特集 PR

青柳文子が映画『ある少年の告白』で思い出した、母との絆

青柳文子が映画『ある少年の告白』で思い出した、母との絆

『ある少年の告白』
インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:玉村敬太 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

自分の子どもがLGBTQである可能性は当然ある。それはまったく不思議なことではない。しかしアメリカ合衆国には、子どもの性的指向やジェンダーアイデンティティーを親が治療によって変更させようとする「矯正治療(コンバージョンセラピー)」というものがある。

4月19日から公開の映画『ある少年の告白』は、実際にこの矯正治療を経験したガラルド・コンリーが記した回想録を原作としている。自分が同性愛者だと気づいた少年ジャレッドが、その事実を敬虔なキリスト教徒である両親に打ち明けたところ、受け入れてもらえずに同性愛矯正セラピーへの参加を勧められる。それがきっかけとなり、ジャレッドの家族の絆は危機を迎えるが……。

今回、この作品を2児の母でもある青柳文子に鑑賞してもらった。家族を持ち、子育の最中である彼女は、親子の物語からなにを感じたのだろうか?

反抗的な子どもなのに常に味方でいてくれた母に、すごく愛を感じましたね。

—映画をご覧になってみていかがでしたか?

青柳:架空の設定かと思ったら、実際の出来事を映画にしているんですね。「2000年代にこんなことが本当にあったのか」と驚きました。

—いまでこそLGBTQの理解が進んでいるとはいえ、アメリカでも矯正治療を禁じていない州はまだまだ多いようですね。ニューヨークですら、つい最近になって禁止する法律ができたそうです。

青柳:そうなんですね。だからこそ、こういう映画があることでいろんな理解が進むといいですよね。あと自分を取り巻く環境によって、状況は変わるんだなと思いました。それと同時に、自分にはいかに選択の自由があるのかも実感しましたね。

青柳文子(あおやぎ ふみこ)<br>1987年12月24日生まれ、大分県出身。モデル・女優。独創的な世界観とセンスで同世代女性の支持を集め、雑誌に、映画、TVドラマなど多方面で活躍中。昨今では、映画や旅行について、コラムを連載するほか、多彩な才能に人気を博している。
青柳文子(あおやぎ ふみこ)
1987年12月24日生まれ、大分県出身。モデル・女優。独創的な世界観とセンスで同世代女性の支持を集め、雑誌に、映画、TVドラマなど多方面で活躍中。昨今では、映画や旅行について、コラムを連載するほか、多彩な才能に人気を博している。
今回、青柳文子が見た映画『ある少年の告白』予告編

—本作では、「家族間での価値観の対立」がひとつのテーマになっていました。青柳さんは過去にご両親とぶつかりあうことはありましたか?

青柳:うちは母親しかいなくて、しかも仲がいいからあんまりそういうことを経験したことがないんですよね。最初は注意されるんですけど、最後には必ず味方になってくれますし。中学生のときに学校が嫌で嫌でたまらない時期があったんですけど、「転校したい」とお願いしたらそれも許してくれて。

—転校したのはいつでしたか?

青柳:中学3年の梅雨前くらいからですね。北海道に農村留学ができる施設があることを知って。2学期から行こうと思ってたんですが、見学に行ったら「北海道の夏は体験しないとダメ!」って施設の方にゴリ押しされたんです。それで急遽、1週間後に転校して。親も心の準備が追いつかないながらも見送ってくれて、初めて母と離れ離れに。

青柳文子

—そのまま北海道で高校に進学したんですか?

青柳:いえ、地元に戻りました。でも、私選んだ高校は私立で今度はゆるすぎて、友だちもみんな学校に来たり来なかったりで面白くないし、お昼から学校に行ったり、テストで寝てたりしていたら進級できなくなりそうになったこともありました。

—また嫌になってしまったんですね。

青柳:はみ出しがちな人生なんですよ(笑)。先生からは「学校に来る気はあるのか? 退学するのか、続けるのかはっきりしろ」って怒られたこともありました。

あと、テスト中に携帯電話が鳴ってしまって謹慎処分になったことがあったんです。親子共々たっぷり絞られてから一緒に帰ることになったんですけど、「ふみちゃん、湯布院でランチでもしていく?」って明るいトーンで励ましてくれて。こんな問題児なのに常に味方でいてくれたことにすごく愛を感じましたね。「この母、やるな!」って。だから、私も常に子どもの味方でありたいなと思いました。

—青柳さんは中学、高校ともに馴染めなかったんですね。

青柳:家での生活が自由だった分、学校で抑え込まれたのが本当に嫌だったんだと思います。私の両親は1970年代、カリフォルニアに9年くらい住んでヒッピー文化の中で過ごしていた人たちなので、私を抑圧することが本当に少なくて。それに人って強制されればされるほど、反抗したくなるんですよね。だから、自分の子どもにはそうしたくないなと思って育てています。バランスが難しくて、ちょっと伸び伸びさせすぎかなとも思っているんですけど(笑)。

青柳文子
Page 1
次へ

作品情報

『ある少年の告白』
『ある少年の告白』

2019年4月19日(金)からTOHO シネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
出演:
ルーカス・ヘッジズ
ニコール・キッドマン
ラッセル・クロウ
ジョエル・エドガートン
グザヴィエ・ドラン
トロイ・シヴァン
上映時間:115分
配給:ビターズ・エンド/パルコ

プロフィール

青柳文子(あおやぎ ふみこ)

1987年12月24日生まれ、大分県出身。モデル・女優。独創的な世界観とセンスで同世代女性の支持を集め、雑誌に、映画、TVドラマなど多方面で活躍中。昨今では、映画や旅行について、コラムを連載するほか、ファッション・ビューティ関連商品のプロデュースを行うなど、多彩な才能に人気を博している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信