まれ、埼玉県育ち。BSフジ『東北魂TV』でレギュラーを務めているほか、TBS『陸王』やANB『家政夫のミタゾノ』などにも出演。映画や舞台でも活躍している。絵本『やねの上の乳歯ちゃん』や小説『夜にはずっと深い夜を』『余った傘はありません』も話題を集める。趣味は般若心経、瞑想、被害妄想。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図