特集 PR

一柳慧×白井晃 「企業化」する社会。今必要なのは総合的に見る力

一柳慧×白井晃 「企業化」する社会。今必要なのは総合的に見る力

『Memory of Zero』
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:江森康之 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

先輩の話は聞くものだ、と私たち若い世代は知っている。歴史を学ぶべきだ、ということも。でもどうしたって、あくせくする日常の中で目の前のことに囚われて、貸す耳を持たなくなってしまいがちだ。そうこうするうちに、時代は思わぬ方向へ流れていってしまう。

でもここに、どこまでも優しく、そして情熱的なアジテーションで、自らの歩みを伝えてくれる先達2人がいる。ダンサーとの大々的なコラボレーションを行う舞台『Memory of Zero メモリー・オブ・ゼロ』を手がける、現代音楽界のレジェンドにして作曲家・ピアニストの一柳慧、そして同じく演劇界の第一人者である演出家・俳優の白井晃だ。

神奈川芸術文化財団の芸術総監督である一柳、KAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督である白井による本作は、「身体と記憶」をキーワードに、ダンスの歴史を振り返り、そして人気作家ポール・オースターの作品を用いていくという。2人が半世紀を超える半生から今回の公演の真意を語る時、それは私たちに向けた、とてつもなく熱い鼓舞になっていた。

いまだに僕は、20歳前後に観た舞台表現に触発されて得た感覚を追い求めているだけかもしれない。(白井)

—今日はまず、お2人がそれぞれ20~30代の時期に、何を考えていたのかを伺ってみたいと思っています。1957年生まれの白井さんは、1983年に劇団「遊◎機械/全自動シアター」を立ち上げましたよね。

白井:京都に住む学生だった20歳前後にアンダーグラウンドな舞台表現にのめりこんだんです。鴨川のほとりでは唐十郎さんがテントを張って芝居をやっていて、「何だこれは!」と。寺山修司さんや麿赤兒さんの大駱駝艦をはじめ、ものすごいエネルギーに満ち溢れていて、ハッキリ言えばドロドロの芝居がいっぱい来ていたんです(笑)。

それまで思っていた演劇という既成概念を完全に崩されて、いまだに僕は、その時に触発されて得た感覚をずっと追い求めているだけかもしれない。あの感動をお客さんにも味わってもらいたくて、演劇を壊し続けているのかもしれないとさえ思います。

左から:白井晃(KAAT 神奈川芸術劇場 芸術監督)、一柳慧(神奈川芸術文化財団 芸術総監督)
左から:白井晃(KAAT 神奈川芸術劇場 芸術監督)、一柳慧(神奈川芸術文化財団 芸術総監督)

—いずれも舞台表現の革命児の方々ですね。既存のフレームが壊れていく面白さは、1933年に生まれ、1954年に渡米された一柳さんが味わっていたものに近いのではないでしょうか。

一柳:敗戦後、焼け野原の日本で、電気やガスはもちろん、食べるものさえない中で生きていました。楽器もなければ楽譜もないので、音楽をやりたいと思ってもそうした環境は望めず、ニューヨークのジュリアード音楽院に行ったんです。ただ、私はあまり学校でのアカデミックな教育が好きではなくて(笑)。

日本との違いで一番ビックリしたのは、ニューヨークの街並みです。メインのアベニューには、まるでブティックが点在するように、数軒おきにギャラリーやミュージアムがあり、現代アートが展示されていた。本当に面白くて、学校はなるべくサボって(笑)、そうした場所や劇場に足を運びました。そこから学んだもののほうが、今につながっているものとしては大きいんです。

一柳慧

ジョン・ケージと一緒に行動しているうちに、芸術活動とはこういうことなのか、と飲み込めてきたんです。(一柳)

—お2人ともそうした日々の中、既存の枠組みの「外」で、ダンスにも出会われたわけですよね。

白井:そうですね。演劇の先輩たちから得た衝撃と同様に、それまでの概念から逸脱して表現されていたダンスに、猛烈に揺さぶられたんです。ダンスを貪るように観るようになったのは1980年代でしたが、それ以前からモーリス・ベジャールやローラン・プティといった世界的なバレエの振付家が来日した際などは好きで観ていました。彼らも既に、既存のバレエという概念からは逸脱し始めていましたね。僕にとって一番コンテンポラリーだったのは、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス、マギー・マラン、ヤン・ファーブル……。

白井晃

—コンテンポラリーダンスの歴史を形作ってきた方々ですね。

白井:一柳さんが出会ったマース・カニングハム、あるいはマーサ・グラハムといった人々は、後から知っていきました。そして1980年代当時、僕らの同世代の振付家の人たちも出て来て、僕も同様に、先輩たちから得た衝撃を演劇の可能性としてどのように引き継いでいけるだろう、と考えていた。ダンスから受け取ったものは、すごく大きいんです。

—一柳さんも、1959年にジョン・ケージに出会った後、ダンスとの本格的な出会いを経験されますね。

一柳:元からダンスそのものには非常に関心はあったんです。順を追ってお話しすると、私が出会ったジョン・ケージは、アカデミックな学校からは縁遠い人でした(笑)。結局、フリーランサーという形で、実験の場を自分で作って広げていった人だったんです。私も、弟子としてジョン・ケージという先生から何かを習おうということではなく、一緒に行動するという経験をしているうちに、芸術活動とはこういうことなのか、ということがだんだん飲み込めてきたんです。

ニューヨークにいた私は、学校の先生方のレッスンでバイオリンやチェロの伴奏などをしていたんですが、演奏するのはクラシックがほとんどでした。それがジョン・ケージと出会ってから変わったんです。マース・カニングハム舞踊団の音楽監督だった彼から、カンパニーでピアノを弾いてくれないかと頼まれた。それが本当に、私のためになったんです。

—どういうことでしょうか?

一柳:具体的には、楽譜が突如なくなったんです(笑)。私は、ずっと即興でピアノを弾きっぱなしです。踊っているダンサーに対して、音楽も完全にひとつの独立した分野としてぶつけ合う、という感じでした。

左から:一柳慧、白井晃
Page 1
次へ

イベント情報

一柳慧×白井晃 神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクト『Memory of Zero メモリー・オブ・ゼロ』
一柳慧×白井晃 神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクト
『Memory of Zero メモリー・オブ・ゼロ』

2019年3月9日(土)、3月10日(日)全2公演
会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホール

ピアノ:一柳慧
構成・演出:白井晃
振付:遠藤康行
指揮:板倉康明
演奏:東京シンフォニエッタ
出演:
小池ミモザ
鳥居かほり
高岸直樹
引間文佳
遠藤康行
梶田留以
木ノ内乃々
五島茉佑子
児玉アリス
佐藤明花
鈴木彩海
鈴木春香
平雛子
まりあ
米持愛梨
上田尚弘
大橋武司
掛場一慶
郡司瑞輝
ながやこうた
水島晃太郎
吉﨑裕哉
料金:一般6,500円 学生3,000円
※学生は24歳以下が対象・枚数限定
※未就学児は入場不可

プロフィール

白井晃
一柳慧(いちやなぎ とし)

1933年神戸市生まれ。ピアノを原智恵子、B・ウェブスターの両氏に師事。高校時代に毎日音楽コンクール(現日本音楽コンクール)作曲部門第1位入賞。1954年からジュリアード音楽院に学び、クーリッジ賞、クーセヴィツキー賞等を受賞。留学中にジョン・ケージと知り合い、不確定性の音楽を展開、61年に帰国。これまでに尾高賞、フランス芸術文化勲章、サントリー音楽賞等多数受賞。また紫綬褒章、旭日小綬章、文化功労者に顕彰される。平成28年度には第65回尾高賞、日本芸術院賞、及び恩賜賞を受賞。平成30年秋、文化勲章を受章。現在、日本・フィンランド新音楽協会理事長、神奈川芸術文化財団芸術総監督。(プロフィール写真撮影:Koh Okabe)

白井晃
白井晃(しらい あきら)

演出家、俳優。京都府出身。早稲田大学卒業後、1983-2002年、遊◎機械/全自動シアター主宰。劇団活動中よりその演出力が認められ、多くの演出作品を手がける。演出家として独立後は、ストレートプレイからミュージカル、オペラまで幅広く発表し、緻密な舞台演出で高く評価される。中でもポール・オースター作『ムーン・パレス』『偶然の音楽』『幽霊たち』やフィリップ・リドリー作『ピッチフォーク・ディズニー』『宇宙でいちばん速い時計』『ガラスの葉』『メルセデス・アイス』『マーキュリー・ファー』『レディエント・バーミン』など海外の小説・戯曲を独自の美学で演出し、好評を博す。神奈川県民ホール開館30周年記念事業 一柳慧作曲 オペラ『愛の白夜』(06年、09年再演)では演出を手がけ高い評価を得た。読売演劇大賞優秀演出家賞、湯浅芳子賞、佐川吉男音楽賞、小田島雄志・翻訳戯曲賞などの受賞歴がある。2014年4月KAAT 神奈川芸術劇場アーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)。2016年4月、同劇場芸術監督に就任。(プロフィール写真撮影:二谷友希)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表 9

    上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表

  10. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 10

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開