インタビュー

VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:小田部伶 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

「家でコーラを飲みながら、ずっとゲームをしていたい」。そうボソッと口にするヒップホップのアーティストが、いま多くの支持を集めはじめている。

1993年生まれ、26歳となった彼の名は、VaVa。トラックメイカー / DJとしてキャリアをスタートさせ、KID FRESINOらにトラックを提供する一方、2017年からはラッパーとしても活躍してきた。2018年夏から3枚のEPを怒涛の勢いで発表し、2019年2月20日、満を持しての新作アルバム『VVORLD』をリリース。tofubeats、BIM、角舘健悟という旬のアーティストたちも参加した同作は、10代の頃は引きこもってゲームばかりしていたというVaVaがバーチャルと現実の世界を行き来しながら紡ぎあげた、瑞々しいアルバムになっている。

VaVaがインタビューで語った、実直な言葉。飾らずに、足元で感じるフィーリングを大切にする姿は、まるで彼の楽曲そのもののようだ。

学生時代はとにかく、僕は弱かったし、引きこもっていたんですよ。

—『VVORLD』は、どう読めばいいんでしょう?

VaVa:そのまま、ワールド(=world)です。VaVa=僕の世界、という意味がありつつも、それぞれ聴く人なりの世界を思い浮かべてもらえるだろうということで、このタイトルにしました。

VaVa
VaVa

—昨年夏から『Virtual』『Idiot』『Universe』と3枚のEPを立て続けに出して、そしてアルバム、と。すごいリリースペースですよね。

VaVa:もともとEPを3枚出したあとにアルバムを出す、ということを目標にしていたんですよ。内心、「いけるかなあ……」という不安もありつつ、とにかくやってみます、という感じで。去年の後半は部屋にこもりきりで、ずっと曲を作っていました。

—tofubeatsさんがやっていらっしゃる「HARD-OFF BEATS」という映像シリーズ(ハードオフで買ったレコードだけで、1時間以内にトラックを作る企画)で、ウンウン悩みながら曲を作っている様子が映っていましたが、普段の制作もあんな感じなのですか?

VaVa:「ハードオフで買ったレコードだけで」「1時間以内に」という制約を除けば、あのままです。ずっと自分の部屋にこもって……本当に、独り言だらけで制作しています(笑)。

—VaVaさんはゲーム好きとして知られていますよね。以前はスマホゲームをやりながら曲を作っていたようですけど。

VaVa:いまはもう無理ですね……去年12月に出したEP『Universe』から今回のアルバム制作期間は、そんな余裕はなくなりました(笑)。

—トラック作りは、高校の頃からやっていらしたんですよね。

VaVa:そうです。僕はサンプリングという手法でビートを作っているんですが、まずはネタ探しからはじまります。いろいろと昔の曲を聴いて、ネタもストックして。「あ、これヤバい!」というアイデアが湧いたときは、すべて投げ出して曲を作ります。ネタや自分のアイデアとめぐり合う瞬間を逃したら怖くて、あんまり人と遊べないんです(笑)。パソコンの前から動くのが怖くなるというか。

—ルーツとしては、どんな音楽が好きだったんですか?

VaVa:もともとは、すごくハードなヒップホップばかり聴いていたんです。海外だとWaka Flocka Flameとか、Ace Hoodとか……。「オラオラ!」みたいな、ムキムキのヒップホップです(笑)。

VaVa

—2000年代後半から2010年代前半に活躍したラッパーたちですね。

VaVa:国内だと、B.D. the Brobusさんとか。とにかく、僕は弱かったし、引きこもっていたんですよ。中学、高校と男子校だったんですが、特に中学校は死ぬほどつまらなくて……ハブられたりもしたし、クラスのなかの階級みたいなものも本当に嫌で。

『VVORLD』に収録した“つよがりのゆくえ”は、まさにその頃のことを歌った曲です。そんなふうに弱かった僕でも、ハードなヒップホップを聴いていると、電車のなかで誰よりも自分のことを強く感じられて。

VaVa“つよがりのゆくえ”を聴く(Apple Musicはこちら
Page 1
次へ

リリース情報

VaVa『VVORLD』
VaVa
『VVORLD』(CD)

2019年2月20日(水)発売
価格:2,700円(税込)
SMMT-107 / XQMV-1013

1. Welcome to VVORLD
2. Chapter
3. 現実 Feelin' on my mind
4. Virtual Luv feat. tofubeats
5. Honey
6. Hana-bi feat. BIM
7. Dry Ice Vibe
8. Pac man
9. 8 bit Cherry
10. ロトのように
11. つよがりのゆくえ
12. 星降る街角 feat. 角舘健悟
13. Ziploc
14. Blend Prod
15. 93′ Syndrome
16. NES

イベント情報

『VVORLD Release Party』

2019年2月23日(土)
会場:東京都 代官山 UNIT

ライブ:
VaVa
OMSB
DJ:
tofubeats
KID FRESINO
okadada
shakke-n-wardaa
UNICE:CreativeDrugStore
料金:前売2,800円

プロフィール

VaVa
VaVa(ゔぁゔぁ)

2012年からビートメイカーとして活動を開始。これまでビートメイカーとして、2013年「Blue Popcorn」、2016年「Jonathan」と2枚の作品を発表。またTHE OTOGIBANASHI'Sの1stアルバム「TOY BOX」や、2ndアルバ「BUSINESS CLASS」ではリード曲「Department」のプロデュースを担当。そして2017年、VaVa自身による全曲フル・プロデュースの1st ラップアルバム「low mind boi」をリリースした。その他にも、平井堅「魔法って言っていいかな?」のオフィシャルRemixや、サニーデイ・サービス「Tokyo Sick feat. MARIA VaVa Remix」を手掛けるなど、HIPHOP層以外のアーティストからも高い支持を受けている。2018年には、3枚のEPを立て続けに発表。2019年2月、2ndアルバム『VVORLD』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも