特集 PR

RAMMELLS×NakamuraEmi対談 自分の感情を隠しがちな人へ

RAMMELLS×NakamuraEmi対談 自分の感情を隠しがちな人へ

RAMMELLS『Mirrors』
インタビュー・テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:永峰拓也

CINRA.NETでは、結成半年の頃から動向と変化を追い続けてきた、4ピースバンド・RAMMELLS。2016年の取材時には彼らが「2016年のベストソング」のひとつに挙げ、「今一番会いたい人」だと語っていたNakamuraEmiと、RAMMELLSの紅一点ボーカル・黒田秋子の対談が実現した。互いの音源を聴いたりライブへ行ったりと交流はあったものの、対談という場でがっつり話をするのはこの日が初めて。強くもあり、じつはとても脆くもある、人間臭い歌を歌うふたりの音楽家による対話を、どうぞ。

12月に、取り乱しちゃって。でも、Emiさんの曲を聴いて慰められました。(黒田)

—黒田さんは、2016年の取材のとき(参照記事)からNakamuraEmiさんのことを「今一番会いたい人」と言ってましたよね。なぜそこまで会いたいという気持ちがあったんですか?

黒田:なんでこの方はこんなに言葉を伝えられるんだろうって思ったんですよね。私が上手くしゃべれないからっていうのもあるんですけど、本当にすごいなと思って。

Emi:でもここ(RAMMELLSの楽曲の歌詞を差しながら)には書いてるよね。だから、似てるタイプなんだと思ってる。私も本人を目の前にしたときとか、会話のなかとかでは、結局言葉にできずに終わってしまうことが多くて。家で、日記みたいなのに「もっとこうやって言えたらいいな」ということを書いて、それが歌詞になっていくから。

左から:黒田秋子(RAMMELLS)、NakamuraEmi
左から:黒田秋子(RAMMELLS)、NakamuraEmi
RAMMELLS(らめるず)<br>真田徹(Gt)が自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子(Vo,Key)、村山努(Ba)を誘い2015年8月「RAMMELLS」結成。2016年に彦坂玄をドラムに迎えライブ活動を本格的にスタートする。2019年4月3日、フルアルバム『Mirrors』をリリース。全国ツアーも決定している。
RAMMELLS(らめるず)
真田徹(Gt)が自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子(Vo,Key)、村山努(Ba)を誘い2015年8月「RAMMELLS」結成。2016年に彦坂玄をドラムに迎えライブ活動を本格的にスタートする。2019年4月3日、フルアルバム『Mirrors』をリリース。全国ツアーも決定している。

—自分自身の弱さやダサさも含めて歌にしていて、リアルなことしか書いていない、というのはふたりの共通点ですよね。

Emi:うん、すごく共通してる気がする。

黒田:私、すごく感情的になっちゃうときがあるんですけど……12月にワンマンがあったんですけど、そのときのゲネで、取り乱しちゃって。でも、Emiさんの“雨のように泣いてやれ”を聴いて慰められたんです。

Emi:嬉しい~! ありがとう。

—そのときは、なんで取り乱しちゃったんですか?

黒田:ワンマンのこととかレコーディングとか、いろんなことが重なった時期で、キャパオーバーしたというか。MCもあまり上手くしゃべれないし、とか。その場ではすごく恥ずかしかったんですけど……。

Emi:そうなったときの気まずい雰囲気はたまらないもんだよね。

黒田:そう、たまらなかったです。スタッフもみんないるし、どうしようと思って。1、2か月経ってからも、思い出して「わあ」って恥ずかしくなったりしてたんですけど、その頃に“雨のように泣いてやれ”を聴いて「まあいっか!」って思えました。

Emi:でも、秋ちゃん、あんまり感情的になるようなイメージはなかったな。

黒田:そうですか? ヤバいですよ(笑)。ひとりになったときが一番ヤバいですね。

Emi:ああ、ひとりになったときはね。私も見せれたもんじゃない(笑)。

黒田:ですよね。人に見せてなかったんですけど……最近出てきちゃって。

NakamuraEmi(なかむらえみ)<br>神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。2016年1月にメジャーデビュー。2019年2月20日に4thアルバム『NIPPONNO ONNAWO URAU Vol.6』をリリース。
NakamuraEmi(なかむらえみ)
神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。2016年1月にメジャーデビュー。2019年2月20日に4thアルバム『NIPPONNO ONNAWO URAU Vol.6』をリリース。
黒田秋子

Emi:そっかそっか。でも、それはいいんじゃない? やっぱり言わないとわからないこともいっぱいあるんだなって思うから。感情を出すのは大丈夫だなと思うようになった。取り乱したとき、メンバーはみんなわりと「はいはい」って感じ?

黒田:そうですね。でもそのときは、たしか「え?」ってびっくりしてたし、「突然なんだこいつ?」くらいは思ってたんじゃないかな? みんないつまでも引きずらないでいてくれるから助かってるんですけど。

Emi:私はチームの人たちと「バンド」のフラットな感じとはまた違って、みんなは「アーティスト」としてそれなりに気を使いながら扱ってくれるし、それでいて男ばっかりだし、だからこそ感情を出しすぎちゃいけないとも思って難しいんだけど。でもやっぱり、感情を伝えなきゃいけないこともいっぱいあって。「いま秋ちゃんは、こういう感じなんだ」って周りがわかってくれるのは、きっと大事なんだよね。

左から:黒田秋子、NakamuraEmi

—“雨のように泣いてやれ”では、涙を流すことには大切な意味があることを歌いながら、サビで<傘なんて素敵な男の子にあげちまえ>と歌っていて。自分の感情を出したうえで自分を守るんじゃなくて、その分は他の人を守ることに使ってあげようって、さらにもうひとつメッセージを加えて伝えてくれている曲ですよね。

Emi:うん、本当にそんな感じです。「素敵な男の子」って思える人がいることも素敵だし、その子に「濡れないで」って傘をあげられることも素敵だし。でも「自分は別に濡れてもいいんです」じゃなくて「濡れたいからどうぞ」みたいな感じというか。

黒田:私は<世界で一番いい香りの石鹸で どうせまた洗っちゃうんだからさ>というラインが好き。この歌詞には本当に慰められました。

左から:黒田秋子、NakamuraEmi
Page 1
次へ

リリース情報

RAMMELLS『Mirrors』
RAMMELLS
『Mirrors』(CD)

2019年4月3日(水)発売
価格:2,500円(税込)
CRCP-40578

1. 真っ赤な太陽
2. Surrealism
3. Over the purple
4. Gone with the wind
5. かくれんぼ
6. Echo
7. Dizzy Dizzy Dizzy
8. chiki-chiki odoru
9. CLOUDY
10. Dead men & woman walking

イベント情報

RAMMELLS
『「Dizzy Dizzy Dizzy」 - RAMMELLS Mirrors release 記念 -』

2019年4月16日(火)
会場:東京都 渋谷 eggman
ゲスト:
Omoinotake
RyuMatsuyama

『Mirrors release tour』

2019年5月2日(木)
会場:宮城県 仙台 enn 2nd

2019年5月7日(火)
会場:東京都 代官山 UNIT

2019年5月8日(水)
会場:愛知県 池下 CLUB UPSET

2019年5月9日(木)
会場:大阪府 心斎橋 LIVE SPACE CONPASS

2019年5月11日(土)
会場:福岡県 graf

リリース情報

NakamuraEmi
『ばけもの』(CD)

2019年5月29日(水)
価格:1,300円(税込)
COCA-17637

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』
NakamuraEmi
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』(CD)

2019年2月20日(水)発売
価格:2,916円(税込)
COCP-40749

1. バカか私は
2. 雨のように泣いてやれ
3. 女の友情
4. いつかお母さんになれたら
5. おむかい
6. 痛ぇ
7. 甘っちょろい私が目に染みて
8. 相棒

イベント情報

NakamuraEmi
『NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6 ~Release Tour 2019~』

2019年4月12日(金)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2019年4月17日(水)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2019年4月18日(木)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK 宇都宮

2019年4月26日(金)
会場:鹿児島県 鹿児島 SR HALL

2019年4月27日(土)
会場:熊本県 熊本 B.9 V2

2019年4月30日(火・祝)
会場:宮城県 仙台 darwin

2019年5月2日(木・祝)
会場:岐阜県 岐阜 club-G

2019年5月5日(日・祝)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2019年5月6日(月・祝)
会場:福島県 郡山 CLUB#9

2019年5月11日(土)
会場:岡山県 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2019年5月12日(日)
会場:広島県 広島 LIVE VANQUISH

2019年5月17日(金)
会場:香川県 高松 DIME

2019年5月18日(土)
会場:高知県 高知 X-pt.

2019年5月21日(火)
会場:新潟県 新潟 ジョイアミーア

2019年5月22日(水)
会場:石川県 金沢 vanvanV4

2019年6月11日(火)
会場:愛知県 DIAMOND HALL

2019年6月13日(木)
会場:大阪府 なんば Hatch

2019年6月14日(金)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2019年6月18日(火)
会場:東京都 ZEPP DiverCity

プロフィール

RAMMELLS
RAMMELLS(らめるず)

真田徹(Gt)が自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子(Vo,Key)、村山努(Ba)を誘い2015年8月「RAMMELLS」結成。2016年に彦坂玄をドラムに迎えライブ活動を本格的にスタートする。ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、シューゲイザーを消化し、そこから紡ぎ出される音楽性と、表現される黒田秋子の歌声が早耳の音楽リスナーから注目される。2017年更なる活躍に期待がかかる今知っておくべきバンドとしてピックアップされ、2017年12月メジャーデビュー。2018年7月11日メジャー2作目となるミニアルバム『take the sensor』をリリース。2019年4月3日には、フルアルバム『Mirrors』をリリース、全国ツアーも決定している。

NakamuraEmi
NakamuraEmi(なかむらえみ)

神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。2016年1月20日、日本コロムビアよりメジャーデビューアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』をリリース。収録楽曲の「YAMABIKO」が全国のCSやFM/AMラジオ52局でパワープレイを獲得。2018年秋にはNakamuraEmi×Volkswagenコラボレーションソング『相棒』をデジタルと7inchアナログを、2019年2月20日には4th Album『NIPPONNO ONNAWO URAU Vol.6』をリリース。2019年3月から6月まで、全国ツアーを開催。

関連チケット情報

2019年4月3日(水)〜6月13日(木)
NakamuraEmi
会場:KYOTO MUSE(京都府)
2019年4月9日(火)〜5月2日(木)
NakamuraEmi
会場:松阪M’AXA(三重県)
2019年5月2日(木)
RAMMELLS
会場:LIVE HOUSE enn 2nd(宮城県)
2019年5月7日(火)
RAMMELLS
会場:UNIT(東京都)
2019年5月8日(水)
RAMMELLS
会場:池下CLUB UPSET(愛知県)
2019年5月9日(木)
RAMMELLS
会場:CONPASS(大阪府)
2019年5月11日(土)〜5月12日(日)
NakamuraEmi
会場:CRAZYMAMA KINGDOM(岡山県)
2019年5月11日(土)
RAMMELLS
会場:graf(福岡県)
2019年5月17日(金)〜5月18日(土)
NakamuraEmi
会場:DIME(香川県)
2019年5月21日(火)〜5月22日(水)
NakamuraEmi
会場:Gioia Mia(新潟県)
2019年5月25日(土)〜5月26日(日)
GREENROOM FESTIVAL’19
会場:赤レンガ地区野外特設会場(神奈川県)
2019年6月11日(火)
NakamuraEmi
会場:ダイアモンドホール(愛知県)
2019年6月18日(火)
NakamuraEmi
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)(東京都)
2019年9月21日(土)
山人音楽祭 2019
会場:ヤマダグリーンドーム前橋(群馬県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密