特集 PR

キース・へリングってどんな人だった? 宇川直宏とHirakuが紐解く

キース・へリングってどんな人だった? 宇川直宏とHirakuが紐解く

『キース・ヘリング生誕60年記念 特別展 Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:木村直大、宮原朋之

記号化された色とりどりの人間たちが、リズムに乗って踊り、愛を交わすグラフィックを知らない人はいないだろう。1980年代アメリカの現代美術を代表する作家、キース・ヘリング。1990年に31歳の若さで亡くなった彼の生誕60年目である今年、8月9日(木)から表参道ヒルズで回顧展が開催される。

『キース・ヘリング生誕60年記念 特別展 Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道』では、彼が手がけたレコードジャケットやオリジナルポスターが展示されるほか、生前4回に渡って来日したキースと東京の関係を伝えるものとして、1988年に表参道の路上で行われたゲリラパフォーマンスの写真を、世界で初めて公開する。

当時10代後半だった宇川直宏は、雑誌や音楽メディアを通じてキースのマインドに影響を受けた一人だ。アートと大衆性が隣接する界面を探り、その拡張や進化に人生を捧げてきた宇川と「アートはみんなのもの」と訴え続けたキースは、時代と国を超えて共鳴しているとも言えるだろう。今回の展覧会キュレーションを担当した中村キース・ヘリング美術館スタッフのHirakuと共に、キースが歩んだ人生、そして今に残したものを探る。

キースって男の子っぽさ、男の子のやんちゃさを描いている人だから。大人のおもちゃに起用されるのも理解できる。(Hiraku)

—キース・ヘリングが偉大なアーティストであることは周知のことですが、一方でTシャツのグラフィックにしやすいポップさ、かわいさも特徴的で、その気軽さがアーティストとしてのキースへの理解を難しくしている理由でもある気がします。

宇川:最初にいきなりする話じゃないですが、TENGAがキース・へリングver.を発売してましたよね。あのTENGAは所謂男性のマスターベーションのためのグッズだけれど、凄まじいのは内側に密度の濃いキースのドローイングを凸凹で造形していますよね。なので、キースの温もりをじかに感じられる。キースの愛撫を堪能できる(笑)。

宇川直宏
宇川直宏

Hiraku:それは的を得た指摘ですよ。というのは、じつはキースって男の子っぽさ、男の子のやんちゃさを描いている人だから。大人のおもちゃに起用されるのも理解できる。

Hiraku(中村キース・ヘリング美術館)
Hiraku(中村キース・ヘリング美術館)

宇川:以前、ある画集でキースがゲイカップルだけの公衆浴場の壁面に描いたドローイングを見たんだけど、それがかなりハードコアなんですよ。キースの画風で、『さぶ』とか『薔薇族』とか『サムソン』(いずれもゲイ雑誌)の世界が展開されている。彼は壁画もたくさん手がけてますから、言ってみればキースなりの『カーマ・スートラ』(古代インドの性愛論書。様々な体位を紹介しており、寺院壁画のレリーフとしても現代に伝わる)ですね。世界遺産であるカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院のような性愛の世界にぞくぞくしました(笑)。

—いきなり思いもしなかったキース像が提示されましたが(笑)。今回の展覧会では、世界初公開となる東京・表参道でのゲリラドローイングの記録写真・映像も紹介されます。それも「誰も知らなかったキース・ヘリング」と言えますね。

今回の展覧会で世界初公開となるゲリラドローイングの記録写真
今回の展覧会で世界初公開となるゲリラドローイングの記録写真

キース・へリングのポートレート©Keith Haring Foundation
キース・へリングのポートレート ©Keith Haring Foundation

Hiraku:僕が在籍する中村キース・ヘリング美術館が大阪でポップアップショップを企画したときに偶然発見した写真で、親交のあった方が当時プライベートで撮影したものです。

ゲリラドローイング自体は、とある雑誌編集部が企画したものだったんですが、同潤会アパートの上層階から撮影したこのアングルは珍しい。今回の展覧会の会場が表参道ヒルズですから、約30年前の1988年、目の前の通りで行われたパフォーマンスを振り返るのに、これ以上相応しい場所はないんじゃないかな、と。

宇川:1988年ということは、この2年後にキースは亡くなっている。

Hiraku:そうですね。エイズの合併症で、31歳で亡くなりました。

宇川:すごく巨大な大作だったので、今回俯瞰して見られるのは嬉しいですね。しかも、当然ながらいまは存在しない作品。

Hiraku:チョークで描いたものですし、ゲリラっていう性格上すぐに消す必要がありましたからね。

 

宇川:この表参道のストリートドローイングと、原宿にあったピテカン(ピテカントロプス・エレクトス。1980年代初頭の東京を代表するクラブ)の壁面に描いたドローイングは、もし今、日本に残っていたら超弩級のメモリアルピースになっていましたね。ワタリウム美術館の壁画は今も奇跡的に保存されていますが、もしもこれらが残っていたら、初来日の3部作として貴重な文化遺産になっていた。

Hiraku:そうですね。ピテカンもワタリウム美術館のドローイングも1983年のキース初来日の際に描かれたものです。1988年の来日は、キースがプロデュースする商業施設「ポップショップ」のオープンのためでした。結局その店も1年足らずでクローズしてしまったんですけど、当時の日本は海賊版がたくさん出回っていた時代で、キースのグラフィックも大量にコピーしてTシャツ化されていたんです。

本人としては「生命」や「人間のなかにある衝動」の表現として描いているものが、単に「かわいい」的なコピーとして扱われていることがショックだったそうです。それが理由で店を閉めたという話を聞きました。

Hiraku

Page 1
次へ

サイト情報

表参道ヒルズ特設ページ『FEATURE』

インタビュー記事掲載中「宇川直宏とHirakuが紐解く キースへリングが愛した表参道のストリートカルチャー」

イベント情報

『キース・ヘリング生誕60年記念 特別展 Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道』

2018年8月9日(木)~8月19日(日)
会場:東京都 表参道ヒルズ スペースオー
時間:11:00~21:00(8月12日は20:00まで、最終日は18:00まで、入場は閉場の30分前まで)
料金:無料

プロフィール

宇川直宏(うかわ なおひろ)

1968年香川県生まれ。映像作家/グラフィックデザイナー/VJ/文筆家/京都造形芸術大学教授/そして「現在美術家」……幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている。2010年3月に突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける。『文化庁メディア芸術祭』審査委員(2013~2015年)。『アルスエレクトロニカ』サウンドアート部門審査委員(2015年)。また高松市が主催する『高松メディアアート祭』ではゼネラルディレクター、キュレーター、審査委員長の三役を務め、その独自の審美眼に基づいた概念構築がシーンを震撼させた。2016年には『アルス・エレクトロニカ』のトレインホールにステージ幅500メートルのDOMMUNEリンツ・サテライトスタジオを開設し、現地オーストリアからのストリーミングが世界的話題となった。2019年は瀬戸内国際芸術祭に参加し、DOMMUNEの最新プロジェクトを展開予定。

Hiraku(ひらく)

中村キース・ヘリング美術館プログラム&マーケティングディレクター。ニューヨークでアートプロジェクトを中心にモデル業を行い、写真家ライアン・マッギンレーやレスリー・キーなどの被写体に。ニューヨークのナイトライフやアンダーグラウンド・カルチャーで名を残す中、2010年にパトリシア・フィールドのクリエイティヴ・ディレクターを務める。彼がデザインした「VOGUE」シリーズの商品は、多くのハリウッド・セレブリティ達に愛用される。ソーシャル・メディアを中心に、トーク・ショーへの出演、モデルやアンバサダーなどと様々な分野で活躍し、2018年現在、キース・ヘリングのアートを通し、様々なプロジェクトに携わっている。作家の生前の遺志を継ぎ、LGBT人権の啓発運動やHIV/AIDS予防啓発や陽性者のサポートなど社会活動に積極的に参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露