特集 PR

映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る

映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る

『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

米津玄師“Lemon”と、あいみょん“マリーゴールド”という、2018年における国内のポップミュージックの双璧をなす楽曲のミュージックビデオを手がけ、『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019』にて「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞した山田智和。刻一刻と変化していく都市の風景や、躍動する人間の身体性を、光と闇、水の「揺らぎ」などを用いて美しく描き出す彼の作風は、ミュージシャンのみならず多くのクリエイターを虜にし、ミュージックビデオをはじめCMやショートムービー、スチール写真など様々な分野での活躍が続いている。

水曜日のカンパネラやサカナクションとの一連の作品で頭角を現し、その後スタイルや手法を変化させながらも常にカッティングエッジな映像で我々を驚かせ続けている山田。その創作のコアにあるものは一体何だろうか。2018年に彼が制作した代表作を紐解きながら、その秘密に迫った。

「大衆と向き合う覚悟のある作品こそアートだな」ということを強く感じた。

—まずは先日の『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019』での、「BEST VIDEO DIRECTOR」受賞おめでとうございます。

山田:ありがとうございます。光栄です。

—2018年は、本当に様々な場所で山田さんの作品を目にしてきました。ご自身は、振り返ってみてどのように感じますか?

山田:2018年はとにかく作品をたくさん作りました。お正月のゆずさんのMV撮影(“うたエール”)にはじまって、大晦日に踊ってばかりの国のMV(“Ghost”)を撮影してと、本当に365日映像に向き合ったと思います。東京に雪が降った日も撮っていました。

年初めにゆずさんのお仕事をやらせてもらえたのが、自分的にはすごく大きかったです。これまでにないくらい大きなプロジェクトだったんですけど、おふたりと会話するなかで「伝えることを諦めない」とおっしゃっていて、「大衆と向き合う覚悟のある作品こそアートだな」ということを強く感じましたし、その言葉は2018年の自分のひとつの大きな指針にもなりました(参考記事:2020人のゆずがゲリラライブ。話題CMを東畑幸多と山田智和が語る)。

山田智和
山田智和

山田:もちろん、米津玄師さん、あいみょんさんという時代のアイコンとなるような方たちと仕事ができたのもとてもありがたいことだと思います。インターネットの普及によって価値観がどんどん細分化されていくなか、彼らのように多くの人たちにしっかりと作品を届けられる力のあるアーティストが登場したことも、シーンにとってすごく大きな出来事だったのではないかなと。

—2018年が、ゆずではじまり、踊ってばかりの国で終わった1年だったのは、山田さんの仕事の振り幅の大きさを象徴していますね。

山田:昨年で言えば、踊ってばかりの国やKID FRESINOとの一連の作品(“Coincidence”“Arcades ft.NENE”“Retarded”)が、自分にとっての「核」の部分だと思いますね。即興性があって、自由に作るというのは昔からやってきたことでもあるので。

踊ってばかりの国は、平成最後の大晦日に渋谷で撮影したんですけど、学生時代からのメンバーで撮影していて、自分のライフワークに最も近い感覚があります。ある意味、一番大切にしている「場所」な気がします。

—雪の日に撮影されたというビデオは、KID FRESINOの“Coincidence”ですよね。あのビデオも素晴らしかったです。

山田:本当は別の企画で決まっていたのですが、東京に雪が降った当日にどうしても撮影したいと思って、アーティスト、スタッフに集合してもらいました。今、これが撮りたいっていう気持ちが湧くことほど、幸せなことはないんだと思います。その気持ちに嘘がないというか。

今、インターネットでたくさんの見本があって、なんとなく「海外のかっこいい感じでやっとけ」みたいな風潮があるですけど、そういうのって見てても気持ちが動かないんですよね。ただのかっこいいとか、綺麗だけで終わってしまう。それは誰でも撮れる。それよりも自分の感覚に目を向けて、しっかりと向き合う方が伝わると思うし、撮影してて本当に楽しいんです。

僕が映像を作る理由は、言葉を超える瞬間を捉えたいから。

—今回の取材は、昨年でも特にエポックメイキングだった作品について、深掘りしたいと思っています。まず、米津玄師さんの“Lemon”についてはいかがでしょう。

山田:“Lemon”は米津さんとの初めての仕事でしたが、曲を聴かせてもらったときから素晴らしい楽曲だと思いました。曲の持つテーマと映像に盛り込んだテーマが時代にうまく合致したからこそ、ここまで話題になったのかなと思っています。

—このMVは、画角やカメラワーク、演出などに実験的なマインドが反映されているように感じましたが、そういった作品が3億2000万回以上(2019年3月時点)も再生されているということには非常に大きな意味があると思います。

山田:もちろん、これだけのことができるのは米津さんの楽曲が素晴らしいことに尽きると思います。“Lemon”のことはよく聞かれますが、そこまで深く話したことはなくて。制作段階の打ち合わせでしっかりとテーマを共有できている感覚が僕らにあって、それをあとからどうこう言葉にしてしまうと途端に薄っぺらいものになってしまう気がするんです。テーマはそれぞれの解釈があっていいし、気づく人がいればいいくらいの感じでいるというか。それくらい余白があるほうがいい作品だし、健康的なんだと思います。

山田:僕が映像を作る理由は、言葉を超える瞬間を捉えたいからなんです。辻褄が合わなくても、言葉で説明できなくても、映像として成り立つもの。映像は言葉の代わりや、社会とのコミュニケーションの方法でしかないんです。それに、どんなジャンルの表現でも「愛」に触れてない作品なんて存在しないと思う。

Page 1
次へ

番組情報

『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 BEST VIDEO DIRECTOR作品集 -山田智和-』

2019年3月15日(金)25:00~26:00にスペースシャワーTVで放送
※3月25日(月)24:00~25:00にリピート放送

プロフィール

山田智和(やまだ ともかず)

映画監督、映像作家。東京都出身。クリエイティブチームTokyo Filmを主宰、2015年よりCAVIARに所属。2013年、WIRED Creative Huck Awardにてグランプリ受賞、2014年、ニューヨークフェスティバルにて銀賞受賞。水曜日のカンパネラやサカナクションらの人気アーティストの映像作品を監督し、映画やTVCM、ドラマと多岐にわたって演出を手がける。シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした映像表現が特色。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る