特集 PR

ゆずが20周年を経て語る、ゆずに求められている事、今歌いたい事

ゆずが20周年を経て語る、ゆずに求められている事、今歌いたい事

ゆず『公園通り』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:木村篤史 編集:川浦慧
2018/06/01

デビュー20周年を迎えた今もなお、その変わらぬ人気と勢いによって音楽シーンのど真ん中を突き進む、ゆず。今年4月にリリースした通算14作目となるアルバム『BIG YELL』を引っ提げた全国ツアーの真っ只中である彼らが、配信シングル“公園通り”を5月29日にリリースした。そのモチーフは、ゆずの2人にとって思い出深い、渋谷・公園通りであるという。<公園通りでこんにちは / 懐かしいあの頃に出会ったんだ>というフレーズから始まるこの曲。今を遡ること20年前、渋谷「公園通り劇場」で、初の有料ワンマンライブを行ったという彼らが、今改めて思いを馳せる「ゆずの原風景」とは、果たしてどんなものなのだろうか。

5月某日、そのミュージックビデオを撮影するため、渋谷・公園通りを訪れた、ゆずの2人に密着。撮影の合間を縫って話を聞いた。前シングル“うたエール”のMVを、自身のルーツである横浜・伊勢佐木町で撮影するなど、今再び自らの足で「思い出の地」を訪れることを意識しているように思える彼らの真意とは。全国ツアー真っ最中に行われた貴重なインタビュー。

「渋谷の街を、ゆずがギター持って歩くとか大変ですよ」とか、そういうことは一旦置いといて(笑)。(北川)

—今回は、渋谷・公園通りで新曲“公園通り”のミュージックビデオ(以下、MV)撮影を行いました。ゆずというと、伊勢佐木町のイメージが強いですが、2人とって公園通りはどういう場所なのでしょう?

北川:伊勢佐木町は、僕らがゆずとして歌い始めた場所、僕らがゆずになった場所なので、すべての原点であり、それなしでは語れない場所だと思うんですよね。それに対して公園通りは、僕らが路上からプロの世界に一歩踏み出した場所という感じ。それまでは、路上のフリーライブだったんですけど、初めてお金をもらってライブをやったのが渋谷の「公園通り劇場」なんです。

—なるほど。渋谷は、ゆずが路上から次の場所に旅立った、プロとしてのスタート地点だったということですね。

岩沢:「ホーム」と「アウェイ」でたとえるなら、僕たちにとって伊勢佐木町は「ホーム」だけど、渋谷の街は、やっぱり「アウェイ」なんですよね。今日実際歩いて、また改めて感じました。電車に乗れば30分ぐらいで横浜に帰れるんですけど、それでもちょっと気持ちが引き締まる感じがあるんです。懐かしさもあるんですけど、やっぱり最初の挑戦の場というイメージがいまだにあるんですよね。

早朝5:30から始まったMV撮影中の様子。左から北川悠仁、岩沢厚治
早朝5:30から始まったMV撮影中の様子。左から北川悠仁、岩沢厚治

—今日、実際に公園通りで撮影してみてどうでしたか?

北川:まさか、渋谷の街をギターを弾きながら2人で歩く日がくるとは思わなかったですよね(笑)。ただ、今回どんなMVにしようかって考えたときに、いちばん嫌だったのは、普通に撮ることだったんです。キャリアを重ねていくことで、「これはもうやらない」みたいなものがあったりするじゃないですか。そういうのは嫌だなと思っていて。まあ、ゆずの場合、そういうのは、ほとんどないんですけど(笑)。

—たしかに、ゆずが公園通りでMV撮影する風景は、ちょっと普通じゃなかったです。

北川:「渋谷の街を、ゆずがギター持って歩くとか大変ですよ」とか、そういうことは一旦置いといて(笑)。最初のアイデアは、セルフィ―での撮影だったんですよね。全部自分たちで撮ってしまおうかって。そういうものを今自分たちが作るのは、すごく面白いんじゃないかと思って。

—20周年を経た今、ゆずの2人がそれをやるというのは、面白いですよね。

北川:前回の“うたエール”(2018年4月リリース)のプロジェクト(横浜・伊勢佐木町で2018人の参加者と一緒にMVを撮影した。参考記事:2020人のゆずがゲリラライブ。話題CMを東畑幸多と山田智和が語る)もそうだったんですけど、やっぱり「やってみよう!」っていう気持ちが、まず何よりも大事だと思うんですよね。で、いっそ自分たちで撮っちゃおうかと思っていたところに、大喜多(正毅)さんが監督で参加してくれることになって。だから、僕らの自撮り的なところもありつつ、手作りなアイデアがたくさん入っているんですよね。

なので、今日はMVを撮っている感じではやってなかったもしれないです。昔、自分たちでビデオを回しながら、しょーもない映像を撮ったりしていたんですけど、今日は何かそれぐらいの気持ちで一日やってましたね(笑)。

やっぱり、いちばん大事なのは、「渋谷で撮りたい!」っていう、その初期衝動だと思うんです。(岩沢)

—岩沢さんは、どうでしたか?

岩沢:大喜多さんとは、僕らがデビュー間もない頃から、何度もご一緒させていただいているんです。今回は結構久しぶりなんですけど、デビュー当初から知ってる安心感が、やっぱりあって。今日スチールを撮ってくれたカメラマンの木村(篤史)さんも、過去にアーティスト写真などを撮ってくれた方なので、信頼関係はバッチリのチームなんですよね。あと、今自分たちがいちばん気を付けていることとして、フットワークの軽さっていうのがあって。

—というと?

岩沢:キャリアを重ねることで、だんだんフットワークが重くなっていくことって結構あるじゃないですか。それは良くないと思っていて。だから、今日みたいに「朝4時半集合です」って言われても、「どういうこと?」とはならず、「渋谷の街中で撮るためには、その時間じゃないとダメだよね」って考えるというか。

やっぱり、いちばん大事なのは、「渋谷で撮りたい!」っていう、その初期衝動だと思うんです。だから、そこで「それはちょっと難しいです」ってならずに、「どうやったらできるんだろう?」「早朝なら大丈夫かな?」って考えるのは、すごく真っ当だと思っていて。そういう意味で、今日はすごく、健全な撮影会だったと思います(笑)。

もちろん、お金を掛けていいものを作ろうとするときもあるんですけど、今回みたいなときは、もともと路上でやっていた自分たちの得意技というか、フットワークの軽さみたいなものを、いかんなく出せたんじゃないかと思うんですよね。

MV撮影中の様子。大喜多監督とセルフィーでの撮影のチェック中
MV撮影中の様子。大喜多監督とセルフィーでの撮影のチェック中

MV撮影中の様子。公園通りを何度も往復した
MV撮影中の様子。公園通りを何度も往復した

—実際、渋谷の街に出ると、今回のジャケットに映っている渋谷PARCOが建て直しでなくなっていたり、20年前とはだいぶ景色が違っていましたが、そうやって変化し続ける、今の渋谷を映像に収めるというのも、意味のあることのように思いました。

北川:そうですね。音楽・映像・写真と、なんでもそうなんでしょうけど、やっぱりその瞬間を収めることに意味があるというか。それが何年か経ったあと、「あ、こうだったな」ってよみがえったりすることって、結構たくさんある気がするんですよね。だから、今まさに変わりゆく、変わり続けてゆく渋谷で撮影することができたのは、すごく意味があることだったように思います。

Page 1
次へ

リリース情報

ゆず『公園通り』
ゆず
『公園通り』

2018年5月29日(火)配信

プロフィール

ゆず
ゆず

北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。横浜・伊勢佐木町での路上ライブで話題を呼び、1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』でCDデビュー。翌98年6月にリリースした1st Single『夏色』で脚光を浴びると、その後『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。現在NEW ALBUM『BIG YELL』を引っさげ、約35万人を動員するアリーナツアー<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>を敢行中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化