特集 PR

ゴスペラーズとSIRUPが語る、ソウルミュージックとは「エモ」

ゴスペラーズとSIRUPが語る、ソウルミュージックとは「エモ」

The Gospellers 25th Anniversary tribute『BOYS meet HARMONY』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島大地、矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

メンバー同士の「こいつしょうがねえなあ」というところを楽しめている。(黒沢)

—それにしても、25年もの間ずっと続けてこられた秘訣はどこにあると思いますか?

黒沢:どうだろう……。これは冗談でもなんでもなく、活動初期の段階で「ギャランティは5分割」と決めたのは大きいと思います。ソロ活動も含め、入ってきたお金は全て5人で分ける。

バンドって、結局お金で揉めることがほとんどじゃないですか。『ボヘミアン・ラプソディ』でも、そういうエピソードありましたよね(笑)。「メンバーのギャラを考えて歌う曲を決めるのは嫌だ」「俺は音楽がやりたいんだ」って、映画の中でフレディは叫んでましたけど、そういう意味で僕らはずっと、お金に煩わされることなく「音楽」をやってこられたと思うんです。

SIRUP:ギャラの話は今日初めて知りましたけど、未だに曲決めのときに「誰が歌うか?」をメンバー内でコンペしていると聞いて、本当にエネルギーの尽きない方たちなんだなと思いました。

黒沢:あと、さっき「多様性」という話もしましたけど、メンバー同士の「こいつしょうがねえなあ」というところを楽しめるというのも大きいかも知れない。「なんだあいつ、許せねえ」とはならず、欠点も受け入れる気持ちが大きいというか。そういう意味では僕ら全員、グループ活動に向いていたんでしょうね。

ゴスペラーズ
ゴスペラーズ

—黒沢さんは、今回のトリビュートを聴いてどんな感想をお持ちになりましたか?

黒沢:自分たちは結構背伸びして大人っぽい音楽を作り、歌っていたつもりだったんですけど、こうやって自分たちが歳を取って、自分たちよりも若い人たちが歌っているのを聴くと、「やっぱり歳相応の、キラキラした曲を歌ってたんだな」と今更ながら思いましたね(笑)。特にXOXが歌う“月光”なんて、その最たる仕上がりですよね。当時は渋いバラードのつもりだったけど、このアレンジで聴くとキラキラしてるなって。

黒沢:いろいろ再発見させてもらえるトリビュートですね。楽曲そのもののよさも改めて知れました。僕らはボーカルグループなので、ついつい自分たちの歌声やハーモニーに耳がいきがちなんですけど、純粋に楽曲と向き合って「俺たちいい曲を歌ってきていたんだなあ」と。すごく勇気をもらったアルバムです。

なにより、若い世代がやりたいようにやってくれたのが嬉しいですね。FlowBackの“星降る夜のシンフォニー”は、メロディの美しさ、コードの美しさをあえて最小限まで削ぎ落とすことによって今っぽくアレンジしてくれていて。そういう、チャレンジを忘れない僕らのアティチュードも受け取ってもらえたようで嬉しかったです。Creepy Nutsなんて、歌詞まで変えてもはや自分の曲にしちゃってますから(笑)。

<村上てつや×Creepy Nuts対談はこちら / Creepy Nutsとゴスペラーズが振り返る、R&Bとラップ共闘の歴史

The Gospellers 25th Anniversary tribute『BOYS meet HARMONY』ジャケット
The Gospellers 25th Anniversary tribute『BOYS meet HARMONY』ジャケット(Amazonで見る
Page 4
前へ

リリース情報

V.AThe Gospellers 25th Anniversary tribute『BOYS meet HARMONY』
V.A
The Gospellers 25th Anniversary tribute
『BOYS meet HARMONY』(CD)

2019年3月20日(水)発売
価格:2,700円(税込)
KSCL-3136

1. 永遠に / SIRUP
2. ミモザ / COLOR CREATION
3. 新大阪 / Da-iCE
4. 熱帯夜 / UNIONE(ユニオネ)
5. ポーカーフェイス / Creepy Nuts
6. 星降る夜のシンフォニー / FlowBack
7. 月光 / XOX
8. 星屑の街 / SOLIDEMO
9. ひとり / 港カヲル from グループ魂

  • Apple Musicで聴く
  • イベント情報

    『ゴスペラーズ 25th Anniversary tribute live 〜BOYS meet HARMONY〜』

    2019年3月25日(月)
    会場:東京都 Zepp DiverCity

    出演:
    ゴスペラーズ
    COLOR CREATION
    大野雄大(from Da-iCE)
    XOX
    SIRUP
    SOLIDEMO
    FlowBack
    UNIONE

    リリース情報

    SIRUP
    『FEEL GOOD』(CD)

    2019年5月29日(水)発売
    価格:3,024円(税込)
    RZCB-87001

    プロフィール

    ゴスペラーズ
    ゴスペラーズ

    1991年に早稲田大学のアカペラサークル「Street Corner Symphony」で結成し、94年にキューンミュージックよりメジャーデビュー。2000年リリースのシングル“永遠に”がロングセールスを記録し、『ひとり』は、アカペラ作品としては日本音楽史上初めてセールスチャートのベスト3入りを果たした。日本のボーカルグループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。

    SIRUP
    SIRUP(しらっぷ)

    R&B / ソウル、HIPHOPなどをベースに、ジャンルを超えて様々なクリエイターとコラボレーションし、新しいものを生み出していく。その変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激するグルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観でリスナーを魅了する。SIRUPは、「Sing & Rap」からなる造語。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    突然少年“火ヲ灯ス”

    教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

    1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

      Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

    2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

      スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

    3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

      chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

    4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

      松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

    5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

      『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

    6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

      松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

    7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

      米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

    8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

      『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

    9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

      池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

    10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

      BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影