特集 PR

小金沢健人が振り返る、18年に及ぶ自由と混沌のベルリン生活

小金沢健人が振り返る、18年に及ぶ自由と混沌のベルリン生活

KAAT EXHIBITION 2019 Naked Theatre
インタビュー・テキスト
中島晴矢
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

「ベルリンは自由だったんです」。1999年から2016年まで、約18年もの間、ベルリンを拠点に活動してきた美術家、小金沢健人はベルリン滞在を振り返ってそう語った。西欧芸術文化の中心的な場所であるベルリンは、彼にとってどのような場所だったのだろうか。そこには、寛容さが失われつつあるように見える日本や東京からは想像もできない、ある種のユートピアが広がっていた。

この度4月14日より、KAAT 神奈川芸術劇場で、小金沢の個展『Naked Theatre —裸の劇場—』が開催される。本展の最大の特徴は、会場がギャラリーでも美術館でもない、いわゆる劇場であることだ。美術と演劇の領域を横断する『KAAT EXHIBITION』として開催される本展において、小金沢は一体何を私たちに見せてくれるのだろうか。

当時のベルリンはビジネスが成り立たないところで、信用経済で成り立っているような世界があったんです。

―小金沢さんがベルリンを拠点にすることになった動機は何だったのでしょうか。

小金沢:あるベルリンのギャラリストの存在が大きかったです。彼は東ドイツ出身で、20歳のとき、「ベルリンの壁」が壊れる前から自分のアパートを現代美術のギャラリーにしていたんです。当局に見つかるとヤバいので、アンダーグラウンドで。

小金沢健人(こがねざわ たけひと)<br>1974年東京生まれ。1999年よりベルリンに拠点を移し、アメリカ、ブラジル、インド、オーストラリア、ギリシャなど世界各国で作品を発表、その独特の映像表現は高い評価を獲得した。その後、次第にドローイング、パフォーマンス、インスタレーションと表現領域を広げ、多彩で複合的な作品群と旺盛な制作活動に裏づけされた多才なアーティストとして知られている。
小金沢健人(こがねざわ たけひと)
1974年東京生まれ。1999年よりベルリンに拠点を移し、アメリカ、ブラジル、インド、オーストラリア、ギリシャなど世界各国で作品を発表、その独特の映像表現は高い評価を獲得した。その後、次第にドローイング、パフォーマンス、インスタレーションと表現領域を広げ、多彩で複合的な作品群と旺盛な制作活動に裏づけされた多才なアーティストとして知られている。
渡独直後、ベルリン「WOHNMASCHINE」のギャラリスト、フリードリッヒ・ロークと(1999年)
渡独直後、ベルリン「WOHNMASCHINE」のギャラリスト、フリードリッヒ・ロークと(1999年)

―それは刺激的ですね。

小金沢:今まで何も知らなかった西側の人たちが東にやって来るようになって、彼が一躍時の人になった。もともと日本が大好きだったらしく、壁が壊れると真っ先に日本に来て、現代美術の作家たちとの交流があったんです。僕はちょうどその頃「スタジオ食堂」というアーティストコレクティブの先駆けのようなグループに所属していたんですが、そこで彼と出会いました。

―その後、長い間ベルリンに滞在されますが、アーティストにとってベルリンはどんな都市でしたか?

小金沢:僕が行ったのは1999年。壁が壊れて10年目でしたが、まだ混沌としていました。ガイドブックの『地球の歩き方』でも東側の情報が一切載っていないようなときに、思い切って東に行ったんです。当時の東には空き家がいっぱいあって、世界中からスクワッター(無断居住者、不法占拠者)が来ていた。

もう毎日パーティーずくめ(笑)。大きな銀行の地下金庫跡を使った「トレゾア」という有名なテクノのクラブがあったり、住んでいる人がいるのにも関わらずアパートの1階から5階まで、空き部屋それぞれにDJがいるようなスペースもあった。

ベルリンでは新年を花火で祝う。0時になった瞬間から打ち上げ花火や爆竹が飛び交い、街は煙と火薬の臭いが立ち込める(小金沢)
ベルリンでは新年を花火で祝う。0時になった瞬間から打ち上げ花火や爆竹が飛び交い、街は煙と火薬の臭いが立ち込める(小金沢)

―当時の状況を振り返ると、抑圧されていたことからの反動とも言えそうですね。

小金沢:エントランスもフリーで、ただ自分たちが好きでやっているだけ。インターネットや携帯電話はあったけど、まだスマホ以前で、基本的に口コミなんです。街にいるだけでずっと面白い状態でした。コマーシャルされるような商品があまりなくて、手作りのモノばっかりだった。

―まだ資本主義が浸透しきってない状態だった。

小金沢:東京には24歳までいましたが、東京では「何がいいか悪いか」情報をスピーディーに見極めて、いいところをつまんでいくような生活でした。それはアートでも一緒です。

でもベルリンではそのやり方が全く通じなくて、情報の上澄みをスマートに掠めとるのとは違う、原始的な「地べたから始まる」ところが面白かったんです。ビジネスチャンスだと思って来る人もいっぱいいましたが、全くビジネスにならなかった(笑)。ビジネスが成り立たないところで、スクワッターをはじめとする「信用経済」で成り立っているような世界があったんです。

―ある種のユートピアかもしれませんね。

記憶に残る風景はいつも建設中だった(小金沢) / 『on the way to the peak of normal』よりビデオスティル(2000年)
記憶に残る風景はいつも建設中だった(小金沢) / 『on the way to the peak of normal』よりビデオスティル(2000年)
Page 1
次へ

イベント情報

『小金沢健人展 Naked Theatre-裸の劇場-』
『小金沢健人展 Naked Theatre-裸の劇場-』

2019年4月14日(日)~5月6日(月・振休)
会場:神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場 3F中スタジオ
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)
料金:一般700円 学生・65歳以上500円
※高校生以下、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※10名以上の団体は100円引き

プロフィール

小金沢健人(こがねざわ たけひと)

1974年東京生まれ。武蔵野美術大学で映像を学び、在学中よりビデオによる映像作品の発表を始めた。1999年よりベルリンに拠点を移し、アメリカ、ブラジル、インド、オーストラリア、ギリシャなど世界各国で作品を発表、その独特の映像表現は高い評価を獲得した。その後、次第にドローイング、パフォーマンス、インスタレーションと表現領域を広げ、多彩で複合的な作品群と旺盛な制作活動に裏づけされた多才なアーティストとして知られている。国内では、資生堂ギャラリー「Dancing In Your Head」(2004)、神奈川県民ホールギャラリー「あれとこれのあいだ」(2008)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「動物的」(2009)など多数の個展を開催。2018年開催の「Asian Art Award 2018」では大賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密