特集 PR

崎山蒼志が、外に出て初めて気づいたこと 大好きな両親や友達の話

崎山蒼志が、外に出て初めて気づいたこと 大好きな両親や友達の話

サントリー 天然水 GREEN TEA
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

自分がその曲の中に入り込めるような、そんな曲ができた時はもうウルトラ楽しいですね。

—この連載では、みなさんに共通テーマとして「自分らしく、ありのままに生きること」について聞いているのですが、崎山さんは自分らしく生きられている感覚ってありますか?

崎山:多分、そうだと思います。

—どんな時に、自分らしくいられる?

崎山:家で、お父さん、お母さんといる時ですね。あとは、小学生の頃からずっと仲が良くて、僕のライブにもいつも来てくれる友達がいるんですけど、その子と話している時も自分らしくいられていると思います。でも、普段から「自分らしくいられていない」とか、「取り繕った自分でいる」みたいに感じることもないです。いつも「ほにゃ~」って感じです。

崎山蒼志

—(笑)。曲を作っている時はどうですか?

崎山:あ、それも自分らしくいられている時ですね。曲を作っている時も楽しいし、できた曲を初めて家で歌っている時が超楽しい。「イエー!」って(笑)。めっちゃ自分らしくいられています。自分がその曲の中に入り込めるような、そんな曲ができた時はもうウルトラ楽しいですね。

—(笑)。できた曲は、お父さんとお母さんにも聴かせるんですか?

崎山:最初に聴かせます。お母さんは、僕が子供の頃に料理用のボウルとか叩いて遊んでいても、絶対に叱らず「すごいね!」って褒めてくれていたんです。だから僕は今も音楽を続けられていると思っているんですけど、最近は曲を聴かせても「へー、いいねー!」くらいしか言ってくれなくてちょっと寂しい。お父さんは、最近になっていろいろ言ってくるようになりました。「その曲、分かりにくい」とか。それを聞いて「そっかあ」と思って直す時もありますね。

—最初のリスナーとして信頼しているんですね。

崎山:してます。もう、作っている最中から聴いてもらってます。「途中だけど聴いて」って(笑)。

—崎山さんの活動は、おふたりとも応援してくれている?

崎山:めちゃくちゃしてくれています。お母さんはずっとサポートしてくれていて、お父さんも途中から「おお、曲を作っているのか!」って気づいて喜んでくれました。いつも朝早く仕事へ行って、夜遅くに帰ってくる感じだったので、僕がどんなことをやっているのかあまり把握してなかったんですよね。でも、最近はそんなに帰りが遅くならなくなったので、僕のやってることもめっちゃ気になるみたいです(笑)。

—本当に家族で仲がいいんですね。

崎山:お父さんとお母さんの会話がとにかく楽しくて。今思い返しても全部笑っちゃうくらい。お母さんはUKロックから音楽に入っていて、YMOとかも好きなんです。その流れでJAPANやデヴィッド・ボウイなど美しいものが好きになって、そこからSOFT BALLETやBUCK-TICK、MALICE MIZERに辿り着くんです。その影響で、僕もMALICE MIZERやthe GazettEが大好きになりました。お父さんはもっと乾いたサウンド……USロックだったり、UKでもThe Rolling Stonesとか、あと渋谷系も好きだったりして。

—へえ!

崎山:アートワークとかも、お父さんは、わたせせいぞうさんや永井博さんのような、あっさりとした爽やかなタッチが好きなんですけど、お母さんは劇画みたいな絵が好きで。2人のやり取りを見ているだけで楽しいんです。

崎山蒼志

崎山:お父さんは、いつもオシャレで、感性とかは全然古くなくて、僕がYouTubeとかで新しい音楽を聴いてると、すぐ感想を言ってくるし、気に入ると自分でCDを買ってくることもあります。

—そうやってご両親と音楽やアートの話で盛り上がれるのって良いですよね。ちょっと羨ましいです。崎山さんは今、高校2年生ですよね。進路のこととかそろそろ考える時期?

崎山:ああ、そうですね。学校も急にそういうモードになってきました。たとえば授業のテーマが「進路」になって、自分を見つめ直すためのアンケートとかやりました。そうすると、自分のことを否定的に考えているクラスメイトがわりと多いんだなって気付きます。僕からしたら、すごく面白い子なのに「俺なんて普通だしなあ」と言ってたりして。

—これから受験シーズンに入って、否が応でも「勉強して勝ち抜いていく」みたいになっていく中で、「自分らしくいる」のは大変かもしれないですよね。先生によく思われたいとか、面接ではどう振る舞うべきか? とか考えなきゃならない局面もきっとあるでしょうし。

崎山:そうですよね。

—崎山さんは、今後どうするか決めているんですか?

崎山:全然考えてないです。音楽はもちろん続けますけど、大学とかはどうしようかなって。何か、学びたいことがあれば行きたいです。

崎山蒼志

—このままプロになって、音楽一本でやっていく選択肢もある?

崎山:はい。それは、みなさんにこうやって聴いていただけるようになる前から考えていました。ただ、音楽以外の表現にも興味があるんです。映像も作ってみたいし。最近、Dos Monosっていうラッパーの方たちのMVを見たらめちゃめちゃ面白くて。「ああいう作品作りたい!」って思いました。

—じゃあ自分を表現する「手段」は、音楽だけとも限らない?

崎山:限らないと思います。それこそ「自分らしく、ありのままに生きる」ために、いろんな可能性を模索していきたいです。

『徒然なる トリビュート』メインビジュアル
『徒然なる トリビュート』メインビジュアル(サイトで見る
Page 3
前へ

商品情報

サントリー 天然水GREEN TEA
サントリー 天然水GREEN TEA

2019年4月16日(火)発売

新しい時代にあった緑茶をつくりたい。そんな思いから生まれたのが「サントリー天然水 GREEN TEA」です。目指したのは、気持ちをクリーンに、前向きにしてくれるストレスフリーなお茶。「サントリー天然水」ブランドの持つ「清々しくて気持ちいい」というイメージを活かした、新時代にふさわしい緑茶商品です。ほっと一息つきたいときだけではなく、気分をすっきりリフレッシュしたいときまで、新しい緑茶が飲まれるシーンを提案していきます。

サービス情報

『徒然なる トリビュート』
『徒然なる トリビュート』

約700年前、「ありのまま、自分らしくいること」の大切さを随所で綴った随筆文学、『徒然草』。サントリー 天然水 GREEN TEAのブランドメッセージとも重なるそのスタイルを、今を生きる人々へ届けたい。そんな想いから生まれたのが、この「徒然なるトリビュート」です。ありのまま、自分らしいスタイルを貫く5組のアーティストが『徒然草』を再解釈し、オリジナル楽曲を書き下ろし。MVを通じて、そのメッセージを届けていきます。

リリース情報

『柔らかな心地』
崎山蒼志
『柔らかな心地』

2019年5月15日(水)配信

『泡みたく輝いて / 烈走』
崎山蒼志
『泡みたく輝いて / 烈走』

2019年3月15日(金)配信

プロフィール

崎山蒼志
崎山蒼志(さきやま そうし)

2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV「日村がゆく」の高校生フォークソングGPに出演、独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2018年7月18日に「夏至」と「五月雨」を急きょ配信リリース。その2ヶ月後に新曲「神経」の追加配信、また前述3曲を収録したCDシングルをライヴ会場、オンラインストアにて販売。12月5日には1stアルバム『いつかみた国』をリリース、合わせて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し即日全公演完売となった。また、2019年5月6日に初となるホール公演「とおとうみの国」を、地元浜松市の浜北文化センター大ホールで開催。ある朝、起きたらtwitterのフォロワー数が5,000人以上増えていて、スマホの故障を疑った普通の高校1年生。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影